10月10日(木)、SHARE GREEN MINAMI AOYAMAにて開催された『CAMP SUMMIT 2019 ~知るほどに面白い はたらくの世界~』に、和牛(水田信二、川西賢志郎)とフリーアナウンサー・高橋真麻が出席しました。

同イベントは、総合人材サービスを扱うパーソルキャリア株式会社が運営する、若年層向けキャリア教育支援プロジェクト。10月から本格化する秋冬インターンに合わせ、約100名の学生と多様な社会人ゲストを招いて、仕事をする上で大切にしている自身の“価値観”や“はたらき方”について考えるという企画です。

関連記事:和牛、全国ツアー完走!水田のプレゼントに“仔牛ちゃん”も「ファンでよかった」

 

和牛、コンビ結成秘話を告白

冒頭、主催の佐藤裕さんからイベントの雰囲気について尋ねられた川西は、「こういうところで話すのは初めてですし、今日、お互い示し合わせたように散髪してきたのが恥ずかしいです」とはにかみながら話し、会場を和ませます。

そんな中、今回の目玉企画のひとつである和牛の巨大履歴書が登場! 真麻の進行のもと様々な質問が投げかけられました。

2006年にコンビを結成した際の秘話を明かし、養成所を卒業して数年、お互い相方を探していたところ、2人の共通の知人である同期・バイク川崎バイクが間に入ってくれたことを述懐。

ただし結成時には、たぎるような思いをぶつけ合ったわけではなく、「周りに(あまっている芸人が)いない状態なので、相方を探している人が貴重なんですよ。とりあえず“やろう”というところから始まりました」と川西。水田が「1回も“一緒にやっていくぞ”って言ったことがない」と付け加えると、「行きずりの関係みたいなものが続いている」と川西が例えました。

そうして“なんとなく”でコンビを組んだ和牛ですが、相性は良かったそうで、占い師に「もし男女だったら、一晩で激しく燃え上がる恋をしていた」と告げられたと語り、これには場内が笑いに包まれます。

関連記事:スーマラ田中、武智より和牛川西とのコンビ希望?田中のラブコールは続く

 

実は順風満帆の芸人人生ではなかった?

コンビ結成数年での『ABCお笑い新人グランプリ』決勝進出をはじめ、輝かしい経歴が目立つ和牛ですが、社会人が陥りがちな挫折の経験について聞かれると、実は2014年に『NHK上方漫才コンテスト』で優勝するまでは仕事がほとんどなかったと語り出します。

水田は当時を振り返り、「優勝できなければ、2人とも辞めはしないですけど、コンテストに対して心折れていたかもしれないです」と本音を吐露。

それでも腐らずに頑張ることができた理由について、川西は「やりこむほど漫才が好きになったし、悔しさは感じていたので“気持ち”の問題じゃないですかね」と振り返りました。

関連記事:ラニノ×和牛×スーマラの豪華ショットに「神々しい」「家族写真感」

 

和牛、学生にメッセージ「目的が大事」

最後に登壇者から学生へのメッセージが送られ、社会人ゲスト3人に続いて、真麻は「笑顔でいること」が大事だと断言。社会人になると辛いことがあるものの、ある程度までは耐えることも重要だと穏やかに語ります。自分のやりたいことをすぐにできるわけではないので、中期的・長期的に考えて仕事に取り組んでほしいと笑顔で締めくくりました。

和牛は2人の意見が一致。2人とも“働く目的・目標を持つことが大事”と話します。水田は「目的がないと達成したときの喜びを得られないし、本気を出せないと思うんですよね。“なぜ自分はその仕事をしているのか”というものが、ひとつでもないと本気で笑えない」とアドバイスを送りました。

和牛の芯の部分が垣間見える、貴重な機会となった今回のイベント。参加した学生たちにも2人の熱い思いが胸に響いたに違いありません。

【芸人記事まとめ】

【関連記事】