9月29日(日)、ジョイマン・池谷がInstagramを更新。営業先での衝撃的な写真をアップし、話題となっています。深刻そうに「あの事件を思い出した。」とつづる池谷。一体ジョイマンの身に何があったのでしょうか……?

ジョイマン、営業先にて「あの事件」再び…?

今回池谷が投稿したのは、相方・高木とともに千葉県・ヤオコー牧之原モア店を訪れたときの写真。

首都圏のスーパーマーケット2店舗で芸人同士が『プレミアム熟カレー』の販売個数を競うという、9月29日(日)放送「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ)の恒例企画「グリコ プレミアム熟カレー販売対決」参加時のもののようです。

「スタート前の写真」ということで、会場でステージ上に立つ2人の姿が写っていますが……なんと、ステージの前に観客はゼロ! これには相当ショックを受けたようで、投稿3枚目には「#三枚目はショックで天に召されそうになってる高木」が登場。

電車の中で切なげな表情を見せるジョイマン・高木に、何とも言えない気持ちになります……。

さらに池谷は「あの事件を思い出した。」と続けています。池谷の言う“あの事件”とは、2014年に起きた“サイン会0人事件”のことでしょう。

こちらは文字通り、デパートで行なわれたジョイマンのサイン会にお客さんが1人も来なかったという悲劇的な事件で、Twitterで大きな話題となりました。

10月3日(木)には、レギュラー・松本も池谷が投稿した今回の写真を自身のInstagramにアップし、「ジョイマン池谷くんのInstagramを見てビックリ!ジョイマン現象再び!これは芸人さんが夢でみて、汗びっしょりで飛び起きるやつ!」とつづりました。

松本の投稿で今回の事件を知ったファンからは、「気持ちや頑張っている姿が伝わってきますよ!」「是非とも慰労会を開いてあげてください。」などと、ジョイマンへのねぎらいのコメントが集まりました。

「販売対決」には惨敗するも…

しかし、“お客さんゼロ”状態だったジョイマンのステージにも、スタート後は続々とお客さんが集まったもよう。

結局、販売対決では約1,400個もの大差をつけられ対戦相手に惨敗してしまったジョイマンですが、池谷は自身のTwitterで「沢山のお客様に来ていただき、ありがとうございました。」と、来場してくれたファンに感謝を述べていました。

今年7月には、ジョイマン高木がTwitterで、「ジョイマン 消えた」と自らエゴサし、それらのツイートに「ここにいるよ。」とリプライを送っていることが話題に。

どんな苦境にもめげずに頑張るジョイマン、なんだか応援したくなってきませんか……?

関連記事:復活の兆し?一発屋芸人・ジョイマン高木のTwitterがじわじわと注目度上昇中

 

【関連記事】