毎年恒例の漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」。現在全国各地で1回戦が開催中です!

昨年、エントリー数4,640組の頂点に立った、史上最年少M-1王者“霜降り明星”に続く、令和初のM-1王者は一体誰になるのかが気になって仕方ないという方も多いのではないでしょうか。
決勝大会は2019年12月、ABCテレビ・テレビ朝日系全国ネットにて生放送。是非、ご期待ください!

そんな中、本日、大阪・朝日生命ホールにて開催された「M-1グランプリ1回戦」に、ジャニーズ事務所所属の「ふぉ~ゆ~」から、「つ~ゆ~」として、福田悠太さん・辰巳雄大さんがコンビを組み、出場しました!
2人は初めての漫才でしたが、「ジャニーズあるある」のオリジナルネタを、舞台で培った“表現力”と“話術”で、会場を盛り上げました。
終演後、厳正な審査が行われ、見事初戦を突破し、2回戦進出となりました。
2人からはコメントが届いています!

福田悠太さんから皆さんへ

緊張しました!出場を決めた時はワクワクして、楽しんでやるぞという気持ちだったのですが、出番が近づくにつれて、緊張が増していきました。今は一旦ホッとしています。
(自己採点をすると・・・)1回戦、偉そうですが芸人になったつもりで、本気で挑みましたので、「20点」ですが、ジャニーズ的には「100点」です!
「2回戦」も、その次の「3回戦」も、一つ一つ狙っていきます!

辰巳雄大さんから皆さんへ

(開口一番)来年のエントリーを決めました!やり終えた満足感よりも、練習ではもっとうまくできたのにという気持ちと、初めてお客さんに見てもらった快感も味わってしまいましたので・・・、来年もチャレンジします!!
(自己採点をすると・・・)1回戦を通れば「100点」、落ちれば「0点」です!!
僕らにしかできないネタがまだまだありますので、是非観ていただきたいですね。

つ~ゆ~のエントリー番号は「4553」。彼らの挑戦はまだまだ続きます。引き続き注目しましょう!

【関連記事】