9月23日(月)、おばたのお兄さんがInstagramを更新。自身の鉄板ネタである小栗旬のモノマネを練習する“オグトレ”の様子を撮影し投稿しました。ファンの爆笑を呼んだ「#セルフエコー」とは一体……!?

関連記事:おばたのお兄さん、“スゴ技写真”の合成疑われ「二度と口にするな」と最上級ショット披露

 

オグトレ中のおばたが見せたセルフエコーとは…?

出典: @bataninmari

「お風呂入る前のオグトレ。名言集を見て名言っぽく。」と、小栗のモノマネを練習中のおばたのお兄さん。動画では、小栗がドラマ『花より男子』で演じていた“花沢類”のセリフを唱えています。

セリフの最後、「牧野のこと、好きだからかも……」という部分では、「好きだからかも……」のフレーズをまさかの“セルフエコー”で表現。

徐々に声のボリュームを小さくし、エコーが効いているように聞かせる奇想天外(?)な発想に、「バイマイセルフエコーwwwwハマりました(笑)」「似てるし、セルフエコー最高に面白いです(笑)」などと、爆笑するファンのコメントが多く寄せられました。

おばたのお兄さん、セルフエコーの「オグトレ」動画はコチラ!

 

ほかにも、「昔きいた花沢類だ!」「花沢類だ!!目つぶって聞いたらめっちゃ似てます!」と小栗演じる“ホンモノ”の花沢類を彷彿とさせるクオリティに興奮するファンの姿も。

関連記事:おばたのお兄さんが人気曲のMVに出演?「ずっとそう思ってた」「ばた兄だと…」の声相次ぐ

 

“ホンモノ”小栗旬との交流も!

今回、投稿のコメントで「#小栗さんは#この役最初やりたくなかったらしい」と、小栗の裏話を暴露したおばたのお兄さん。

花沢類に扮し「まーっきの!」と呼びかけるモノマネが大ブレイクし、一躍人気者となった彼ですが、今年の誕生日には2年連続で小栗に直接祝ってもらったことをInstagramで報告しています。

肩を組み、小栗がおばたのお兄さんに顔をすり寄せるツーショットからは、2人の親交の深さがうかがえました。

小栗旬公認(?)のモノマネを日々特訓中のおばた。個性的な練習方法『オグトレ』の成果がさらに発揮されることを期待したいですね!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】