9月21日(土)、COOL JAPAN PARK OSAKA SSホールにて『関西演劇祭2019 お前ら、芝居たろか!』の開会式が開催。関西演劇祭実行委員長の女優・キムラ緑子、フェスティバル・ディレクターの板尾創路、スペシャルサポーターの演出家・西田シャトナー、映画監督・行定勲、NHK大阪ドラマ番組プロデューサー・盆子原誠、そして10劇団が登壇しました。

「大阪、関西の街を演劇を介してもっと元気に!関西から出てくる演劇の才能を日本全国に発信!」をテーマに立ち上げられた同イベント。実行委員長を務めるキムラをはじめ、錚々たるメンバーがイベントをサポートし、新たな才能の発見に一役買うことでも、大きな話題を呼んでいます。

記念すべき第1回には、若手からベテランまで33劇団がエントリーし、その中から厳選された10劇団が出演。開会式では、各劇団の代表者が、それぞれ意気込みを表明しました。

関連記事:芝居たろか! 「関西演劇祭」演劇の才能発信源に!

 

ザ・プラン9、ヤナギブソンのボケで“らしく”挨拶!?

オパンポン創造社の野村有志は、「今回は観客賞があるそうで、人気があるかどうかが一目瞭然になるようです。やめてほしい!(笑)」と笑わせつつ、「がんばります!」と力強くコメント。10劇団中、最年少の劇団となる幻灯劇場の藤井颯太郎は、「先輩方にぶち当たる覚悟でいきたい」と気合を入れます。

吉本芸人だけで構成された劇団コケコッコーの主宰・令和喜多みな実の野村尚平は、「普段は漫才、ピン芸、そして新喜劇で活動しているメンツなんですけど、今回は演劇祭ということで、真剣に、そして楽しくお客さんとの時間が共有できたら」と語りました。

また、三等フランソワーズの中川浩六は「これだけ.広い舞台でお芝居できることはそうそうないので、めいっぱい堪能して帰りたい」と話しました。

ザ・プラン9からは、浅越ゴエが「ゲストの方をお迎えして、プラン9の世界観を楽しんでいただければ」と挨拶するも、途中でヤナギブソンがかぶせて話し始めるというボケを放り込み、ザ・プラン9らしさを発揮(!?)。

大阪の学生劇団から始まった東洋企画は、主宰の東洋が「学生の頃から培ったものを全力で出していきたい」と語ります。一方、中野劇団の中野守は、「関西で人気のある劇団の皆さんと一緒に芝居ができるのは本当に光栄」と胸を張ります。

なりそこないプリンセスのナナマツモエコは、「女性が主宰、女性が作・演出というのはこの中で私だけだと思うので、勝手に女性代表としてがんばらせていただきます」と笑顔。

夕暮れ社 弱男ユニットの村上慎太郎は、「今回、作品を上演できるのがうれしい。演劇祭を楽しみたいと思います」と語り、遊劇舞台二月病の中川真一は、「やたら長い名前ですけど、覚えて帰ってもらえたら」と緊張気味に話していました。

板尾「“お祭り”から何かが生まれる」ことを期待

さらに、キムラ緑子、板尾創路、西田シャトナー、行定勲、盆子原誠も舞台へ!

キムラは、「役者というのは“爆発したい”というところから始まっている。見に来るお客さんもきっと、小さな爆発でも大きな爆発でも“あっ!”という瞬間を体験したくて劇場に足を運んでくださると思うんです」と語り、「“稽古通りうまくいった”じゃなく、その瞬間に人が生きている、爆発している瞬間を見たい」と出演する劇団にリクエストします。

板尾はフェスティバル・ディレクターの立場から、「お芝居を見ることも大事だが、本当に“お祭り”になれば、そこから何か生まれてくるんじゃないか」とイベントに込めた思いを明かし、西田は「落ち着いてしっかりと自分のお芝居をしてくださったら、我々は応援しながら見せていただきます」とエールを送りました。

行定は「今まで見たことがないようなオリジナリティーのある発見があると、作り手として、その刺激を自分の中に取り込みたくなる。そんな“邂逅の場”になることを楽しみにしている」と演劇三昧の日々が待ちきれない様子。

盆子原はテレビマンの視点から「伝説の作品、伝説の俳優さんたちがここからいっぱい出てきてくれたら、その人たちを全部いただこうかなと思っている」と述べました。

キムラ「大阪で“しばかれたい”人、集まれ!」

毎回、公演後に“ティーチイン”の時間を設けることも同イベントの大きな特徴。観客が疑問に思ったことなどを直接、劇団員たちに投げかけられる貴重な機会を提供します。

最後の開会宣言では、イベントのサブタイトルに衝撃を受けたというキムラが、「“大阪で面白いことが起こっているぞ”というのをどんどん伝えていただいて、全国から“しばかれたい!”という人が集まるお祭りになってほしい」と訴えました。

9月21日(土)~9月29日(日)の9日間にわたり行なわれる『関西演劇祭』。演劇好きな人はもちろん、初めて演劇を観るという人にも楽しめる作品がズラリ勢揃いした演劇祭で、あなたもライブ感あふれるひとときを楽しんでみませんか?

『関西演劇祭2019 お前ら、芝居たろか!』

【日時および出演】
9月21日(土)
15:00開場/ 15:30開演 中野劇団・夕暮れ社 弱男ユニット
18:30開場/ 19:00開演 遊劇舞台二月病・三等フランソワーズ

9月22日(日)
11:30開場/ 12:00開演 なりそこないプリンセス・劇団コケコッコー
15:00開場/ 15:30開演 東洋企画・幻灯劇場
18:30開場/ 19:00開演 三等フランソワーズ・劇団コケコッコー

9月23日(月・祝)
11:30開場/ 12:00開演 幻灯劇場・中野劇団
15:00開場/ 15:30開演 遊劇舞台二月病・東洋企画
18:30開場/ 19:00開演 なりそこないプリンセス・オパンポン創造社

9月26日(木)
15:00開場/ 15:30開演 ザ・プラン9・オパンポン創造社
18:30開場/ 19:00開演 夕暮れ社 弱男ユニット・ザ・プラン9

9月27日(金)
15:00開場/ 15:30開演 なりそこないプリンセス・東洋企画
18:30開場/ 19:00開演 オパンポン創造社・夕暮れ社 弱男ユニット

9月28日(土)
11:30開場/ 12:00開演 遊劇舞台二月病・中野劇団
15:00開場/ 15:30開演 劇団コケコッコー・幻灯劇場
18:30開場/ 19:00開演 三等フランソワーズ・ザ・プラン9

【会場】
COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール

【料金】
前売3,000円 当日3,500円 学生割引チケット前売2,000円 当日2,500円

【お問い合わせ】
チケットよしもと予約問合せダイヤル 0570-550-100(10:00~19:00)

【関連記事】