9月16日(月)、霜降り明星・せいやがInstagramを更新。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ)の名物コーナー『七変化』に出演したことを報告し、体を張った芸を披露したこともあり(?)「おしりがまだ燃えてます」と興奮冷めやらない様子です。

「七変化」でボブ・サップと並ぶ歴代4位!

挑戦者が7回にわたり変装を行ない、出演者を何回笑わせられるかを競うこの企画。ダウンタウンをはじめとする出演者が笑ってしまうごとに罰金として1,000円を払わなければいけないというルールのもと、せいやは得意のモノマネやおしり丸出しで体を張ったネタも披露。その結果、これまでの歴代挑戦者53人のうち、賞金獲得額4位という好成績を収めました!

なお、同率4位には笑い飯・哲夫、ボブ・サップが位置しており、せいやはInstagramで「七変化4位 ボブサップ、哲夫さんに並べんのはお笑いファンとして嬉しい」と喜びのコメント。

YouTubeで放送の裏側を暴露!?

さらに、自身のYouTubeチャンネル『しもふりチューブ』では放送の裏側を告白。相方の粗品と共に、ネタ作りの過程や収録の様子を語りました。

関連記事:1日でチャンネル登録者数1万人!「しもふりチューブ」の見どころとは?

 

粗品は、ダウンタウン・浜田のある“クセ”を暴露。コーナーでは体を張った芸を披露したせいやですが、その1つとして、せいやが肛門を見せるネタをすると、浜田はせいやではなく粗品の顔を見て楽しんでいた(?)とのこと……!

さらに、番組では残念ながらボツとなった“幻の一変化”を披露することに。一度席を外したせいやは、お馴染みの落語家・笑福亭仁鶴のモノマネで再登場。

棒状のアイテムが机に並べられたなか、1本の歯ブラシを手に持ちます。『どんなんかなぁ~』と言いながら、口にくわえたかと思うと、えずくまで喉に突っ込み、そのラインをペンで印をつけるというなんともトリッキーなネタを披露。“えずくラインを探す仁鶴師匠”という、シュールなネタを公開しました。

動画には「4位おめでとうー!」とせいやを祝福するコメントが届けられたほか、「せいやさんの七変化にツボな粗品さんが1番印象的だった(笑)」など、相方愛にあふれる粗品に対するコメントも寄せられ、“ガキ使”さながらの盛り上がりを見せました。

「しもふりチューブ」で動画をもっと見る

 

今回の放送でさらなる大躍進を見せた霜降り明星。番組の裏話が聞けるYouTubeチャンネルも要チェックです!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】