9月16日(月・祝」東京・立川のアリーナ立川立飛で,「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ『LJL 2019 Summer Split Finals』の試合が行われました!

ラフマガでは白熱し会場とオンラインが一体になった興奮の結果をお伝えします!

Finalsの対戦カードとルール

FinalsではBO5(Best of 5)、つまり、3本選手した方が勝ちというルールが導入されます。多くのファンが会場へ来場し、満員の観客の熱気で選手たちを迎えました!
『LJL 2019 Summer Split Finals』の対戦カードは、すでに出場が確定しているDetonatioN FocusMe(レギュラーシーズン1位(以下DFM))と、9月1日(日)渋谷・ヨシモト∞ホールでCrest Gaming Act(レギュラーシーズン2位)を破ったV3 Esports(レギュラーシーズン3位(以下V3))の試合。
試合の模様は、Riot Games公式twitchチャンネルで生放送されるとあって、全国のファンは大興奮。

『LJL 2019 Summer Split Finals』で勝利したチームは、10月から11月にかけて欧州(ドイツ・ スペイン・フランス)で開催されるLoLの世界大会「2019 World Championship」に日本代表チームとして参加。
ファンの期待値も否が応でも高まるのです。

意外な展開を見せた第1試合

LJL Summer Finalに向けて両チーム準備してきています。レギュラーシーズンでは見せなかった新たな戦術を1戦目から見せてくるのか、それともいつもの戦い方で勝負をして後半に戦術を残しておくのか……?
1戦目から両チームがどのような仕掛けをしてくるのかに注目してみていきたいところです。

DFMはパンテオン、サイラス、カイサと少数戦を意識した構成。一方、V3はエイトロックス、ルブランと1-3-1でのプッシュ、集団戦を意識した構成となりました。

初戦から仕掛けるV3

まず仕掛けていったのはDFM!TOPにDFM Steal選手がタワーダイブを決めてファーストブラッド獲得はDFM Steal選手!TOPのDFM Evi選手に大きな有利をもたらします!

V3もBOTでやり返していきます!V3 Baby選手とAce選手がBOTへタワーダイブを仕掛け、V3 Baby選手の見事なプレイでDFM Yutapon選手をキル!V3はBOTから動かしにかかります!
そしてV3がBOTで得た有利を活かしてクラウドドラゴンを獲得していきます。

さらにV3 Baby選手がMIDにガンクを仕掛け、V3 Ace選手との見事な連携でDFM Ceros選手をキル!V3が徐々に自分たちのペースに持っていきます!

V3はリスポーンしていたオーシャンドラゴンを獲得し、そのカウンターでリフトヘラルドを狙っていたDFMに少数戦を仕掛けます!V3 Paz選手がとんでもないプレイを見せてリフトヘラルドをスティールし、さらにキルまで狙って動きますが、DFMも見事な動きでこれを回避!キルは阻止することに成功します。
しかしV3は獲得したリフトヘラルドを使い、TOPでファーストタワーを獲得!初戦の流れはV3が掴んでいきます。

集団戦に勝利、勢いに乗る

V3はリスポーンしたマウンテンドラゴンを狙って動きます。DFMもそこに集団戦を仕掛けて行きますが、DFM Evi選手と他の選手との息が合わずV3が3キル獲得して集団戦に勝利!そのままバロンまでV3が獲得して一気にV3がDFMを追い詰め、マウンテンドラゴンも獲得していきます!

V3はバロンバフを活かしてシージを行い、MIDで集団戦を仕掛けると4ー2トレードで集団戦に勝利したのはV3。そのままMIDのインヒビターまで破壊していきます!

DFMもV3がシージを行っているところに集団戦を仕掛けていきますが、V3が見事なカウンターで2キル獲得!ゲームエンドを狙います!DFMも残った3人で守りには入りますが、V3がそのままネクサスまで破壊し切り、試合に勝利したのはV3となりました。

緊張の第2試合

第1試合V3が勝利するという誰もが予想しなかった波乱の展開からLJL Finalはスタート。
この第2試合もV3が勝つことがあればDFMは一気に追い詰められることとなりました。V3がこのままに勢いで2勝目も上げるか、DFMがここから気持ちを切り替えて1-1まで持っていくことが出来るのでしょうか……?

少数戦VS集団戦の様相

DFMはナー、シンドラの1-3-1のプッシュという少数戦を意識した構成。一方V3はタリヤ、レネクトン、ザヤラカンと集団戦を意識した構成となりました。

まず先制したのはDFM!BOTでDFM Gaeng選手が圧倒的なプレイを見せつけ、2キル獲得!ファーストブラッド獲得はDFM Gaeng選手となりました。DFMはBOTで大きな有利を手に入れます!
V3もMIDでV3 Baby選手のガンクが決まり、DFM Ceros選手をキル!V3も反撃に出ます。
さらにDFM Steal選手がBOTにウルトからの見事な仕掛けでまたも2キル獲得!BOTで一気に有利を広げていきます。
しかしV3もBOTのDFMコンビが前に出たところをV3 Ace選手がTPからガンクを仕掛けてDFM Gaeng選手をキル!V3もなんとかBOTを立て直そうと動きます。
DFMはBOTで作った有利を活かしてオーシャンドラゴンを獲得。有利を広げていきます。
V3は次にTOPへV3 Baby選手がガンクを仕掛けます。DFM Evi選手も見事な動きでこれを回避したかと思われましたが、V3 Ace選手の素晴らしいカバーの動きでDFM Evi選手をキル!V3 Ace選手が活躍します。

V3善戦もDFMが有利

V3はリスポーンしたインファーナルドラゴンを見事な連携で獲得。そこにDFMが集団戦を仕掛け、DFM Gaeng選手の華麗なプレイでDFMが2キルを獲得、一気にDFMに流れを手繰り寄せます。
そして再度リスポーンしたインファーナルドラゴンを巡ってにらみ合い。両者一歩も譲らぬ態勢から先にV3がDFM Ceros選手のピックアップを狙います。しかしこれはうまく回避されてしまいインファーナルドラゴンはDFMが獲得!

その間にV3はバロンを狙った動きをトラップに使いDFMに集団戦を仕掛けますが、DFMをの見事な連携で3-1トレードでDFMが集団戦に勝利!そのままバロンも獲得して一気にDFMが有利を展開します。
DFMはバロンバフを活かしてタワーを破壊していきます。その中でDFM Steal選手が集団戦を仕掛けようとしますが、味方と息が合わずDFM Steal選手だけがキルされてしまいます。
しかしDFMはV3がMIDに集まったところで集団戦を仕掛けていき5-1でDFMがエースを獲得してMIDのインヒビターまで破壊!さらにバロンも獲得してV3を追い詰めます!

DFMはバロンバフを活かしてシージを行いTOPのインヒビターまで破壊します。そのまま集団戦も仕掛けますが、またも息が合わずV3が2キルしてDFMを追い返します。
次にDFMはBOTのインヒビターの破壊を狙います。バロンバフを活かしてBOTのインヒビターを破壊するとそこにV3が集団戦を仕掛けます。両者見事な動きを見せて2-2の集団戦とはなりましたが、DFMの残った3人がバロンバフを活かしてネクサスを攻めきり、ネクサスを破壊して試合に勝利したのはDFM!

ファイナルへの王手、第3試合

第1試合を落としてしまったDFMが、第2試合で見事に修正し1-1のタイに持ち込みました。
この第3試合はどちらが勝利してもFinal優勝へ王手をかけることとなります。
どちらのチームも相手にプレッシャーをかけるために必ず勝ちたい重要な1戦、どのような戦略を両チーム見せてくるのでしょうか。

続くにらみ合い……

DFMはナー、スカーナー、ザヤラカンと集団戦を意識した構成。一方のV3はパンテオン、ジェイスと1ー3ー1でのプッシュ、少数戦を意識した構成となりました。
この試合も先制したのはDFM!MIDにDFM Steal選手がガンクを決めてファーストブラッド獲得はDFM Steal選手!MIDから試合を動かしにかかります!

DFMは次にインファーナルドラゴンの獲得に動きます。そこにV3もV3 Baby選手の仕掛けから集団戦を開始!V3 Ace選手の見事な集団戦の合わせでなんとV3が4キル獲得!インファーナルドラゴンもV3が獲得して一気にV3が有利を作ります!
リスポーンしたインファーナルドラゴンを巡ってにらみ合いを行うなかで、先にドラゴンに触ったのはV3でした。

V3気づかぬ間にバロン獲得

そこにDFMも集まり、集団戦こそ起きなかったもののDFM Steal選手がインファーナルドラゴンをその名の通りスティール!DFMが見事な動きを見せます!さらにV3 Paz選手がTOPに戻るところをDFMがピックアップに成功!徐々にDFMが流れを取り戻していきます。

さらにDFMはMIDでDFM Ceros選手がV3 Baby選手をソロキル!リスポーンしたインファーナルドラゴンもDFMが獲得して一気に流れを取り戻していきます!
MIDではV3が集団戦を仕掛けていきますが、DFMの見事な動きで1キル獲得してこれに勝利。

さらに今度はDFMがMIDで集団戦を仕掛けて、2キル獲得!DFMが流れに乗っていきます!
早速DFMはここまでで展開した有利を活かしてスニークバロンを開始、V3が気づかぬうちにバロンを獲得します!そのままDFMはV3に集団戦を仕掛けると3キル獲得して一気にネクサスまで狙う作戦に。
V3も残った2人でネクサスを守りますが、DFMが勢いそのままにV3の2人をキルしてネクサスを破壊!第3試合に勝利したのはDFMとなりました。

手に汗握る第4試合

第3試合を制し、先に王手をかけることになったのはDFM。この勢いのままDFMが優勝を飾るのか。それともV3がここで1勝をもぎ取り第5試合までもつれ込ませることが出来るのか。
運命の第4試合から目が離せません。

狙われたYutorimoyashi選手

DFMはナー、エコーと1-3-1でのプッシュ、少数戦を意識した構成。V3もジェイス、タリヤと1-3-1でのプッシュ、少数戦を意識した構成となりました。

この試合先に仕掛けていったのはV3!V3 Baby選手がDFM Steal選手がジャングルを狩っているところにインベイドをうまく決めてファーストブラッド獲得はV3 Baby選手!
そしてジャングルで得た有利を活かしてV3がマウンテンドラゴンを獲得していきます。

DFMもBOTレーンのコンビが個人技でV3 Yutorimoyashi選手をキル!DFM Gaeng選手のスキルショットが光ります!さらにDFM Steal選手がBOTにガンクを仕掛けてまたもV3 Yutorimoyashi選手をキル!しかしDFM Steal選手をなんとかV3 viviD選手がキルして1-1のトレードに持ち込みます。

DFM、連携で魅せる

V3はリスポーンしていたインファーナルドラゴンの獲得に動きますが、すぐさま気がついたDFMが集団戦を仕掛けてV3 Baby選手をキル!そのままインファーナルドラゴンも獲得していきます!
さらにMIDでV3 Ace選手をもDFM Steal選手のガンクでキルしてDFMが一気に勢いづいていきます。

V3もMIDにV3 Baby選手がガンクに行くものの、DFM Ceros、Steal選手の見事な連携で逆にV3 Baby選手をキル!さらにTOPではDFM Evi選手がファーストタワーを獲得してゴールド差を広げていきます。

その後DFMはリスポーンしたマウンテンドラゴンを取ると見せかけてV3にピックアップを仕掛けてV3 Baby選手、Ace選手をキル!そのままドラゴンへは行かずにバロンを獲得します。

DFMはバロンをバフを活かしてシージを行います。BOTではDFM Ceros選手がV3 Paz選手をソロキル!さらにMIDではDFMが3キル獲得してDFMが各所で戦闘を起こし、タワーを破壊!

そして再度リスポーンしたバロンを難なくDFMが獲得して試合を決めにかかります。
DFMはバロンバフを活かしてシージを行う中で集団戦を仕掛け、これに勝利!
そのままネクサスを破壊して、このLJL Grand Finalを制し、日本一の栄冠はDFMの上に輝きました!

いよいよ世界大会へ

『LJL 2019 Summer Split Finals』を制したDFMは、10月から11月にかけて欧州(ドイツ・ スペイン・フランス)で開催されるLoLの世界大会「2019 World Championship」に日本代表チームとして参加します!

LJLをご存知の方もご存知ない方も、ぜひ、世界大会に参戦するDFMのメンバーたちを応援してくださいね。

今日の全試合後のインタビューは近日公開。こちらもご注目くださいね。

DFMの皆さん、おめでとうございます!世界戦、頑張ってください!

【関連記事】