10月某日、吉本興業と韓国のCJ ENMが制作する、日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となるサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』#8で配信される第2回順位発表が都内にて行なわれました。

60人の練習生が、6人ずつ10個のグループに分かれてそれぞれの課題曲を披露したグループバトルを経て、いよいよ2回目の順位発表。まだデビュー前にも関わらず、視聴者からは、2週間で1,894万5,494票の投票(累積)がありました。

60人から35人にまで絞られる狭き門を突破するのは誰か、上位陣の入れ替えはあるのか、ネットで様々な予想合戦が繰り広げられる中、訪れた発表当日。

デビュー射程圏内となる11位までの席には一体誰が座るのでしょうか?

PRODUCE 101 JAPANとは?

韓国の音楽専門チャンネル『Mnet』で放送され、10代、20代の男女に圧倒的な人気を誇る韓国発の大ヒットサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101』シリーズの日本版。約6,000人の中から書類・実技の選考を通過した101人の練習生が、歌やダンスのパフォーマンスを通して様々なミッションに挑戦。熾烈な競争の末に最終デビューメンバーの11人を選出します。

すべての過程は、100%“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で勝ち残る者を決定し、最終的に勝ち残ったメンバーが、2020年にボーイズグループとしてメジャーデビューできることが確約されています。

韓国版では、2016年に“I.O.I(アイオアイ)”、2017年シーズン2で“Wanna One(ワナワン)”、2018年シーズン3で“IZ*ONE(アイズワン)”、そして、2019年のシーズン4では“X1(エックスワン)”が誕生。数多くのスターを輩出し、新語・流行語も生み出すなどグローバルな社会現象を起こしています。

『PRODUCE 101 JAPAN』発表記者会見の様子はこちら

 

これまでのあらすじ

#1で第1回目のクラス分け、#2ではテーマ曲『ツカメ ~It’s Coming~』のパフォーマンス映像の担当パートをかけた第2回目のクラス分けが行なわれ、上位のクラスにいくほど多く画面に映るとあって、Aクラスの練習生を中心に国民プロデューサーの注目を集めてきました。

しかし、#3、#4のポジションバトルでは一転、今まであまり目立っていなかった練習生たちの魅力も垣間見えるように。それぞれが自身の課題に葛藤し努力する姿や、本番のステージで存分に実力を発揮し輝く姿に、国民プロデューサーの応援合戦も白熱しました。

#5では第1回順位発表が行なわれ、61位以下の脱落者が決定。それまで60位圏内だった練習生が順位を落としたり、90位台だったメンバーが大躍進を遂げたりするなど波乱の展開に。残った60人は、脱落した練習生の想いを胸に次のステージへと進みました。

【速報】第1回順位発表結果はこちら

 

#6、#7は60人が10組に分かれて行なうグループバトル。グループで1位になれば、メンバー全員に10万票が与えられます。順位発表で1位を獲得した川尻蓮から練習生を指名し、メンバーを決定。その後は高い順位の者から練習生を選んでいき、10組のチームが出来上がりました。

バトルでの評価が大きく順位に関わるだけに、チーム内でのポジション争いも激化する中、苦楽を乗り越え絆を深め合った各グループ。それぞれカラーが異なるステージを展開し、国民プロデューサーを魅了しました。

#1を振り返る  #2を振り返る  #3を振り返る  #4を振り返る  #5を振り返る  #6、#7を振り返る

 

人生が大きく変わる結果発表!

1回目の順位発表を経験したからか、本番前の練習生はリラックスした様子で、笑顔を見せる一幕も。髪の色を変えてイメージチェンジをしたメンバーも多く、大舞台に気合いを入れて臨んでいる様子でした。

前回と同じく、スタジオには本家『PRODUCE 101』でもお馴染みのセットが組まれ、残留した練習生だけが座ることのできるピラミッド型のひな壇が鎮座。練習生は、自分の名前が呼ばれるまで、ピラミッド前の待機場所で行く末を見守ります。待機場所に座ると一気に緊張感が増したのか、顔をこわばらせ、涙を流す練習生もいました。

ここで国民代表プロデューサーのナインティナイン(矢部浩之、岡村隆史)からあるお知らせが。収録当日は次回のミッションであるコンセプトバトルの合宿真っ最中。今回脱落者が出ることで、グループメンバーの変動があるため、チームの再編成が必要になります。各チームの定員は7人。チーム内投票でメンバーを決定し、最も票数が少ない練習生がチームを異動することになります。

今回も、脱落のボーダーラインとなる35位は最後に発表することに。34位から名前が呼ばれていきました。

第2回順位発表(第34位~第27位)

第34位~第27位は以下の通り。

<PRODUCE 101 JAPAN第2回順位発表>

第34位 佐野 文哉(▲23/第1回57位 17万5,673票獲得)
第33位 佐藤 隆士(▲23/第1回56位 17万6,035票獲得)
第32位 福地 正(▲27/第1回59位 17万6,636票獲得)
第31位 小松 倖真(▼8/第1回23位 18万413票獲得)
第30位 井上 港人(▲6/第1回36位 20万3,852票獲得)
第29位 中本 大賀(→/第1回29位 20万4,423票獲得)
第28位 岡野 海斗(▲22/第1回50位 20万7,937票獲得)
第27位 宮里 龍斗志(▼2/第1回25位 22万4,857票獲得)

独特なヘアスタイルから「海ブドウ」とあだ名をつけられ、かわいがられている福地は、前回からジャンプアップして32位に食い込みました。自身はスキルを磨くだけとしつつ、国民プロデューサーには「プロデュース業に専念してもらいたいです」と語りかけてスタジオの笑いを誘いました。

29位の中本は前述のグループバトルにて、ラップを担当したかったものの、揉めに揉めてボーカルへ配置転換。しばらく練習に身が入らない様子が配信されたため、「僕の行動でお騒がせしてしまったことをお詫びしたいです」と謝罪の気持ちも述べました。しかし、国民プロデューサーのおかげで自分の夢が終わらないとし、チャンスを無駄にしないよう精進することを約束しました。

第2回順位発表(第26位~第20位)

第26位~第20位は以下の通り。

<PRODUCE 101 JAPAN第2回順位発表>

26位 磨田 寛大(▲15/第1回41位 22万5,718票獲得)
25位 金城 碧海(▲8/第1回33位 22万9,731票獲得)
24位 男澤 直樹(▼3/第1回27位 23万1,106票獲得)
23位 北川 玲叶(▲1/第1回24位 26万9,711票獲得)
22位 今西 正彦(▼9/第1回13位 33万6,637票獲得)
21位 佐藤 來良(→/第1回21位 36万4,272票獲得)
20位 青木 聖波(▼6/第1回14位 36万5,955票獲得)

グループバトルでは、チーム編成時にドラフト制で余ってしまったものの「人生を変えたいです」と、上位メンバー・豆原一成率いるチームを指名し加入した磨田が26位に。磨田は、自身の行動に「感動した」「私も頑張る」という声が届けられたことに対し、「嬉しかったし、元気をもらいました」と振り返りました。

第1回目と同様21位となり、なかなか上位に入ることができない佐藤は「正直めちゃくちゃ悔しいですし、申し訳ない」とコメント。続けて、この順位は自分の実力の現れだと言い「“もっとこれからアピールしないとな”と肌で感じています」と危機感を募らせました。

第2回順位発表(第19位~第12位)

続いてデビュー射程圏内の11位に惜しくも届かなかった、19位~12位ブロック。

<PRODUCE 101 JAPAN第2回順位発表>

第19位 床波 志音(▲16/第1回35位 40万2,418票獲得)
第18位 宮島 優心(▼8/第1回10位 41万4,240票獲得)
第17位 與那城 奨(▲9/第1回26位 42万5,199票獲得)
第16位 佐藤 景瑚(▼4/第1回12位 46万4,326票獲得)
第15位 本田 康祐(▲13/第1回28位 47万7,362票獲得)
第14位 木全 翔也(▲8/第1回22位 47万7,526票獲得)
第13位 白岩 瑠姫(▲3/第1回16位 49万4,924票獲得)
第12位 上原 潤(▲5/第1回17位 51万9,155票獲得)

透き通るような歌声とのんびりとした性格が人気の床波は、35位から19位へ着実に順位を上げました。本プロジェクトに挑む際に「謙虚におごらず、自分の可能性を信じて頑張る」と誓ったことを回顧し、もう一度初心に帰って努力すると述べました。

14位の木全は「僕は影が薄くて“どこにいるの?”って感じなんですけど……」と自虐を入れたコメントをしますが、順位は着実にアップ。グループバトルにてセンターを務め上げたことが功を奏したのか、第1回の22位よりデビュー射程圏内間近の14位までアップさせることができ、素直に喜んでいました。

“正統派アイドル”を思わせるルックスとパフォーマンスが魅力の白岩は、順位を下げることなく13位にランクイン。「人生を変えにここに来ているので、最後まで期待して応援していただければ嬉しいです」と力強く述べました。

第2回順位発表(第11位~第1位)

ここからは、現時点でデビューに最も近い存在である11人の発表へ。

第11位 大平 祥生(▼4/第1回7位 54万3,768票獲得)

グループバトルでは、三浦大知の『(RE)PLAY』でセンターを務めた大平が11位にランクイン。デビュー射程圏内ではあるものの、前回から順位を落とす形となりました。

大平は、自分の長所である“向上心”と“学ぶ精神”を忘れずに頑張りたいとコメント。最後に「努力します」と力を込めて宣言しました。

第10位 安藤 誠明(▲1/第1回11位 65万4,176票獲得)

周囲を圧倒する歌声と抜群のルックスで安定の人気を誇る安藤が1ランクアップし、10位に。

グループバトルでは、東方神起『Why? (Keep Your Head Down)』のメインボーカルを担当。メンバーとも調和する順応性も見せました。

安藤は「(歌もダンスも)まったく出来ない状態から、徐々に成長している姿を自分でも感じるくらい努力しているので、これからもっと努力して上を目指します」とポジティブに感謝の言葉を述べました。

第9位 河野 純喜(▲6/第1回15位 66万1,099票獲得)

豆原率いる防弾少年団『FIRE』でメインボーカルを務めた河野は、まっすぐな歌声とかわいらしい笑顔で国民プロデューサーのハートをがっちり掴み、9位を獲得。

河野は、韓国人練習生のチョン・ヨンフンとキム・ユンドンからアーティストのパク・ヒョシンの楽曲『Wild Flower』の存在を教えてもらったと述懐。韓国語は分からないとしつつも、ヒョシンの歌に対する想いが伝わり、涙を流したと言います。河野は「(彼のように)気持ちの強さで人の心を動かせるアイドルになりたい」と夢を語りました。

第8位 大澤 駿弥(▲1/第1回9位 70万5,067票獲得)

練習生のムードメーカー的存在の大澤が、順位を1つ伸ばして8位を取得。

今回は、いつものように明るく振舞うのではなく、涙を浮かべながら淡々と自分の想いを吐露しました。これまで、“バラエティー枠”としてキャラクターを確立してきたものの、デビューしたその先に目を向けると「キャラクターは二の次」だと思い直したとコメント。

自分は世界と戦えるほどのダンスや歌の技術を持ち合わせていないと現在の状況を危惧しつつ、これからさらに努力して「国民プロデューサーの皆様に、自信を持った笑顔を見せたい」と話しました。

第7位 チョン・ヨンフン(▲1/第1回8位 74万8,508票獲得)

アイドルグループ・HALOのメンバーとしてデビューを経験しているのに加え、年齢も重ねているため、練習生のお兄さん的ポジションを担っているヨンフン。豆原チームでも、メンバーに頼られる姿が印象的でした。

そんなヨンフンは「次の合宿に向かって、もっとカッコいい姿を見せたいです」と言いつつ、脱落したメンバーを思い「(落ちていくメンバーのためにも)すごいステージを見せてあげたいです」と述べました。

第6位 キム・ユンドン(→/第1回6位 80万7,141票獲得)

ヨンフンと共に、豆原チームを引っ張ったユンドンは第6位にランクイン。パフォーマンスした『FIRE』ではメインラップを担当し、チームが10組中2位を獲得する立役者となりました。

ユンドンは、グループバトルを振り返り「6人で頑張って練習して、いいパフォーマンスが出来たから、こんなに素敵な順位になれた」と感謝を述べた後、国民プロデューサーの応援を糧に「カッコいいステージを見せたいと思います」と約束しました。

第5位 キム・ヒチョン(▼1/第1回4位 82万3,022票獲得)

グループバトルで1位を獲得した、川尻率いる三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE『RAISE THE FLAG』でリーダーを務めたヒチョン。

自身はもちろん、他の練習生を支えてくれているすべての国民プロデューサーに感謝を述べ「皆さんにもらった応援以上の恩返しをしたいです」と語りかけました。

第4位 豆原 一成(▼2/第1回2位 96万2,252票獲得)

グループバトルでは、チームは惜しくも2位に。10万票を獲得できなかったことが響いたのか、常に川尻とトップを争ってきた豆原が4位に転落しました。

しかし豆原は「順位は下がってしまいましたが、僕が成長できる場を国民プロデューサーの皆さんが設けてくれた」と前を向きます。自分自身には、まだまだ出来ることはたくさんあると言い、1位のその先を目指すと宣言しました。

第3位 鶴房 汐恩(▲2/第1回5位 99万6,794票獲得)

豆原チームで異彩を放ち、クールなラップとダンスを披露した鶴房が一気に3位へ上昇。

第1回順位発表では、家族の言葉に後押しされたと話していましたが、今回も家族やともに切磋琢磨してきた練習生、そして投票してくれた国民プロデューサーに感謝を伝えます。

現在の順位は「嬉しい」と素直につぶやきながらも「今の順位に満足せず、1位を狙っていきたいと思います」と話していました。

第2位 川尻 蓮(▼1/第1回1位 107万4,605票獲得)

これまでの順位発表で、デビュー圏内に常に入り、“不動の王者”と呼ばれていた川尻が2位に転落。

上位の練習生を中心に
集め、『RAISE THE FLAG』で圧倒的なパフォーマンスを披露したグループバトルではチームが1位を獲得。10万票を得ましたが、惜しくも個人1位には届きませんでした。

川尻は「シンプルに悔しいです」とポツリ。しかし、ここで2位になったことは「きっと意味がある」と考え、その要因を見つけて進み続けると宣言します。最後に「僕を信じてついてきてくれると嬉しいです」と国民プロデューサーに語りかけました。

第1位 川西 拓実(▲2/第1回3位 114万9,244票獲得)

川尻と同じチームでセンターを務め、グループバトル1位だけでなく、チーム内1位、そして全体の個人ランキングでも1位を獲得した川西。これまで存在感を出すことに悩み続けたものの、『RAISE THE FLAG』で圧巻のパフォーマンスを見せつけ、念願の首位に!

第1回順位発表で「僕をトップに連れて行ってください」と願った通りの形となり、「本当に嬉しいですし、僕を信じてくれて感謝をしています」と喜びを伝えました。

第1回順位発表(第35位、第36位)

第35位 浦野 秀太(▲14/第1回49位 16万4,879票)

浦野が35位に滑り込み。彼は川尻がグループバトルで最初に選んだ練習生であり、Cクラスからスタートしたメンバーでもあります。

発表前には、10万票を獲得してはいるものの自信がない様子でしたが、見事35位に。「頭が真っ白」と言いつつ、川尻のチームに入ったおかげだと感謝を伝えます。最後に次の順位発表でも勝ち進めるよう「魅力を出していきたい」と述べました。

第36位 井汲 大翔(▼17/第1回19位)

タッチの差で脱落となったのは、前回19位と高順位だった井汲。「悔しいですけど、これが自分の実力」と涙を流し、応援してくれた国民プロデューサーに感謝を述べました。しかし、最後には「もっとステージに立ちたかった」と本音を漏らし、残ったメンバーに夢を託しました。

第1回順位発表(第37位~第60位)

残念ながら、次のステージに進むことが出来ない第36位~第60位は以下の通り。

<PRODUCE 101 JAPAN第2回順位発表>

36位 井汲 大翔(▼17/第1回19位)
37位 瀧澤 翼(→/第1回37位)
38位 北川 暉(▲1/第1回39位)
39位 中里 空(▲3/第1回42位)
40位 寺師 敬(▲15/第1回55位)
41位 三井 瞭(▼11/第1回30位)
42位 イ・ミンヒョク(▼22/第1回20位)
43位 林 龍太(▼25/第1回18位)
44位 古屋 亮人(▲16/第1回60位)
45位 山田 恭(▲13/第1回58位)
46位 佐々木 真生(▼12/第1回34位)
47位 安藤 優(▼7/第1回40位)
48位 北岡 謙人(▼16/第1回32位)
49位 安慶田 真樹(▼2/第1回47位)
50位 岩崎 琉斗(▼5/第1回45位)

51位 草地 稜之(▼20/第1回31位)
52位 中野 龍之介(▼14/第1回38位)
53位 西尾 航暉(▼1/第1回52位)
54位 岡田 武大(▼11/第1回43位)
55位 中林 登生(▼11/第1回44位)
56位 渡辺 龍星(▼8/第1回48位)
57位 中谷 日向(▼4/第1回53位)
58位 内田 脩斗(▼12/第1回46位)
59位 鈴木 雅(▼5/第1回54位)
第60位 片上 勇士(▼9/第1回51位)

これからの未来が光り輝くようにエール!

ここで名前を呼ばれなかったメンバーとは、涙のお別れです。矢部は脱落となった練習生の健闘を讃え「頑張ってきたのは事実ですから」と言い、この経験を生かしてほしいと語りかけます。また、岡村も「(プロデューサー業を行なっている)つんくさんとか(EXILE)HIROさんとか観てないかな?」とメンバーの未来に期待を持ちました。

本番まで何とか涙をこらえていた様子の練習生たちは、収録終了後には涙腺崩壊。勝ち残ったメンバーと脱落してしまったメンバーが入り混じり、「半年間ありがとう」と抱き合います。

これまで支えてくれたスタッフにも握手を求め、「ありがとうございました」とお礼を述べるメンバーもいれば、放心状態で空を見つめる練習生の姿も……。

順位発表は、最終メンバーの11人になるまで続きます。人数が35人となり、更なる熾烈なバトルが予想される#9のコンセプトバトルは要必見です。

また、公式YouTubeチャンネルでは、未公開シーンや35位以下の練習生のラストメッセージも公開予定です。こちらもお見逃しなく!

公式YouTubeチャンネルはこちら

 

【この記事の画像一覧】

『PRODUCE 101 JAPAN』

動画配信サービス『GYAO!』にて全12回を無料配信!

配信日時:毎週木曜日 21時00分〜 ※本編配信後の23時30分〜アーカイブ配信
配信サービス:GYAO! ※会員登録不要、無料で視聴可能

<投票>
第3回投票期間:11月14日(木)23時00分~11月29日(金)4時59分
番組特設サイトより、練習生101人の中から合計11人を選び、投票してください。 ※投票は1日につき1回
投票はコチラ:PRODUCE 101 JAPAN

<出演>
国民プロデューサー代表:ナインティナイン

トレーナー:A-NON、サイプレス上野、菅井秀憲、Bose、安倉さやか、WARNER ※五十音順

【関連記事】