2019年夏のTVドラマの話題をさらった『あなたの番です』(以下、『あな番』)。最終回が近づくにつれ、「誰が犯人なのか?」と、ネットでは一大「考察」ブームが巻き起こりました。

終了直後に公開されたスピンオフドラマにもアクセス殺到。いまだ「考察」が冷めやらない状態です。

よしもとの中でもドラマ通として知られるのが、ニブンノゴ!・宮地、LLR・福田、フルーツポンチ・村上らの「よしもとドラマ部」。

彼らは『あな番』をどう見たのでしょうか?今回は加えて、台頭するネットドラマ、秋の話題作について語ってもらいました!

福田 「『あな番』は、ここ数年では珍しい2クールで、「大丈夫なのかな…」って思ってたんだけど、裏切られましたね。1クール終わった時に、主役の原田知世さん演じる菜々が死んじゃう!」

村上 「衝撃的でしたねぇ!まさかその後「反撃編」になるとは思わなかった」

宮地 「情報筋から聞いたところでは、企画・原案の秋元康さんは、仮に視聴率が悪くても、最後まで展開は変えないって決めてたみたいですね」

福田 「どこから聞いてきたんですか?」

宮地 「え、ネット!」

2人 (爆笑)

村上 「『考察』は今年の流行語大賞になるんじゃないですか?」

宮地 「視聴者の『考察』が本編を追い抜いちゃった。OPでキャストにつけられる赤丸とか、江藤(小池亮介)がつけたGPSとか…、未回収も多いですからね。終わり方も「まだ続くんじゃないか」っていう感じで。しばらく『考察』が続けられるんじゃない?」

村上 「それも秋元さんの狙いなんでしょうね」

福田 「ネットでは、西野七瀬さん演じる黒瀬“双子説”が出てたんですよ。鼻の頭に途中からホクロがでてきた! 「これが証拠だ!」って。写真もあったんだけど、ただのメイクミスで(笑)」

次の殺人犯はTVの前のあなたです⁉︎

宮地 「尾野ちゃん(奈緒)の異常っぷりもすごかったね!」

福田 「翔太(田中圭)の首を二階堂くん(横浜流星)が絞めてる時、ニヤニヤして帰っていったでしょ? 人が殺されそうな所を見て帰るなんて、とんでもない異常者ですよ!」

宮地 「でも、人殺しはしてない」

村上 「そこが怖いんですよ。普通の人はなにかのきっかけで、人を殺しちゃうのに、異常者こそ人を殺さない。普通の人である視聴者に対して、殺したのは「あなたです」っていう意味もあったと思うんですよ」

福田 「それじゃあ「あなたのせいです」だよ!(笑)」

宮地 「いろんな解釈ができるからおもしろいんだよ」

福田 「いろんな伏線が犯人に一つも繋がってない。「三億円事件」じゃないけど、情報がありすぎると、犯人にたどり着かないっていうことなんでしょうね」

TVドラマは「ながら見」できるのが一番!

——『あな番』で大盛り上がりだった夏のドラマですが、影に隠れてしまったおすすめドラマはありますか?

福田 「『TWO WEEKS』(関テレ・火曜夜9時〜)かな。冤罪をかぶせられた三浦春馬くんが逃亡する話。高嶋政伸さんは悪者やらせたら天下一品になりましたね!」

宮地 「『偽装不倫』(日テレ・水曜夜10時〜)は夫婦で楽しみましたよ」

福田 「女性からは「なんで既婚者って嘘つくの?」って意見もあったとか」

宮地 「らしいですね。ぼくは東村アキコ先生の描く女性像が好きなんです」

村上 「”なにかしながら”でも見られたドラマでしたね」

福田 「TVドラマはマンガ見ながら…とか”ながら見”できるのがいいんですよ。真剣に見なくていい!」

村上 「TVドラマにとっては褒め言葉ですよね『深夜食堂』とか、1回くらい見逃しても大丈夫。でもおもしろい」

——『あな番』は「ながら見」できました?

宮地 「いや、無理です! 登場人物多いし」

福田 「普通のTVドラマの方法論じゃない。普段、TVドラマを見ない人にも興味をもたせたっていうのがすごいんですよ」

村上 「コンスタントにTVでヒットを生むっていうのがすごいんですよ」

台頭するネットドラマとTVドラマ違いとは?

——山田孝之さん主演のネットドラマ『全裸監督』(Netflix)が話題です。ネットドラマの台頭が著しいですが、TVドラマとネットドラマは何が違うんでしょう?

福田 「ネットドラマはまた別物ですね。『全裸監督』とかは、映画を長くしたと考えるべきなんじゃない?」

宮地 「総合格闘技とボクシングくらいルールが違うと思う」

村上 「TVドラマは圧倒的に会話劇ですからね」

福田 「NHKのドラマはネットドラマに近いかもしれない。NHKの金曜夜10時枠「ドラマ10」はおもしろいですよ」

宮地 「スポンサーを気にしないから攻められることも多いし」

村上 「ぼくはフジテレビオンデマンド(FOD)の『僕はまだ君を愛さないことができる』が好きですね」

福田 「足立梨花ちゃんがかわいい!」

村上 「そう!」

福田 「幼なじみの男女、御手洗陽(足立梨花)と石田蓮(白洲迅)が、どっちが先に結婚するか賭けをして、梨花ちゃんが傷つくのを、石田がいつも慰めてくれる。男は「好き」だけど、それが言えない」

村上 「石田の同僚役の松本紀代さんも美しい!」

福田 「足立梨花ちゃんに注目しすぎて、気づいててなかった、ごめん!」

宮地 「地上波じゃできないドラマがネットに流れてもいるよね」

ドラマを見る理由は「女優さんかわいい」でいい!

——みなさんはどのような基準でドラマを見られるんですか?

宮地 「ネットです。ヤフーニュースあがってきたとか、話題になってから」

福田 「最初の3話くらいまで本放送で見てないですもんね!(笑)」

村上 「ぼくはキムタクとか好きな俳優が出るとか、好きな脚本家さんが書いてるとか」

福田 「『あのドラマはおもしろい』とか語りがちだけど、そういうものじゃないと思うんですよ。「好きな女優さんが出る」とか、そんな理由で十分。つまらないドラマなんてないですから」

村上 「足立梨花ちゃんかわいい!でいいんだよね」

——好きに理由はいらないってことですね! たしかに、みんなが難しく語ろうとしがちなのかもしれません。最後に、秋のドラマで気になる作品を教えてください

宮地 「阿部寛さん主演の『まだ結婚できない男』(関テレ・10月8日夜9時〜)が早くも話題になってますよね。」

福田 「桑野信介、まだ結婚できてないの⁉︎ 「まだ」の次は「まだまだ」とか、『あぶない刑事』状態になるんじゃない?」

宮地 「尾野ちゃん役の奈緒さんが出るから、『あな番』ファンが流れるって言われてるよ」

福田 「でた、ネット情報! ぼくは新木優子ちゃんが好きなんで『モトカレマニア』(フジテレビ・10月17日夜9時〜)に期待ですね」

村上 「高良健吾くんも出るんだ」

宮地 「みなさんも、自分の好きな理由からドラマに興味を持ってください!」

福田 「宮地さんはネットで話題になってからしか見ませんけど(笑)」

——本日はありがとうございました!

 

よしもとドラマ部

TVドラマ好きを公言する、ニブンノゴ!・宮地、LLR・福田、フルーツポンチ・村上によるユニット。2009年から定期的にトークライブを行ってきた。ライブだけにとどまらず、「ザ・テレビジョン」での連載や、『ドクターX』にエキストラ出演、『ひよっこ』の番宣番組出演なども。9月30日19時〜、幕張イオンモール劇場にて、主催ライブ「ショートドラマ部〜ドラマ好きのみんながショートドラマをつくって俳優さんに演じてもらっちゃいました〜」が開催される。