実は吉本芸人には京都府出身者が多いこと、皆さんご存じでしょうか?
そんな中でも、京都府京都市出身のコンビと言えば、まず思い浮かぶのがブラックマヨネーズとミキ。

この2組が出演した京都市市政PR動画が9月13日(金)から公開されました!

京都市について笑いながら知ろう

平成28年度、29年度に平成KIZOKU、平成30年度に倉木麻衣が出演した市政PR動画。
令和元年度は,「じつは,〇〇〇」をコンセプトに、今や全国的にも大人気の吉本芸人が出演し,笑いながらも京都市について知ることができる動画が作られました。
第一弾は、京都市出身でおなじみの人気芸人、ブラックマヨネーズとミキが出演。
「SDGs」と「公共交通利用促進」という、まじめな内容を笑いと共にPRする、2種類の動画が公開されました。

2つの「じつは……」を”らしく”紹介


「じつは,京都市。」SDGs 篇 
京都市では、市民の皆様の協力のおかげで、エネルギー消費量がピーク時から25.9%減。
その結果も伴って、全国815市区を対象としたSDGs先進度調査で京都市が第1位になっているのだとか。
動画では、ブラックマヨネーズの吉田が自らの「じつは、〇〇〇」な話を熱く語る様子と、対照的な小杉の様子にもご注目を。

「じつは,京都市。」公共交通利用促進 篇

京都市にはまだまだ魅力的なスポットがあり、それらをお得に便利に巡れるツールとして「地下鉄・バス一日券」を紹介。
動画では、ミキ・亜生の兄・昴生に対する想いが溢れすぎ、気づけばどんどん、兄の知られざる「じつは、〇〇〇」な内容を暴露していきます。

なお、この動画は10月に開催される京都国際映画祭とも連動。その後も、11月には新たな芸人を起用した第2弾の動画公開も予定されているとのこと。
ぜひお楽しみに!

【芸人記事まとめ】
ミキ の関連記事をもっと読む

【関連記事】