9月9日(月)、東京・よみうり大手町ホールにて『芸歴50周年 桂文珍 国立劇場20日間独演会』の記者会見が行なわれ、落語家・桂文珍が登壇しました。

1969年10月に3代目桂小文枝(5代目桂文枝)に入門してから、芸歴50周年を迎えることとなった文珍。それを記念して、2020年2月28日(金)~3月8日(日)、 2020年3月15日(日)~3月24日(火)の20日間、本独演会を東京・国立劇場 大劇場にて開催することとなりました。同劇場で1人の落語家が20日間の独演会を行なうのは史上初となります。

自作の新作落語「ヘイ・マスター」「老婆の休日」や、古典落語「愛宕山」「百年目」など珠玉のネタを1日2演目、合計40演目披露するほか、兄弟子である桂文枝、落語協会会長・柳亭市馬や落語芸術協会会長・春風亭昇太など総勢20名の豪華ゲストが出演し、50周年に華を添えます。

“おしゃべりのアスリート”文珍、鉄板ネタをズラリ!

台風の影響で機材が届かないというトラブルに見舞われ、急きょプロジェクターを使っての会見となったこの日、演目一覧が映し出されたスクリーン前に登場するなり、「ご承知かと思いますが、私が桂コンプライアンス文珍です」と、まずは自己紹介で場を和ませる文珍。

50周年記念の独演会を国立劇場で開催することについて、「10年前に10日間やらせていただいたんですが、それがたいへん楽しかったので、今回は20日間貸していただけないかと夢のようなことを思っていましたら、なんとやらせていただけることになりまして、喜んでおります」とニッコリ。

「2020年はオリンピックイヤーということで、“おしゃべりのアスリート”として、上方らしい話をドドンとやってみようと思い、鉄板ネタをズラリと揃えました」と話す文珍。「どれもこれも思い切った大きなネタを出しているので、楽しんでいただければ」と、40演目についての思いを明かしました。

新作では、師匠方がジャニーズに!?

新作落語である「スマホでイタコ」は、スマートフォンで”あの世”とつながるという噺(はなし)。あの世で6代目・笑福亭松鶴、3代目・桂米朝、3代目・桂春團治、5代目・桂文枝の4人が、今年7月に亡くなったジャニー喜多川のもとでグループを結成し、松鶴師匠がレッスンで音程を外すという場面もあると笑顔。

総勢20名の豪華ゲストについて「この人たちを揃えるのは大変でした!」と、独自の方法で豪華ゲストを揃えたことを明かすと、記者からその方法について質問が飛びます。

すると、「コネです(笑)」と言いながら、1年ほど前からゲストの方々にお願いをしていたこと、場合によってはその人が出演する劇場に何度も足を運び、直接お願いしたことなどを明かす文珍。なかには、立川談春のようにお願いに行こうとしたら「(独演会には)出ますから、来ないでください。来られると緊張しますから」と断る人までいたことなど、エピソードを披露しました

「独演会とかけまして、真っ白な犬と解きます」

ネタのセレクトについての質問が飛ぶと、「“鶴瓶の『らくだ』(松鶴師匠の十八番)には負けないぞ!”と思い、鶴瓶がゲストの日に『らくだ』をぶつけたりね……(笑)」と笑わせながらも、ゲストに合わせて演目をセレクトしたことを明かす文珍。

最後に「“独演会”とかけまして、“真っ白な犬”と解きます。その心は、“尾も白い(面白い)”!」と、なぞかけで締め、「こんなもんでどうじゃろか?」とお茶目な顔をのぞかせていました。

『芸歴50周年 桂文珍 国立劇場20日間独演会』は11月2日(土)午前10時よりチケットが一般発売。また、11月1日(金)までに先行販売でチケットをお買い求めいただいた方全員に特製手ぬぐいがプレゼントされます。どうぞご期待ください!

『芸歴50周年 桂文珍 国立劇場20日間独演会』

【出演】
桂文珍

【日時】
2020年2月28日(金)~3月8日(日)/2020年3月15日(日)~3月24日(火)
開場:13:00 開演:14:00 ※全20ステージ

【場所】
国立劇場 大劇場(東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅1番出口より徒歩5分)

【チケット】
■文珍シート(20日間通し券)
受付期間:9月10日(火)11:00 ~ 9月17日(火)11:00

■一般チケット
受付期間:11月2日(土)午前10時より一般販売開始
先行販売限定:11月1日(金)までにチケットをお買い求めいただいた方全員に特製手ぬぐいをプレゼント

チケットよしもと(Yコード:108146):http://yoshimoto.funity.jp/
公式サイト:https://bunchin2020.jp/

【関連記事】