3月3日(日)22時より、NHK BSプレミアムにてスタートするドラマ『我が家のヒミツ』。

この作品のマスコミ向け先行試写会が2月19日(火)に開催され、主演の佐藤仁美、ココリコ・田中直樹、永井大が登壇しました。

本作は、奥田英朗による同名の人気短編小説集をドラマ化したもの。オムニバス形式で全5回にわたって放送され、それぞれ違う4人の妻を連ドラ初主演の佐藤仁美が“ひとり4役”で演じます。

田中が演じるのは、第1話『IDはサニーデイ』に登場する主婦・山本紀子(佐藤仁美)の夫・清志。出張が多い会社員で、“高品質なスピーカーを買って、レコードプレイヤーで音楽を楽しむ老後を夢見る”という役どころです。そのほか、第2話の夫を八嶋智人、第3話の夫を永井大、第4&5話の夫を岸谷五朗が演じます。

第1話は、家族から空気のように扱われている紀子が、使わなくなったピクニックテーブルを処分するために、妹から勧められたネットオークションに挑戦する場面からスタート。オークションで得る好評価で承認欲求を満たしていくうち、夫・清志に秘密を持ってしまいます。

一方、清志は会社の後輩から「浮気の可能性があるのでは?」と囁かれ、紀子の行動が気になり出し……。気遣いを忘れた家族4人によるアットホームな展開は、ほっこりしつつもクスッと笑えること間違いなしです。

試写会終了後、佐藤は「1人4役をやるというプレッシャーを感じつつ撮影に挑みました。結婚する前にいい経験ができたなと。今年、来年あたりに活かせたらと思います」とウィットに富んだ挨拶で、場を和ませます。

「(佐藤が)4役を演じられるということで、面白い試みだなと思って参加させていただきました」と切り出した田中。「1話は温かさのなかにハラハラドキドキするところも、ちょっと笑えるようなシーンもある素敵なお話になっています」と出演回をアピールします。

また、オークションで承認欲求を満たしていくストーリーについては「SNSでも、いいねが多くつくことで承認欲求を満たしている話もありますし、今の時代にマッチしているなと思いました」と分析しつつ、「って、SNSを一切やっていない僕が思いました」と自虐的に語り、隣にいる佐藤の笑いを誘います。

出張が多い夫役ということもあり、「田中さんとはほとんど絡みがなかった」と話し佐藤。電話のシーンは「田中さんをイメージしながら、田中さんのほんわかとした奥さんだったらこういう感じなんだろうな、と思いながら。役については、小倉優子さんみたいなお母さん像をイメージして演じました」と回想します。

 

 

一緒のシーンはあまりなかったとのことですが、田中は「蓋を開けてみたらこれだけだったんですねって思うくらい、リアルで中身の濃い撮影でした」と振り返ります。

佐藤とはバラエティ番組でも共演しており、「いつもは男前で裏表のない印象なんですけど、このドラマの1話ではすごくおっとりした、女性的な奥さんを演じていた。それがリアルで生々しくて、本当の佐藤さんはどれなのかわからなくなるというか……」と身振り手振り大きく、何度も名前を呼んで、佐藤の名演を必死で伝えようとする田中。

すると、突然ハッと我に返ったように「僕、“佐藤さん”って言いすぎですか?」とポツリ。報道陣からドッと笑いが起こります。

その後も3人で撮影シーンを振り返った際、名前を何度も呼ぶ永井に、思わず佐藤が「“佐藤さん”多くない?」と冗談交じりにツッコむなど田中のネタを引っ張り、終始和やかな雰囲気で会見は終了しました。

プレミアムドラマ『我が家のヒミツ』は、3月3日(日)22時よりNHK BSプレミアムにてスタート。この放送に先駆けて、NHK BS4Kでは2月27日(水)8時25分よりオンエアされます。第1話『IDはサニーデイ』で夫・清志を演じる役者・田中に、ぜひ注目してください!

NHK BSプレミアム ドラマ『我が家のヒミツ』

原作:奥田英朗
出演:佐藤仁美、田中直樹、八嶋智人、永井大、岸谷五朗ほか
語り:YOU

【放送予定】

3月3日(日) NHK BSプレミアムにて放送開始 毎週日曜22時より
2月27日(水)NHK BS4Kにて放送 毎週水曜日20時25分より