お笑い芸人として活動しつつ、絵本制作やビジネス書執筆、自身のサロン立ち上げなど、幅広い分野であらゆるプロジェクトを成功させてきたキングコング・西野亮廣。

そんな彼が2013年に開始したクラウドファウンディングの合計金額が、2019年2月に“2億円”を突破しました!

これまでに合計8つのプロジェクトを立ち上げ、いずれも成功させてきた西野。2017年には「誰でも古本屋を出店できるプラットフォームを作りたい」という想いから、「店主が読んで、店主が“しるし”を入れた世界に一冊だけの本」を取り扱う古本屋として『しるし書店』をオープンするなど、数々のイベントやサービス、プラットフォーム構築などを手掛けています。

これまでのクラウドファウディングについて

(1)2013年「キングコング西野亮廣、NYで原画展開催〜あたしをNYに連れてって!〜」
⇒¥5,311,000 支援者数585
(2)2015年「キングコング西野の常識破りの手法の絵本作りに支援を!」
⇒¥10,131,400 支援者数3293
(3)2016年「キングコング西野の個展『えんとつ町のプペル展』を入場無料で開催したい!」
⇒¥46,373,152 支援者数6257
(4)2017年「誰でも古本屋を出店できるプラットフォームを作りたい」
⇒¥9,610,136 支援者数1602
(5)2017年「クラウドファンディングで講演会のオファーを受けつけたい」
⇒¥45,950,380 支援者数2288
(6)2017年「キンコン西野の新サービス『レターポット』の開発費用を集めたい」
⇒¥11,220,863 支援者数1667
(7)2018年「【えんとつ町のプペル美術館】をつくりたい!by キンコン西野」(SILKHAT)
⇒¥62,561,500 支援者数2404

さらに現在、よしもとが西野と共に立ち上げた芸能界初のクラウドファンディングプラットフォーム『SILKHAT(シルクハット)』にて「キンコン西野新作個展『チックタック~光る絵本と光る満願寺展~』を開催したい!」というプロジェクトをスタートさせています。

2/20(水)時点で支援者数 614人、支援金額は12,039,000円と、大台の1,000万円超えを達成!

『SILKHAT(シルクハット)』
よしもと芸人を中心とした表現者が叶えたいクリエイティブな夢をサポートするためのクラウドファンディングのプラットフォームです。よしもと所属タレントだけではなく、クリエイティブな夢のためであれば、誰でも簡単にプロジェクトの申請を行う事ができます。プロジェクト審査に合格すればSILKHAT事務局が、表現者のクリエイティブな夢の成功を支え、表現者とファンの新しい関係づくりを支援していきます。

シルクハット公式サイト

今回の2億円突破をうけ、西野は「『作り手』と『受け手』で線引きをせず、これからも誰も見たことがないエンターテイメントを“皆さんと一緒に”作っていきたいと思います。いつもありがとうございます」とコメント。

いつも周りがアッと驚くような企画を発案し、いくつも成功に導いてきた西野。彼の活躍から、ますます目が離せません!