9月16日(月・祝)〜11月17日(日)の期間、大阪府内全域で『大阪文化芸術フェス2019』が開催されることが決定!

開催に先立ち、9月4日(水)に概要記者発表会が行なわれ、吉村洋文大阪府知事をはじめ、参加者のコシノジュンコ、桂文枝、倖田來未、百花繚乱、SCANDAL(HARUNA、MAMI、TOMOMI、RINA)、能勢人形浄瑠璃鹿角座、『energy〜笑う筋肉〜』パフォーマー陣、MCに中島ヒロトが登壇し、プログラムに対する意気込みなどを語りました。

今年で早くも3回目を迎える「大阪文化芸術フェス」は、大阪が誇る上方伝統芸能や上方演芸をはじめ、音楽、演劇、アート、ファッションなど、多彩な文化の魅力を国内外に広く発信。外国人観光客も多く呼び込むことにより『国際エンターテインメント都市としての大阪』の実現を目指します。

関連記事:吉本新喜劇メンバーも仰天!未体験のスポーツミュージカル「energy」ゲネプロへ潜入!

 

大阪を盛り上げる豪華な顔ぶれが勢揃い!

吉村大阪府知事は、「まさに大阪・関西という魅力が花開いている時期。そんななかでみなさんと一緒にできること、非常に楽しみにしています」と期待の表情を見せます。さらに2025年開催予定の大阪・関西万博にも触れ、「10年前、15年前は、大阪はちょっと元気がありませんでした。でも今は“上を向いていこう”という空気が出ています。大阪府としても全力で大阪を元気にしていきたいと思います」と意気込みを語りました。

10月19日(土)、『“SENSE”〜ファッション+落語』に参加するコシノは、「令和の時代になり、新しいコラボレーションとして落語の“和”とファッションの“洋”のコラボレーションを見せたい」と見どころを明かします。

そして、コシノのファッションショーで落語を披露する文枝は「見せることと、語ることが融合したらどうなるのか。先生がいろいろお考えだと思いますので、私もおもしろいものができるように協力したいと思います」と期待している様子。

さらに文枝は、10月8日(火)に生まれ故郷である堺市にて行なう予定の『桂文枝独演会』について、「河内音頭でコラボしたり、若い方にも観に来ていただくために(お笑いトリオの)ロバートと一緒にコントをしたり、いろんなことを考えています」とアイデアを披露しました。

続いて、2020年にデビュー20周年を迎える倖田は、11月7日(木)・8日(金)に『大阪文化芸術フェス2019 KODA KUMI LIVE JAPONESQUE re(CUT) 』を開催。「私は京都出身ですが、デビューした高校生の頃、制服のまま大阪に出向いてスタッフの皆さんに勉強させてもらいました。倖田來未の地盤を作ってくれたのは大阪だと感じています!」と大阪への強い想いを明かしました。

SCANDAL、思い出の地でスペシャルライブ開催

10月5日(土)に『大阪文化芸術フェス2019 DREAMLIVE FM802✕SCANDAL -SPECIAL STAGE-』に出演する人気ガールズバンド・SCANDALからは、HARUNAがメンバーを代表して挨拶。「結成したのも大阪の京橋、節目にいつもライブをやってきたのも大阪。何より、大阪城公園、通称“城天(しろてん)”でストリートライブを始めたのがライブ活動のスタートです。思い出深い場所の近くにできたホールでライブをやらせていただけるのがうれしいです」と笑顔でライブへの想いを語りました。

11月1日(金)〜10日(日)に開催される『energy〜笑う筋肉〜』のパフォーマー陣からは、おかえいりが「春公演では、お子さんから大人までたくさんの方に楽しんでいただきました。関西発のスポーツミュージカルとして手応えを感じています」と挨拶。今回の公演にも意気込んでいました。

10月27日(日)に開催される『ニコニコ町会議in大阪文化芸術フェス2019』からは、ニコニコ生放送出身のタレント・百花繚乱が登場。「とくに大阪は吉本の芸人さんをはじめ、お笑いにすごく熱量のある方が集まってくださり、他の会場に比べて笑顔が多いので、今回もいろんな笑顔が見られるのではと思います」と期待を込めました。

桂文枝&吉村大阪府知事、倖田來未ライブを鑑賞!?

会見後のインタビューには文枝と吉村大阪府知事、倖田が登場。倖田が今回のライブについて「“おいらん”がテーマ」と明かすと、吉村大阪府知事が「一緒に観に行きましょうよ!」と文枝をライブに誘う一幕も。それを受けて倖田は「うれしい!おふたりの座席にペンライトを用意しておきます」と笑顔で答えていました。

続いて文枝とコシノの囲み会見では、コシノが「文枝さんと一緒にやれるのがうれしい。いい“センス”でやろうと思っています」と改めて意気込みを語ります。

また、前回の「大阪文化芸術フェス2018」で大阪府庁舎にて行なわれたコシノのファッションショーで、文枝がフィナーレにランウェイを歩いたことにも触れ、「気持ちよかったです」と文枝。これを受けてコシノも「やみつきになりますよ。今回もよろしくお願いします」と笑顔を見せました。

大阪で脈々と受け継がれる伝統芸能や上方芸能から最新のカルチャーまで楽しめる『大阪文化芸術フェス2019』。ぜひ遊びに来てくださいね!

『大阪文化芸術フェス2019』

開催期間:9月16日(月・祝)~11月17日(日)

会場:万博記念公園、大阪府内各会場

公式サイト:https://osaka-ca-fes.jp/

【関連記事】