8月30日から9月1日の3日間、SKY EXPOにて、「AICHI IMPACT! 2019」が開催されました。

中部国先空港セントレアに隣接するSKY EXPOが8月30日にオープンすることを記念し、こけら落としとして開催された本イベント。昼間の時間帯はeスポーツイベントが、夜の時間帯ではK-POPのライブが行われました。同時に「アイチ エンタメフェス」も展開され、グルメイベントやライブなども行われていました。

今回は、その中から、8月31日に行われたeスポーツイベントの様子をレポートします!

オープニングは、ニコニコ動画やYouTubeで活躍著しいピアニスト、まらしぃによるライブでスタート。メイン司会のココリコが高らかにAICHI IMPACT!2019の開幕を宣言します。
最初のイベントは「グランツーリスモ エキシビション」。10月に開催するいきいき茨城ゆめ国体の文化プログラムに出場する選手の壮行会となっており、少年の部からは水野航希選手と下村勇貴選手、一般の部からは川上奏選手と長和樹選手の計4選手が出場しました。さらにプロレーサーである大嶋和也選手と牧野任祐選手と大村愛知県知事とレイザーラモンRGが加わり、4対4のリレー形式の試合で対決。注目は何と言っても一般の部の川上奏選手。川上選手は「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2018」のマニュファクチャラーシリーズでレクサスチームの一員として優勝したトップレベルの選手であるだけに、観客の期待も高まります。

RGのスピンで大幅リードを稼いだ大村知事からバトンタッチされたプロレーサー。大嶋和也選手がスローダウンし、牧野任祐選手が追いつくのを待つという忖度をみせ、追いついてきたところでレース本番がスタートします!

何度も牧野選手に接触されるというアクシデントがありながらも、両チームとも次の少年の部にバトンタッチ。選手たちは国体出場選手としての実力を遺憾なく発揮し、最後は一般の部へ選手交代。激しいデッドヒートを繰り広げるものの、世界チャンピオンの意地を見せた川上選手が逃げ切り、知事チームが勝利を収めました。

世界大会優勝者やプロレーサー、そして初心者が入り混じってバトルできるのは、eスポーツならでは。終始熱い展開には解説の脇阪寿一氏も大興奮でした。
試合終了後に大村知事は、愛知は自動車の町であり、2026年にはアジア大会も開催されると前置きしたうえで、「2022年のアジア大会ではeスポーツが正式種目になると見られており、愛知でもeスポーツの開催をしたい」とにっこり。

なぜ脱ぐ……細マッチョVS筋肉芸人!? ストVで対決

続いてのイベントは芸能人・ストリーマー最強決定戦。1種目めは『ストリートファイターVアーケードエディション(以下ストV)』で、ゴールデンボンバーの歌広場淳とマヂカルラブリーの野田クリスタルの対戦が行われました!

歌広場といえば、芸能界屈指のストVの腕前を誇り、オンラインランキングはマスタークラス。一方の野田クリスタルもダイヤモンドクラスとこちらもかなりの腕前なだけに、勝負の行方に注目が集まり大盛り上がりとなりました。

初戦を勝ち取った歌広場はイケイケ状態! 上着を脱ぎ捨て2戦目に挑みます。野田クリスタルも負けじと上着を脱ぎ、筋肉芸人の実力を遺憾なく発揮。細マッチョの歌広場を圧倒します。

しかし、勢いに乗った歌広場を止めることができなかった野田はまさかの5連敗! 5本先取の試合とあってここで試合は決着するも、あまりの早期決着にイベントの時間はまだまだ残っているという状況。

この結果、野田クリスタルによる泣きの一戦での勝敗決定と変更が入ります。

状況をみたメイン司会のココリコ田中は「泣きの6戦までできるのでは?」と提案。ここで野田は緊張が解けたのか、これまでの試合とは別人のような動きをみせ、2ゲーム連取で勝利!

ただ、この結果には、歌広場、野田双方が納得いかず、さらにもう一戦。歌広場が勝利し締めくくりとなりました。贔屓目にみても、最後の一戦はかなりの好勝負で、まさに芸能界ナンバー1決定戦にふさわしい試合でした!

シャドバ実力者・霜降り粗品はユーチューバーに挑戦

2種目めは『シャドウバース』。霜降り明星の粗品とユーチューバーのもこうによる対戦です。粗品はオンラインランキングに入ったこともある実力者。対するもこうは『シャドウバース』を広く知らしめたユーチューバーのひとりです。試合結果は2勝1敗でもこうの勝利!粗品も一矢報い、実力の高さを示しました。

続くイベントは、ゲーム音楽を題材にした『ドリームミュージック』。先ほど出場した歌広場や霜降り明星がゲーム音楽について語り合います。それぞれの思い出のゲーム音楽を挙げ、その楽曲をまらしぃが生演奏するというなんとも豪華なコーナーでは、歌広場がリクエストした『ストリートファイターII』のケンのステージ、霜降り明星・粗品がリクエストした『東方プロジェクト』の曲など、数曲をメドレーで披露し、会場を魅了しました!

最後はいよいよ『ストリートファイターVアーケードエディション』AICHI IMPACT!2019 スペシャルトーナメントです。海外から2名、国内から2名のトッププロ選手を招聘。残りの4枠を当日の予選トーナメントで決め、計8名で対戦します。招聘された4名の選手たちは、東大卒プロゲーマーとして人気実力ともにトップクラスのときど選手、昨年のカプコンカップ優勝者である世界チャンピオン・ガチくん選手、シンガポールの天才ゲーマーXian選手、そして若き実力者menaRD選手。eスポーツファンにとっては「この4人のためにだけにAICHI IMPACT!に来ても損はない!」と言い切れるほどのメンバーに、会場は大いに沸きました。

当日予選を勝ち抜いたのは、ジョジョ太郎選手、とりは選手、カワノ選手、パウエル選手の4名。いずれも大会常連の選手やプロ選手と言う実力者で招待選手を脅かすには十分です。

しかし、さすがは招待選手。予選を勝ち抜いた愛知勢を蹴散らし、3名の選手が準決勝へ進みます。唯一勝ち残ったのは、menaRD選手を下したカワノ選手。そのカワノ選手もXian選手に惜敗。勝負の行方を皆が真剣に見つめる中、ときど選手とXian選手を撃破したガチくん選手が優勝! 昨シーズンのチャンピオンながら今年はまだ優勝戦績がなかっただけに、嬉しい勝利となりました。

今回のAICHI IMPACT!2019のeスポーツステージは、グルメイベントやK-POPなど、もともと他の目的で訪れた観客も多く、初めてeスポーツに触れたという人も多かったのですが、広く皆さんがeスポーツの盛り上がりや楽しさを堪能できた様子でした。eスポーツがもっと気軽に楽しんでもらえたらという出演者の想いも伝わり、裾野を広げる機会になったようです!次回はぜひ会場に足を運んでみてくださいね。

見逃した方は以下からご覧ください!
TwitchJPのAICHI IMPACT 2019をwww.twitch.tvから視聴する

【関連記事】