今年1月、東京・有楽町マルイで開催され大好評を博した、天竺鼠・川原による『Maenomeri展』が、6月の『天竺鼠川原克己Maenomeri展〜大きいMaenomeriの前の小さいMaenomeri〜』(大阪・なんばマルイ)を経て、いよいよ大阪に本格上陸!

展示規模はなんと東京の2倍、50点近くの新作を加えた、その名も『大きなMaenomeri展』が、8月30日(金)〜9月8日(日)、大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)にて開催されています。

今回は、川原が考案したキャラクター『おでこ取れちゃったくん』の着ぐるみ制作をクラウドファンディングで実現。開幕前日の8月29日(木)に行なわれたプレオープンイベントには、そのリターンとして協力してくださった方々を特別に招待し、完成した着ぐるみをお披露目しました。スペシャルゲストも迎え、大盛り上がりとなったその模様をレポートします!

着ぐるみのクオリティの高さにどよめき!

展示スペースのひとつである小さな部屋には、この春、インスタグラムを賑わせた川原の“お花見写真”が壁一面を飾り、人工芝が敷かれています。そこでピクニックのようにのんびり座る参加者のもとに川原がやって来て、「着ぐるみが完成しました。すごいですよ! 皆さんのおかげで、完璧なものができました!」とまずは報告とお礼を。続いてこの日のゲスト、セルライトスパ(肥後、大須賀)とラニーノーズ(洲崎、山田)を呼び込みます。

関連記事:天竺鼠・川原、“終わらない花見”投稿にファンブチ切れ「まだやっとんかい」

 

事前に会場を見て回り、「でかさにびっくりした」(大須賀)、「なんばパークスで見た時よりグレードが上がってる」(洲崎)と大絶賛する2組ですが、なぜか肥後の姿が見えず……? そんななか、いよいよ「おでこ取れちゃったくん」の着ぐるみが拍手と歓声に迎えられ登場!  “取れたおでこ”がきっちり収まる仕様になっているなど、クオリティーの高さにどよめきが止まりません。

ここでようやく、「あれ? 肥後が来てない……」と川原。「もしかして?」と「おでこ取れちゃったくん」の“中の人”に疑惑の目が向けられたところで、「すいません、遅刻しました」と後ろから肥後が登場!? 川原が仕込んだボケに場内爆笑となりました。

4カ所に忍ばせた“隠れダイアン”も見逃せない!

この後も、「今日しか無理なんで、僕が着たい」と自分が着ぐるみの中に入ることを提案したにも関わらず、何度も「なすびくん」のまま戻ってくるなど、ボケ倒し。ついには頭の部分だけをかぶった状態で登場し、大喜びでシャッターを切る来場者に「この写真は墓場まで持っていって」とクギを刺して笑わせました。

今回は川原の解説付きで、会場内を見学するという嬉しいサービスも。子どもも一緒になって遊べるスペースや、記念写真が撮影できるコーナーなど、楽しい仕掛けがあちこちに。もちろん、おなじみの4コマ作品や個性が炸裂するイラストや油彩画、大規模な立体作品、体験型作品などもたっぷり用意。天竺鼠のコントで使用された“あの小道具”たちもズラリ勢揃いしています。

これらの展示を巡りながら、「一番、気に入ってるのはプロフィール写真」と撮影秘話を明かしたり、展示作品「時が経てば経つほど腹立つフォト」の中で“どれが一番、腹立つか”をゲストや来場者と話し合ったり、記念撮影をしたりと、楽しいひとときを過ごした参加者たち。なお、同展のお楽しみのひとつとなっている「隠れダイアン」は、今回、4カ所に潜んでいるのだとか!

観覧する際は、ぜひ探してみてください。

関連記事:和牛・川西も餌食に…天竺鼠・川原の“クセがすごい”ノブイジリ投稿に新展開

 

クラウドファンディング達成の瞬間は「眠た〜い」!?

ラフマガでは、イベントを終えた川原にインタビューを敢行。クラウドファンディングの裏話や同展の楽しみ方などを聞いてきました!

――タイトルに「大きな」という言葉が付いていますがが、これまでの個展からどのあたりがパワーアップしたんですか?

作品数が増えたことはもちろんですが、大きな会場なので、空間で遊べるところができたし、大きな絵も描けるし……できることが増えた感じですね。小っちゃい絵も、大きい会場に展示するからこそ面白くなるかな、と。

――クラウドファンディングで「おでこ取れちゃったくん」の着ぐるみも実現しました。

最初は自分のお金で作ろうとも思ったんですけど、それではもったいないな、と思って。皆さんに協力してもらって、お金を出し合った方が、「何に出し合ってんねん」っていう面白さがある。言ってみれば、みんなでボケを共有したかったということですね。

――たくさんの方が参加されましたね。

“集まらなくてもいいかな”と思っていたのに、たくさん集まって……達成した時は、感動して泣いて、「眠た〜い」……「眠たいんかい!」って一人で言ってしまいました。クラウドファンディングって、誰かを助けたいとか学校を建てたいとか、感動的なものが多いので、「おでこ取れちゃったくん」はちょっとふざけてる感じがしたんですけど、最後はちゃんと感動しましたね。みんなで何かを生み出すことってすごいなと思いました。

親バカ炸裂?「我が子が活躍するところを見たい」

――制作する上で、苦労したところは?

職人さんに「おでこ取れちゃったくん」のことを説明する時、「え? 何が取れたの?」って(笑)。「すいません、おでこが取れてるんです」「何で取れたの?」「いや、何で、とかはないんですけど……」っていうやりとりが続きました。本当に純粋な質問をされるので、自分で考えたボケをずっと説明するのがすごい恥ずかしかったです。

「両親はいるの?」とか、細かい質問をたくさんされてハッとしました。「あ、“おでこ取れちゃったくん”にも人生があるんだ」ってことに気づいたんです。

――「おでこ取れちゃったくん」に人格が生まれた瞬間ですね。

何かが生まれるって、こんなに感動するんだって。僕は子どもとかいないですけど、本当に我が子が生まれたぐらいの嬉しさでした。

――今回の個展後は、どこで「おでこ取れちゃったくん」に会えるんでしょう?

その機会を作るために、また新しいイベントを考えるかもしれません。やっぱり我が子が活躍してるところを見たいですから……。今後、あの子のためにも考えていきたいなと思ってます。親心っていうんですかね、どんなにお金がかかっても痛くありません。いつかは全国で個展をやりたいと思っているので、連れていってあげたいですね。

――楽しみです! では最後に、観覧される方に楽しみ方のアドバイスをお願いします。

来て、観てる時はテンションも高くなってますし、「楽しい!」ってなると思うんですけど、帰って寝る前に冷静になると、「あれは何だったんだ……?」と腹が立ってくると思うんですよ。「私は何にお金を使ったんだ?」「何に時間を使ったんだ?」という。でもちょっと笑ってしまうし……そんないろんな感情のまま寝て、変な夢を見て、変な汗をかいて、変な時間に起きてほしい。そこまでがセットです!

川原の世界観をギュッと詰め込んだ、過去最大規模の『大きなMaenomeri展』。かまいたち、アキナ、アインシュタインら豪華ゲストを招いてのトークイベントも予定されており、二度、三度と楽しめること間違いなし。皆さん、ぜひ遊びにきてくださいね!

関連記事:かまいたち、藤崎、天竺鼠「帰ってきた同期ライブ」が帰ってくる!

 

天竺鼠川原克己 大きなMaenomeri展

【会期】
2019年8月30日(金)〜9月8日(日) ※9月2日(月)は休館

【時間】
11:00〜20:00

【会場】
大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)

【料金】
500円(未就学児童入場無料)

【お問い合わせ】
チケットよしもと予約問合せダイヤル 0570-550-100(10:00~19:00)

☆トークイベント「大きなMaenomeriトーク」

8月31日(土)
17:00〜18:00 ゲスト:トット
19:00〜20:00 ゲスト:ヒガシ逢ウサカ

9月1日(日)
13:00〜14:00 ゲスト:スーパーマラドーナ
15:00〜16:00 ゲスト:クロスバー直撃、ロングコートダディ
17:00〜18:00 ゲスト:プラス・マイナス

9月3日(火)
11:00〜12:00 ゲスト:金属バット
13:00〜14:00 ゲスト:かまいたち
15:00〜16:00 ゲスト:藤崎マーケット

9月4日(水)
16:00〜17:00 ゲスト:見取り図
19:00〜20:00 ゲスト:吉田たち

9月7日(土)
14:00〜15:00 ゲスト:ラニーノーズ
17:00〜18:00 ゲスト:アキナ
19:00〜20:00 ゲスト:アインシュタイン

9月8日(日)
14:00〜15:00 ゲスト:祇園、ツートライブ
19:00〜20:00 エンディング ゲスト:天竺鼠・瀬下、ヒューマン中村

※いずれも別途入場券が必要です。イベント前売り券2,000円、当日券2,500円

【芸人記事まとめ】

【関連記事】