カジサックこと、キングコング・梶原雄太が8月26日(月)にInstagramを更新。自身のYouTubeチャンネル『カジサックの部屋』にて、渡辺直美との動画をアップしたことを報告しました。

『カジサックの部屋』といえば、今やチャンネル登録者数が118万人(2019年8月現在)に上るほどの人気チャンネル! 今回実現した夢のコラボに、動画を観たファンからは興奮の声が続々と届いているようです。

関連記事:【速報】遂に達成!! 芸人引退をかけたカジサック、チャンネル登録100万人突破し公約クリア!

 

はねトび世代の直美、「ビヨンセ誕生秘話」を告白!

8月24日(土)に「【神回】渡辺直美さんが部屋に来てくれました」のタイトルでアップされた今回の動画。カジサックは「なんと!あの渡辺直美さんが部屋へ来てくれます!」と、オープニングから大興奮の様子です。

実はカジサックのYouTubeチャンネルを、開始当初からチャンネル登録していたという渡辺。冒頭部分では「やっぱりキンコンさんは特別スターだなと思いました」と尊敬の念をあらわにしました。

お笑いのルーツについて問われると、小学生の時から「はねトびのコントを見ていた世代」とし、そこからコント芸人になりたいと思ったのがきっかけだと語ります。また中学生の時に、ルミネtheよしもとでキングコングの舞台を観て「こういうお笑いの舞台もあるんだ」と思い、吉本に入ることを決めたのだとか。

またNSC時代に話が及ぶと、当時の相方が同期であるジャングルポケット・斉藤慎二と交際をしていたことを暴露。それをきっかけに渡辺と斉藤が親交を深めてコントなどをはじめたことで、相方がNSCを中退し、コンビを解消してしまったという過去も明かしました。

渡辺といえばビヨンセのモノマネで一躍大ブレイクしましたが、その誕生秘話も告白。NSC卒業後に受けたオーディションで、特技を披露する際に特に持ちネタがなかった渡辺は、その頃ビヨンセが出演していたミュージカル映画『ドリームガールズ』にハマっていたことから、“ビヨンセのバラードをかけて踊っているように見せる”という斬新なモノマネが誕生したとのこと。それを受けてカジサックは「そこで生まれたんですか? それを今日聞きたかった!」と興奮気味な様子でした。

関連記事:渡辺直美、憧れのglee俳優と2ショットで「鼻血ダダ漏れ…」

 

YouTubeのコメント欄には「芸人さんってテレビではなかなかご自身のお話をされる機会が少ないから、芸人さんコラボは面白い」「カジサックとコラボした人、なぜかコラボする前より好きになる!カジサックはゲストの良さを引き出すのが上手すぎる」と、今回の動画を絶賛するコメントが殺到。そして「すげー世界で活躍する直美さんだー」「すごい!世界の渡辺直美は神!」と、国内外で活動する渡辺の出演を喜ぶ声も見られました。

さらに動画アップの告知として、カジサックはInstagramに2ショット写真を投稿。Instagramにも「いつも私の笑いを作ってくれてありがとうございます」「このお二人のコンビ大好きです」なとど動画への反響が寄せられています。

 

やらかしまくり!? 「いいとも!」の裏話を暴露

8月25日(日)には、「【裏話】渡辺直美さんが海外進出した理由とは」のタイトルで、前回の動画に収まり切らなかった裏話トークをアップしました。

当時はまだ駆け出しの若手ながら、『笑っていいとも!』の『いいとも少女隊』に大抜擢された渡辺。舞台などの多忙なスケジュールが相まって、早朝からのリハーサルに遅刻をしたり、番組中に居眠りをしたりしたことをぶっちゃけ、「タモリさんごめんなさい!」と懺悔しました。

また、動画では『ピカルの定理』(フジテレビ)の裏話にも言及。これには「めちゃイケ、はねトび、ピカルの定理全部観てたな~ほんと全部おもしろかった」と懐かしむ声や、「めちゃイケ、はねトび、ピカル一夜限りでもいいから復活してほしいw」と望む声もあがりました。

過去にはチュートリアル・徳井義実やNON STYLE・石田明といった豪華ゲストを迎え、話題となっている「カジサックの部屋」。新たなる“神回”に、今後も期待したいですね!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】