松村惇史、ピスタチオ・小澤慎一朗、ダイヤモンド・小野竜輔、西村ヒロチョら“塩顔”の男芸人4人によるエアバンド『SALTY’s』。そんなSALTY’sの単独初舞台公演『#モテたい』が、2月8日(金)~11日(月・祝)、東京・神保町花月にて開催されました。

本作は、大学で出会った塩村(松村惇史)、塩澤(ピスタチオ小澤)、塩野(ダイヤモンド小野)、塩チョ(西村ヒロチョ)の4人が「モテたい!」という一心でバンドを結成し、初ライブを行うまでの軌跡が描かれる青春ストーリーです。

4日間の公演が全て満席となる大盛況ぶりを見せた本公演。ここではその千秋楽の模様をレポートします。

前途多難な初ライブまでの日々

ボーカルの塩村は、モテたいがために塩澤、塩野、そして唯一サックスが吹ける塩チョとエアバンドを組み、活動を始めます。しかし、ずっと練習しかしていなかったため、結成から1年経った今でも全くモテていないという体たらく。

やっと「ライブをしなければモテない」ということに気づいたメンバーたち。塩村は自身がバイトするライブハウス『ソウキス』で初ライブを計画します。

しかし、お客さんが集まらず、チケットを全てメンバーで買い取らないといけなかったり、『ソウキス』の一番人気バンド・ブラックペッパーズのメンバーにバカにされたりと、前途多難な日々が続きます。

そんななか塩村は、片思いの相手・マキ(葵夏美)を想って作った新曲を塩チョと完成させるのですが、塩澤の軽率な行動から、大切な新曲をブラックペッパーズに盗作されるハメに。友情に亀裂が入り、空中分解してしまったSALTY’s。塩澤は塩野の助けを借り、なんとかバンドを再結成しようと奔走するのですが……。

複雑な恋愛模様に、謎の男…

塩村の想い人が、実は塩澤の片思いの相手だったり、塩チョの好きな相手が、かなり年上の学食のおばちゃん・歌子さん(LOVE・奥村)だったりと、恋愛模様もなにやら複雑なSALTY’sのメンバーたち。

脇を固めるのは、塩澤とマキのバイト仲間役を演じるTEAM BANANAや、メジャーデビューしたばかりにもかかわらず、年末には武道館ライブの開催を控える大人気バンド・ブラックペッパーズのメンバー役の弓場雄二郎、ダイヤモンド・野澤輸出、ピスタチオ・伊地知大樹。

ブラックペッパーズは、SALTY’sの「サラサラサラ~」と言いながら塩を振る決めポーズに対抗し、ペッパーミルでコショウを挽き、最後にくしゃみをするという決めポーズで観客の笑いを誘います。

塩村がソル太に話しかけているシーンに限って現れ、良いことを言って去っていく謎の男に、「もしかしてソル太が人間の姿になって現れているのでは?」と感じた観客も多かったはず。

また塩村が、心の支えにしている小さなマスコット人形・ソル太に話しかける場面では、突然仮面をかぶった謎の男(シャインハッピー・はぎちゃん)が現れ、毒舌ながらも思いやりのあるアドバイスをして去っていきます。

しかし最後の登場では、客席に背を向けて塩村にだけ素顔を見せ、「ほな!」とバリバリの関西弁で去っていく男。塩村は思わず「誰~!?」と叫び、謎に包まれたまま出番を終えました。

そして、塩村と塩澤の片思いの相手が同じ女の子だと知った塩チョ。このことを2人に打ち明けるかどうか、塩野と悩むシーンでは、なぜか2人ともミュージカル調で相談します。

終いには奇妙なダンスまで踊り出し、最後には「いったん飲みに行こう~♪」と歌いながら去っていくなど、アドリブらしいシーンも随所に見られ、何回見ても飽きない工夫が凝らされていました。

ラストは圧巻のライブシーン!締めはやっぱり「サラサラサラ~」

クライマックスのライブシーンでは、『やっぱ塩やねん』『Never 塩ding Story』『うすしおスクールデイズ』など、ファンにはたまらない代表曲たちが演奏されます。観客も総立ちになってペンライトを振り、会場の熱気はMAXに。

最後に観客も含めて全員で「サラサラサラ~」ポーズを決め、千秋楽公演は大盛況のうちに幕を閉じました。

塩野、元テゴネハンバーグ松村・弓場に「コンビ組んだら?」

公演終了後のアフタートークでは、テゴネハンバーグとしてコンビを組んでいた塩村と弓場が楽しげに話しているのを見た塩野が、「仲いいですね~。コンビ組んだらいいのに(笑)!」と2人をイジったかと思えば、塩澤とこの日の日替わりゲスト・伊地知にも同様の言葉を掛け、笑いを誘います。

そんななか、終盤に塩チョと歌子さんがめでたくカップルになるシーンで、塩チョが歌子さんにキスをしたことについて、奥村が「ドキドキがおさまってきたから聞くけど、なんでキスしたん!?」と塩チョに詰め寄ります。

すると塩チョは両手を広げて「こういうヤツなんですよ。誰かコンビ組む?」と完全に開き直り、笑いを誘います。

最後に塩村が「あったかいお客さんで、楽しかったです。ありがとう! また次回があったら、そのときも来てくださいね!」と4日間を振り返り、笑顔で呼びかけていました。

SALTY’sは、3月にCzecho No Republicとの対バンスペシャルイベント『塩チェコ ~トーク編~』と『塩チェコ ~ライブ編~』の開催を予定しています。そちらもお楽しみに!

 

塩チェコ ~トーク編~

日時:2019年3月13日(水)20:45開場 21:00開演
会場:東京・ヨシモト∞ホール
料金:前売 2,000円 当日 2,500円
チケット:2月23日(土)~チケットよしもとにて発売
出演:SALTY’s / Czecho No Republic
お問い合わせ:ヨシモト∞ホール 03-5728-8880  

 

shibuya eggman 38th Anniversary 塩チェコ ~ライブ編~

日時:2019年3月21日(木・祝)17:00開場 17:30開演
会場:shibuya eggman
料金:前売 3,000円 当日 3,500円(ワンドリンク代別)
チケット:2月23日(土)発売
出演:Czecho No Republic / SALTY’s
お問い合わせ:shibuya eggman 03-3496-1561

※両公演にご来場いただいたお客様にはプレゼント特典あり!(詳細は後日発表)