6月に大阪で行われたG20大阪サミット。
国内初開催となる20カ国・地域の首脳を招いてのサミット開催に際しては、大阪府警が阪神高速道路の主要区間を封鎖するなど、大々的な仕様変更が行われていたことは記憶に新しいかもしれません。
大阪府警は、一般道で深刻な渋滞発生が見込まれることを見越してマイカーの利用自粛を促しており、吉本興業グループはこの一連のマイカー自粛キャンペーンに対して様々な形で協力していました。
関連記事:間寛平、各国首脳と「アメマ」を叫ぶ!? G20大阪開催30日前イベント開催
安倍首相がG20の大阪開催周知、交通規制のご理解の呼びかけで吉本新喜劇に登場!
交通規制すんのか〜い!? 安倍首相の面前で「乳首ドリル」総理官邸を表敬訪問
その結果として、大阪府警察本部から、法人としての吉本興業株式会社とマイカー自粛CMに協力した西川きよしに対して感謝状が贈呈されました。

贈呈式は大阪府警察本部で行なわれ、府警本部トップの石田高久本部長から直々に「G20大阪サミットにおける交通総量抑制に向け、積極的な警察広報を推進し、安全かつ円滑な開催に向けた警察活動に貢献、協力してくれた」と吉本興業グループと西川きよしに感謝状が手渡されたとのこと。

石田本部長から「G20大阪サミットの期間、西川きよしさんを始め吉本興業グループの皆さんのマイカー自粛キャンペーンのご協力で市内の通行量が激減し、要人警護も滞りなくできました。感謝致します」と語りかけられた西川きよしは笑顔でこれに応え、今後も大阪の安心安全なまちづくりのために尽力すると語りました。

地元・大阪への貢献の想いを新たにしたきよし。
今後も目が離せません。

【関連記事】