2月18日(月)、なんばグランド花月で上演された吉本新喜劇に、人気アニメ『ドラえもん』から、ドラえもんとのび太が特別出演!

3月1日(金)に60周年を迎える吉本新喜劇と、同じく3月1日(金)に全国公開される『映画ドラえもん のび太の月面探査記』。その2つによる夢のコラボレーションに、会場からも大歓声が上がりました。

今回は、酒井藍座長率いる新喜劇メンバーとドラえもん・のび太による掛け合いで終始和やかな笑いに包まれたその公演の様子をレポートします。

ドラえもん、酒井イジり連発!「この人、ドラミよりず〜っと丸いよ!」

『映画 ドラえもん』シリーズ39作目となる本作では、大のドラえもんファンである直木賞作家・辻村深月が脚本を手がけ、広瀬アリス、高橋茂雄(サバンナ)、柳楽優弥ら豪華キャストが声優を務めることで早くも話題に。神秘的な月を舞台に、おなじみのキャラクターたちが大冒険を繰り広げるSFファンタジーとなっています。

そんな今作の世界を飛び出して、ドラえもんとのび太が降り立ったのは、月は月でも、なんばグランド花“月”の舞台上。酒井扮する小学生・藍と、ある理由から山を追われたウサギたちとの交流を描く新喜劇『ウサギ追いし土管公園!?』で、ふたりは物語の中盤、酒井が助けたウサギの仲間として登場しました。

ふたりの登場に「えーっ!」とどよめく客席に向かって、「ぼく、ドラえもんです!」「野比のび太です!」と元気に挨拶。のび太が酒井に向かって「あ! ドラミちゃんだ! 何だかちょっとイメージ変わった?」と声をかけると、酒井も「そうそうそう、お兄ちゃん、どら焼き食べようよ〜!……って、私、人間ですねん!」と鉄板ギャグで応戦。さらに、ドラえもんが「のび太くん、失礼だよ。この人、ドラミよりず〜っと丸いよ!」とかぶせると、酒井がドラえもんとのび太にパンチでツッコミを入れ、会場は大いに盛り上がります。

その後も、ウサギを追ってきた末成由美と烏川耕一に驚いたのび太が、「助けて、ドラえも〜ん!」と酒井に抱きつくなど、“酒井イジり”を連発。ドラえもんはひみつ道具を出すと見せかけ、「手でコチョコチョする〜!」とまさかの素手攻撃で末成らを撃退するなど、大活躍を見せました。

最後には、吉田裕から「なんで、こんなところにいてるの?」と話を振られ、「今回は、僕たちが月の裏側を舞台に大冒険するお話だよ!」と、映画「ドラえもん」をちょっぴりPR。最後は「『映画ドラえもん』、見に来てね〜!」と声を揃えて締めくくり、客席から大きな拍手が起こりました。

ひみつ道具の使い道は?「ビッグライトでめだか師匠をでっかく」

終演後の囲み会見には、酒井、末成、吉田、ドラえもんとのび太が出席。共演の感想を訊かれた酒井は、「今日のお客さんは大人の方が多かったんですけど、(ふたりが)出てきた瞬間、前の席に座っていたおじいちゃんが『あ! ドラえもんとのび太や!』って叫んで笑顔になって……」と、老若男女を問わない人気っぷりに感心していました。

「私よりも頭の大きい人に初めて出会った」と笑わせた末成も「みんなに愛されるドラえもんやなぁと改めて実感しました」と、その人気ぶりを肌で感じたようです。

吉田は「小さいころから見ていたドラえもんを間近で見ることができて嬉しかった」と喜びつつ、酒井が豪快にツッコミを入れたことにショックを見せる場面も。「グーでコーンとこづいていたので、腹立って腹立って……」と笑いを誘っていました。

また、「使ってみたいひみつ道具は?」という質問には、三者三様の回答。「タケコプター」を挙げた末成に、酒井が「由美姉さんは、いつもTバックを履かれているので、飛んだら丸見えに……」と言いかけ、周囲から待ったがかかります。

吉田は持ちギャグ「乳首ドリル」用の巻きザッパがかなり傷んできたため、「タイムマシーンで、いちばん音がよかったころに戻って取ってきたい」とのこと。酒井は「ビッグライトで(池乃)めだか師匠をめちゃくちゃでっかくしたい」と答え、笑いを誘いました。

酒井藍「新喜劇より緊張した」声優デビューでジャイアンと共演

また、もうひとつの目玉として、酒井が今作で声優に初挑戦していることも明かされました。カグヤ星で暮らす『カイア』を演じた酒井は、「映画のなかでジャイアンと喋ってるんですよ。『マジかよ……!』って思いました」と大感激。

役名も「サカイアイ」から取ったものだそうで、「こんなことしてもらったら、お金払わなアカンなと思った(笑)」と心境を語ります。また、八鍬監督の優しい演技指導により「まだ知らなかった部分がどんどん開花された」と、アフレコ現場でのエピソードも明かしました。

続けて「今日の舞台の出来は?」と訊かれると、「今日は45点。のび太くんは30点」と厳しい(!?)評価に。「ふたりはまだまだいけると思う」からこその辛口評で、座長らしく、厳しくも熱いエールを送ります。もしふたりが座員になってくれるなら「裕兄さん(吉田)の役をやってもらう」と即答し、吉田を戦々恐々とさせるひと幕も……。

なお「新喜劇より緊張した」という酒井の声優デビュー作には吉田も興味津々で、「どこで出てくるんやろうという期待があるので、映画の内容が頭に入ってこないかも(笑)」と心配しながらも、スクリーンで見られる日を心待ちにしていました。

新喜劇の舞台とは違う、酒井の新たな一面も見どころの『映画ドラえもん のび太の月面探査記』。ぜひ劇場に足を運んで、ドラえもんたちの大冒険を応援してみてくださいね!

また、今年3月1日(金)で60周年を迎える吉本新喜劇のワールドツアー情報も随時更新中! 詳細は、公式サイト(http://shinkigeki-60th.yoshimoto.co.jp/)をチェック!

映画『ドラえもん のび太の月面探査記』

3月1日(金)より全国東宝系にて公開!

原作:藤子・F・不二雄
監督:八鍬新之介
脚本:辻村深月

声の出演
水田わさび / 大原めぐみ / かかずゆみ / 大村昴 / 関智一 / 皆川純子 / 広瀬アリス / 中岡創一(ロッチ) / 高橋茂雄(サバンナ) / 柳楽優弥 / 吉田鋼太郎 ほか

 

吉本新喜劇60周年記念 吉本新喜劇ワールドツアー 〜60周年 それがどうした!〜

中国(上海) / シンガポール / マレーシア(クアラルンプール) / インドネシア(ジャカルタ) / タイ(バンコク)での海外公演が決定!

情報は随時発表! ツアースケジュールほか詳細は公式サイトでチェック!

公式サイト:http://shinkigeki-60th.yoshimoto.co.jp/