8月24日(土)、双子の漫才師・吉田たち(ゆうへい、こうへい)がよしもと天神ビブレホールにて『吉田たち 47都道府県漫才ツアーin福岡 1/47』を開催しました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン 写真左:こうへい、右:ゆうへい

コンビ初となる47都道府県ツアーの初日を、福岡で迎えた吉田たち。チケット完売の満席で、笑いに満ちた好スタートを切りました。

関連記事:吉田たち・ゆうへいの“世界一おもろい”スマホケースに反響 「どうやって作ったん!?」

 

こうへい、抽選で私物をプレゼント!?

『M-1グランプリ』準々決勝常連の実力派として定評のある吉田たち。弟・こうへいが書く“双子あるある”を活かしたネタは、性別・年代を問わず誰もが笑えるような正統派漫才です。今回は、今年1月に吉本新喜劇・井上安世と結婚した兄・ゆうへいをネタにした漫才なども披露してくれました。

関連記事:見取り図リリー、吉田たち・ゆうへいの妻を“キス”で略奪?「俺たちの戦いはまだ続く」

 

また、漫才の合間に会場からの質問に答える「ゆうへいが福岡でやりたいこと」や、こうへいの私物を抽選でプレゼントする「こうへいが福岡でやりたいこと」など、お客さんと交流ができ、会場をアットホームな雰囲気にするコーナーも。集まったお客さんも、大満足の様子でした。

吉田たちを直撃!結成15年目までの目標とは?

ラフマガでは、吉田たち(こうへい、ゆうへい)に、記念すべきツアー初日の感想やこれからの活動について話を伺いました。

——公演を終えてみていかがでしたか?

こうへい「最初の方は自分たちもふわふわしていましたが(笑)、楽しくできました。福岡は完売だったと聞いてうれしかったです。ありがたいですね」

——オープニングの映像では、福岡ソフトバンクホークスのユニフォームを着ているゆうへいさんの姿にお客さんも盛り上がっていましたね。福岡はいかがですか?

ゆうへい「ソフトバンクホークスのユニフォームを着ていくのは最初から決めていました。福岡に行くなら絶対着ていかなあかんなと。なんで手に入れたのかは覚えていないんですけど(笑)」

こうへい「福岡には全国ツアーで(訪れるのは今回が)3回目。毎年来させていただいていますが、大好きな場所ですね」

——今回は47都道府県ツアーでの第1回目が福岡ということですが、このツアーを実施されようと思ったきっかけは?

こうへい「単純に、やってみたかったんです。きっかけがあったというよりは、“テレビに出ている人だけがおもろい訳ではない”みたいな気持ちが少しありますね。“テレビに出ていなくても、おもろい人が大阪にいるんだぞ”というのを、全国のみなさんに無理やり観ていただきたい(笑)。2〜3年をかけて全国をまわろうかなと思っています。やってみて、結果は後からついてくるのかなと」

ゆうへい「結成して13年目になりますが、15年目を迎えるまでにはやり切りたいなと思っています」

——今日も女性のお客さんがたくさんいらしてましたね。

こうへい「多かったですね。すごくうれしいんですけど、もっと年上の方や同世代の男性にも観に来ていただきたいですね。ネタを作るときに、自分たちより年上の方々も笑かしたいという気持ちは2人とも常に思っていることです」

ゆうへい「僕らも、もういい年なので(笑)でも年上の方々に観ていただく機会も増えてきているので、徐々に変わってきている感じはあります」

——ネタはこうへいさんが書かれているんですよね? 双子ネタも多いですが、どんな風にネタ作りをされているのでしょう?

こうへい「僕が土台を作って2人で考えているのですが、0から1にしているのは僕だという自負はあります(笑)。普段から常にネタのことは考えていて、自転車こいでて思いつくときもあるし、机について考えて思いつくときもあります。他の方の漫才を観ていて、これを双子に落としこんで変えたら、全然違うおもしろさが出るな、と思いつくこともあります」

——47都道府県をまわることで、楽しみにしていることはありますか?

こうへい「僕らは京都に来た修学旅行生に漫才をすることがあるんですが、北陸、九州、四国の学生さんを見ていると、この地方の方は元気だなとか、物静かに観てくれているとか、土地によって雰囲気が違うんです。なので、いろんなお客さんに僕らの漫才がどう受け入れられるのか興味がありますし、街の様子や食事も楽しみですね」

ゆうへい「お酒かな(笑)。でも都道府県全部をまわっているお笑いの人って、いるようであまりいない。それに日本には四季折々の景色などもありますから、日本人としての趣を感じてみたいですね(笑)。だから2周目、3周目と(ツアーを)続けていきたいですね。とりあえず1周目は自分たちだけで行って、2周目はその地にご縁のある方々と交流できたらと思います」

——今日の3分間で、こうへいさんがお客さんからの質問に答え、ゆうへいさんは私物をプレゼントする企画は楽しかったですね!

こうへい「せっかくなので、何かやりたいと思って考えたのですが、こいつ(ゆうへい)は絶対、私物をプレゼントしたいって」

ゆうへい「絶対に、なんか言うてないよ!(笑)それぞれにやりたいことが違っていたので、じゃあ各々でやりたいことをやろうとなったんです。って、言ってくれたらいいやん!(笑)」

こうへい「これからその土地ごとに変わっていってもいいなと思っているので、楽しみにしていてください」

——福岡では冒頭に博多弁を少し話されていましたが、その県の公演ならではの演出は考えていますか?

ゆうへい「そのとき、その場所でしかできないことをやっていけたらいいなと思っています」

こうへい「昨年のツアーまでは媚びるポイントを作っていて(笑)。その県で有名な高校の名前を言っていたのですが、今年は入れていなかったので、福岡での2回目の公演では何か探してみようかなと思います」

ゆうへい「オープニングの映像とかは、今回福岡でやったようなことをできれば、と思っています。それも楽しめるポイントの1つとして、福岡はホークスのユニフォームを着ていたんです」

こうへい「名古屋で福岡の映像を使ってもいいかも(笑)」

——それでは、これから始まる47都道府県ツアーにかける意気込みをお願いします!

ゆうへい「どこに行っても、楽しく漫才をするだけです。ものすごく仲がいいということではないですが(笑)、いろんな場所にいってきゃっきゃしている僕らを楽しんでいただければと思います。そして、そんな僕らと一緒に楽しみましょう! 審査員みたいな目線で観るのはやめてください(笑)」

こうへい「いつか、武道館とかむっちゃ大きな会場でやりたいと思っていて。その種まきではないですが、とにかく僕らの漫才を一回観ていただきたい。大人の方にも笑っていただける自信はあるので、いろんな方に観て欲しいです。そして大きな会場でやるときには、全国からみんなに集まっていただけたら(笑)。だから、また会おうぜ!という気持ちでまわります!」

「吉田たち 47都道府県漫才ツアー」は、まだ始まったばかり。次回は9月20日(金)に、愛知県での公演が決定しています。これから新ネタやご当地ネタなど、様々に変化し、進化しながら続いていく吉田たちのツアーを、どうぞお楽しみに!

吉田たち47都道府県漫才ツアーin愛知 2/47

【日時】
9月20日(金) 開場19:00/開演19:30

【会場】
大須演芸場(愛知県名古屋市中区大須2丁目19-39)

【チケット】
前売:2,500円/当日:2,800円(整理番号付自由席)
■チケットよしもと
Yコード 506862
TEL:0570-550-100
公式サイト:http://yoshimoto.funity.jp/

【芸人記事まとめ】

【関連記事】