8月25日(日)、東京・新宿スポーツセンターにて、新宿区×よしもと ワクワク!スポーツ体験プロジェクト『バスケットボール教室 元日本代表が教える、シュートの極意』が開催され、麒麟・田村裕、バイク川崎バイク(BKB)、タケト、あさいタワー、講師として元バスケットボール日本代表でプロバスケットボールチーム・東京八王子トレインズのアンバサダーである石橋貴俊、中村寛大が登場しました。

トップアスリートを講師として迎え、実技指導及びスポーツの楽しみ方を伝える同イベント。各体験教室には、よしもとのお笑い芸人が多数参加し、笑いあふれる環境にてスポーツを楽しめる内容となっています。

関連記事:福原愛の結婚式にも参加!卓球芸人・BKBの“意外な交遊関係”とは?

 

あだ名は「ラオウの石橋さん」!

まずはトークショー。バスケ経験者の田村とあさいが挨拶をするなか、BKBは自身を「卓球部でした」と自己紹介するも、身体で「バスケットボール(BKB)」を完成させて、会場を沸かせました。

石橋が登場すると、まず何よりその大きさに驚く子どもたち。自身の身長・体重が、漫画『北斗の拳』の登場人物・ラオウ(身長210センチ、体重145kg)と一緒だとコメントすると、『北斗の拳』世代も多い保護者からは笑いがこぼれます。

「何を食べてそんなに大きくなった?」という問いには、もちろん人それぞれ違いがあるとしながらも、石橋はしっかり牛乳は飲んだと回顧。続けて、成長ホルモンが分泌される時間帯までには必ず食事を終えて寝ていたことを明かします。また、幼いころから肩の柔軟性が大事だと言い、関節の動きを高めるモビリティ(可動性)トレーニングを一緒に行ないました。

プロが教えるシュートのコツ

いよいよバスケットボール教室がスタート。石橋は子どもたちと「楽しむこと」「チャレンジすること」を約束します。スポーツするうえで大切なことであり「やる前から“無理だ”と言う子については、おじさんが食べちゃいます!」と笑わせていました。

ステップ、ボールを使ったトレーニング、ドリブルの練習など、試合で役に立つ基礎練習を子どもたちに指導。バスケット経験者のあさいや田村を中心に、タケト、BKBらも先生となり、触れ合いながら教えていきました。

シュートについて石橋は、ボールの縫い目に指をかけて、ひじから手首のラインが「T」になるようにして膝を曲げ、肘を伸ばして打つことが大事だとアドバイス。シュート練習もコートに分かれて行ないました。

最後は先生たちと試合。経験者は元プロ&芸人相手に3on3(3人対3人)という貴重な経験をし、子どもたちはどんどんとシュートを決め練習の成果を披露していました。また、石橋の手助けもあって低学年の子が、ダンクシュートを決める一幕も!

大盛り上がりとなった新宿区×よしもとのスポーツ教室。よしもとでは他にも、様々なスポーツプログラムの開催を予定しています。ぜひ、公式サイトをチェックしてみてくださいね!

■公式サイトはコチラ!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】