ミキ・亜生が8月21日(水)、Instagramを更新。ヘアスタイル誌『CUT』に掲載されたモデル顔負けの写真を投稿し、話題を呼んでいます。

“アラレちゃん”コーデのハズしはあのアイテム?

撮影されたのは東京・渋谷、井の頭通り沿いの街並み。鏡張りのビルを背景にしたファッションスナップを2枚掲載しています。

亜生はビッグシルエットのプリントシャツにハーフパンツ、赤のキャップというコーディネート。1枚目ではサングラスをかけ、右手にスイカバーを持ち、“やんちゃ”な立ち姿をキメています。

この写真にファンからは、「まんまモデル!」「エモエモのエモ! 職業モデルですか!?」と、なかなか好評の声が寄せられる中、「す、、スイカバー!?」「スイカバーうまそw」と、ハズしアイテムのスイカバーが気になってしまった人もいたようです!

また、キャップのロゴが大きめで、真っ赤な色だったせいか、「アラレちゃんみたい笑」「どこぞのアラレちゃんかとw」など、『Dr.スランプ アラレちゃん』を想像してしまったファンも……!

渋谷のオシャレなファッションスナップのはずが……亜生の芸人魂によって、どうしても笑いを引き寄せてしまうのかも!?

関連記事:ミキ亜生が「亜生軍団」を結成!豪華メンツにEXIT兼近は「尊すぎ案件」

 

「東京に染まらないでね」ファンからは心配の声も

ハッシュタグで「TOKYOってこういうこと」「俺の友達TOKYO」と、東京をカッコよく語っていた亜生ですが、出身は京都。「#TOKYO」を何度も重ねる亜生に「君KYOTO」と、粋なツッコミをするファンも現れ、東京かぶれをイジられてしまいました。

イジリだけでなく、なかには「亜生君は関西感のほうが自然で好き」「東京に染まらないでね」「亜生くんは関西らしく亜生くんらしくいてほしいなー」と、東京に染まり始めたようにも見える亜生を心配するコメントも。「俺の友達TOKYO」とまで言われてしまうと、確かに少し寂しい感じもします……。

今年春の東京進出以降、兄・昴生と共にめざましい活躍を見せる亜生ですが、お笑いの道を歩みだした地・関西のことは忘れていないはず!

関連記事:ミキ昴生、弟の亜生との人気格差に不満爆発!「亜生の隣、賀来賢人やぞ!」

 

東京で活躍していても、時々は“故郷KANSAI”で元気な姿を見せてほしいですね!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】