8月21日(水)、神保町花月にて舞台「No.2」公開ゲネプロが行なわれ、ピスタチオ(伊地知大樹、小澤慎一朗)、西村ヒロチョ、山脇唯、吉川莉早、木山廉彬、鈴木ゆうは、松本卓也らが登場しました。

演劇集団「20歳の国」の竜史が作・演出を手掛ける本作。ピスタチオの2人が、本格的な演技に初挑戦ながら、初主演を務めます。

関連記事:白目漫才の「ピスタチオ」が初のW主演で青春群像劇に挑戦!〜いつだってお前の二番目でいたかった〜

 

公開ゲネプロがスタート!

物語の舞台は、都内私立大学のとある演劇サークル。18歳のユウジ(伊地知)は、自分とは正反対の同期・レンタ(小澤)と出会います。

「何を考えているかわからない」「やる気があるのか」と先輩に叱られる日々を送るユウジは、「モテたい」「目立ちたい」と言い放ち、先輩からも可愛がられるレンタに反感を覚えますが、次第に何にでも「センスがいい」レンタを認めていくように。

一方のレンタも、はじめこそユウジの競争心のなさを小馬鹿にしながらも、自分にはない個性を見出していくのですが……というあらすじです。

どこか心に闇があるユウジと、ガサツに見えても本当は繊細で友だち想いの一面もあるレンタという、難しい役どころに挑戦したピスタチオがとにかくカッコいい! 演劇初挑戦とは思えない完璧な演技で魅了した本作は新境地ともいえる仕上がりです。

そんな2人を支える役者陣と、塩チョとしてSALTY’sでも一緒に活動している西村の好演にも注目! 彼らがいることで物語にしっかりとした骨組が出来、ストーリーの面白さを増幅させていきます。

関連記事:塩顔エアバンドSALTY’s新衣装お披露目、新曲PVにはしゅんP&相席ケイが出演!

 

18歳からの10年間を描く物語であるため、幅広い年齢を演じ分けなければならない今回の舞台。レンタとユウジはもちろん、演劇サークルの先輩・後輩らが取り巻く過去、現在、未来の話が怒涛のように繰り広げられるなかでのラストシーンは、胸にこみあげるものがあります。

役者・ピスタチオ&西村に泣かされること間違いなし! チケットは絶賛公演中。竜史が紡ぎだした熱き青春群像劇、ぜひご覧くださいね。

舞台『No.2』

日程:2019年8月22日(木)〜9月1日(日)
会場:神保町花月(東京都千代田区神田神保町1-23 神保町シアタービル2F)

作・演出:竜史(20歳の国)
出演者:ピスタチオ(伊地知大樹、小澤慎一朗)、西村ヒロチョ、山脇唯(ヨーロッパ企画)、吉川莉早、木山廉彬、鈴木ゆうは、松本卓也、、古木将也(20歳の国)、湯口光穂(20歳の国)

【チケット情報】
金額:前売3,500円(自由席・整理番号なし)
学生割引券2,500円(自由席・整理番号なし・当日販売なし)
当日4,000円(自由席・整理番号なし)
※学生割引は要学生証
※全席自由席。ご入場は当日受付順となります
カルテット・オンラインからのご購入はこちら:https://www.quartet-online.net/ticket/no2

【関連記事】