8月10日(土)、埼玉・イオンレイクタウンmoriにて、『ハイスクールマンザイ2019~H-1甲子園』準決勝が開催され、決勝進出コンビ1組が決定しました!

今年で17回目を迎えた、高校生による漫才コンテストである本大会。プロへの登竜門としてはもちろん、学生時代のひと夏の経験として真剣に漫才へ取り組む高校生たちの姿が、毎年感動を呼んでいます!

この日行なわれた準決勝には、動画審査によって選ばれた10組が参戦。この日を含めて、全国6エリア8ヶ所にて開催される準決勝に勝ち進んだ地区代表8組が、8月25日(日)に大阪・なんばグランド花月にて行なわれる決勝戦へ進出します。

関連記事:和牛川西の恋愛エピソードも暴露!? 若手の登竜門「ハイスクールマンザイ」開催を発表

 

横澤、ハイスクールマンザイ出場時を回想!

まずはMCのタケト、横澤夏子、ニューヨーク(嶋佐・屋敷)が登場。立ち見が出るほど集まった多くの観客を前に、横澤は「こんなに大勢が集まってくれたなんて、高校生たち、緊張しちゃいますね!」と驚きます。自身も高校時代、本大会に参加したことがあるそうで、「新潟のイオンモールで出たんですけど、最下位。キーンっていう音がするくらい、スベって帰ってきました」と思い出し笑い。

タケトに「そんななっちゃんも、今や若手の女帝! 最下位でも人気者になれるってことだよね」と茶化されると、「ちょっとやめてよぉ~~!」とたしなめました。

高校生たちが渾身の漫才を披露!

トップバッターは高校1年生コンビの毛ガニクラブ2号。ラブレターの添削をテーマにした漫才は、手紙のなかで繰り出される数々のボケをいくつか我慢したあと、ツッコミが一気に指摘していくという新しいスタイルが光ります。

続くは、高校2年生コンビのらっぱ水仙。将来は看護士と医学療法士を目指しているという2人は、最高のプロポーズをテーマに、ドライブデートをする男女を元気いっぱいに演じました。

3組目の高校2年生コンビ・すしだこは、人生2度目の舞台がこの準決勝だったとは思えないほど、しっかりとしたしゃべりを披露。孤食をテーマに、トイレで昼食を取る友人の誘い方で会場を沸かせます。

1ブロック目の最後に登場したのは、高校3年生トリオのバベンチ。「名前だけでも覚えて帰ってください」という漫才でおなじみの挨拶から、数的優位を活かしてボケをたたみかけます。そんな彼らに、タケトは「ネタがしっかりしてる……!」と感心しきりでした。

2ブロック目のトップは、高3コンビ・チュートロック。ボクサーになりたいというテーマで、スタイリッシュな漫才を披露。途中でツッコミがネタを忘れてしまったようですが、ボケがさりげなく誘導して事なきを得ました。

続いて、関西出身の高校3年生コンビ・大豆。高校で上京してきた2人は「芸人になりたい」というテーマで、お笑いへの情熱がまっすぐに伝わる漫才を。息継ぎをせずに顔を赤くしながら一気にツッコむ様子に、嶋佐は「(お笑いコンビの)矢野・兵動の矢野さんくらいの迫力があった!」と唸ります。

この日が初舞台だと話すのは、高校2年生コンビの毎日。修学旅行でお茶屋さんに行きたいという学生らしい切り口で、ネタを展開していきました。

いよいよ最後のブロック。高校3年生コンビのさみっと。のネタは、偉人の名言をテーマに間違いを次々に正していくという王道漫才の展開。中学の文化祭で漫才を披露したことがあるという2人に、屋敷は「2人の息がぴったりと合ってた」と感心しました。

続いて、高校3年生コンビ・毎乱舞。演劇部に所属しているという彼らのネタは「部員が足りない」という身近な悩みを題材としたもの。演劇部らしい構成のしっかりとした漫才で、観客の心を掴みます。MC陣も、独特な雰囲気を持つ2人をすっかり気に入ったようで、嶋佐は「ネタの設定が素晴らしかった」と絶賛。タケトも「リアリティがあった!」と高く評価していました。

大トリを務めるのは、高校3年生コンビのニュートラル。臨死体験をテーマに、軽快な店舗で勢いのある漫才を披露。ルックスの良さから、嶋佐が「全参加者のなかで唯一、彼女がいそうやな」とつぶやくと、大きな笑いが起こりました。

10組から決勝へ駒を進めたのは…!?

横澤が「このなかから1組選ぶのは大変なこと。みんな、面白かった〜!」と感嘆したほどレベルの高い本予選から、決勝へ勝ち上がったのは高校2年生コンビの大豆!ガッツポーズで「ここまで来れるとは思ってなかったので嬉しい」と喜びを爆発させます。「昨年の雪辱を晴らしたい」とボケて、「いや、初エントリーだよ!」とツッコんで落とすなど、最後の最後まで笑いを追求する姿が印象的でした。

各地で行なわれる準決勝から勝ち上がった各1組が、8月25日(日)に大阪・なんばグランド花月にて開催される決勝戦へ進出。優勝者にはお笑い奨学金の50万円ほか、芸人養成所・NSCへの入学金免除、吉本所属芸人とテレビや舞台で共演できるといった様々な特典が贈られます。

霜降り明星も高校時代に参加した「ハイスクールマンザイ~H-1甲子園」。No. 1の称号を手に入れるのは誰なのか? ぜひともご注目ください!

『ハイスクールマンザイ2019~H-1甲子園』

決勝戦の詳細は、公式サイトをご確認くださいね!

http://www.highschool-manzai.com

【芸人記事まとめ】

【関連記事】