8月12日(月・祝)、吉本興業株式会社東京本部にて行なわれた『H.C.栃木日光アイスバックスvsユクリット アイスマッチフェスfeat.YOSHIMOTO~氷が溶けるほど熱くなれ!~』の開催PR会見に、応援アンバサダーに就任した南海キャンディーズ・しずちゃん、FUJIWARA(原西孝幸・藤本敏史)が登場しました。

8月17日(土)に栃木・県立日光霜降アイスアリーナにて、8月18日(日)に東京・ダイドードリンコアイスアリーナにて開催される同イベントは、日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念して行なわれるもの。

今回の会見には、アイスホッケーのプロチーム・H.C.栃木日光アイスバックスから佐藤大翔選手、岩本和真選手、セルジオ越後シニアディレクター、フィンランドの名門チーム・ユクリットからペッカ・カンナスアルゥスタ監督、ミーカ・ロイネ選手、ミッコ・コッコネン選手が出席しました。

しずちゃん、出演芸人に氷の上でも「スベらないで!」

原西は登場早々、ユクリットの監督・選手に向かって「俺やで!」とギャグを披露。急な展開にキョトンとする3人を見ながら、藤本は「ソーリー!」と平謝り。

しかし、MCの井上マーに「アイスホッケーの試合を観たことはありますか?」と尋ねられると、今度は藤本が「冷凍のホッケは見たことありますけどね!」と自信満々にダジャレで返答。すると、周囲の反応の薄さに自信をなくしたのか、「……アイスホッケーと冷凍のホッケをかけましたけどね」と小さい声で説明し始めます。

そんな藤本から「この中でいちばん(身長が)デカい。選手より大きいってやめて!オファーミスやん!」とツッコまれたしずちゃん。井上から、レイザーラモンRGやハイキングウォーキングなど多くの芸人がイベントに参加することが告げられると、「氷の上だけにスベらないでほしいですね」とうまいことを言って、にっこりと微笑んでいました。

藤本、原西のギャグに「フィンランドにはないと思うで?」

ユクリットのペッカ監督が「みなさま、こんにちは。日本にお招きいただき、ありがとうございます。美しい日本文化に触れることを楽しみにしています」などと日本語で挨拶をすると、会見場内からは大きな拍手が起こります。

H.C.栃木日光アイスバックスのキャプテン・佐藤選手は「僕たちにとって、海外のクラブと試合をやる機会というのはなかなかないので、楽しみです」とコメント。セルジオ越後シニアディレクターは「アイスホッケーのチームは廃部になるなどで少なくなっているけど、(今プレイしている)学生たちにこういうチャンスがあるんだ、こういうところでやりたいと夢を持ってもらえる機会になれば」と今回の試合に期待を寄せつつ、「初めての試みなので、成功させたい」と力強く意気込みました。

最後は、セルジオ越後シニアディレクターからのオファーで、一兆個のギャグを持つ(?)原西が公式ギャグを披露することに。

「当日、足を運んでいただいたお客さまには“パック”(ゴム製のボール)を差し上げます」とアイスホッケーにかけて説明しながら、「それをお昼に食べたらランチパック!!」と渾身のギャグをするも、藤本からは「(人気菓子パン・総菜パンシリーズの)ランチパック、フィンランドにはないと思うで?」とツッコミ。しかし、原西は飄々とした様子で「会場では、みんなで“ランチパック!”ってやりましょう」と提案していました。

イベント当日はよしもと芸人が多数登場するほか、プロフィギュアスケートの日野龍樹選手、オリンピアンの岡崎朋美、中西悠子など豪華アスリートも出演します。クラブチーム同士の国際試合が楽しめる、貴重なこの機会をどうかお見逃しなく!

『H.C.栃木日光アイスバックス vs ユクリット アイスマッチフェス feat. YOSHIMOTO~氷が溶けるほど熱くなれ!~』

8月17日(土)
開場12:30/開演13:00/試合開始14:00
場所:栃木県立日光霜降アイスアリーナ

8月18日(日)
開場12:30/開演13:00/試合開始14:00
場所:ダイドードリンコアイスアリーナ

チケットよしもと、イープラス、ぴあ、ローソンチケットにてチケット発売中!

栃木日光アイスバックス公式サイト:https://www.icebucks.jp/

【芸人記事まとめ】

【関連記事】