吉本興業が、謹慎処分になっている所属芸人11人の復帰へ向け動いているというニュースが飛び込んできました。

11人の復帰時期が確定

レイザーラモン・HG、ガリットチュウ・福島善成、くまだまさし、ザ・パンチ・パンチ浜崎、天津・木村卓寛、ムーディ勝山、スリムクラブ、ストロベビー・ディエゴ、2700の11名は6月24日(月)付けで謹慎処分となっていました。

11名は謹慎処分以降、それぞれが今回の件を重大な問題として捉えて猛省。7月末からは、自らの意思により社会貢献活動を地道に続けて来ていました。
活動再開後も、11名は各々、被害防止の為の啓蒙活動等の社会貢献活動を行っていくと決意を新たにしているとのこと。

企業としても決意を新たに

11名の真摯な取り組み状況を勘案し、活動再開時期に関して関係各所と相談の上で上記判断が下されたという今回の発表。
11名は8月19日(月)をもって謹慎処分が解かれ、順次吉本興業が運営する劇場にて仕事へ復帰するとの発表に、ほっとした方もいらっしゃるかもしれません。

関係者やファンのみなさまに多大なるご迷惑をおかけしたことを改めてお詫びすると共に、二度とこのような事態が起こらないよう全社一丸となってコンプライアンス遵守の一層の強化、徹底を図っていくと、企業として新たな決意も表明されました。

今後の取り組みが注目されます。