全国的に梅雨明けし、ジリジリと照りつける暑さで夏バテしている人も多いはず。
そんな中、もっとも暑い沖縄から、一足先に秋に行われる新喜劇のニュースが飛び込んできました!
沖縄オリジナル新喜劇、その名も「おきなわ新喜劇」。今年で6回目の開催となります。

10月17日(木)東京、10月18日(金)大阪、11月6日(水)・7日(木)那覇、11月28日(木)宮古の公演のチケットを7/27(土)より一般発売開始しています!

沖縄オリジナルの新喜劇

「おきなわ新喜劇」とは、50年の歴史を有し日本におけるお笑いの原点ともいえる吉本新喜劇に、沖縄の要素を取り入れた、ガレッジセール・ゴリがプロデュースする沖縄オリジナル新喜劇。
方言はもちろん、沖縄の歴史・文化・風習を取り入れたもので、「笑って学べる沖縄」演劇コンテンツとなっている本作は、新しい沖縄のエンタテインメントとしての育成・醸成を目標としており、過去5回の全国ツアーでは約35,000名を動員している人気作です。

「意外と知らないこと」を作品テーマに

沖縄の独自の文化や風習は数多くありますが、意外と知られていないことも。
今回の作品テーマは「沖縄の“お盆”文化」。
旧暦7月13日~7月15日までをお盆とする沖縄では、祖先の霊をお迎えする1日目を「ウンケー」、親戚の家々をまわり仏壇に挨拶する2日目を「ナカビ」、祖先をお送りする3日目を「ウークイ」と呼んでいます。また、お盆の夜には「道じゅねー」と言い、エイサーを踊りながら道を練り歩き、各家庭のご先祖の霊を供養したり、無病息災や家内安全を祈念したりする旧盆行事も行われます。今回のおきなわ新喜劇ツアーは、この沖縄のお盆文化をエイサーも取り入れ、笑いながら学べる内容となっています。

ゴリから皆さんへ

「おきなわ新喜劇」の魅力は、やはりその場が一気に沖縄になるところが魅力だと思います。顔も濃い演者ばかりだし、僕の腕毛が見劣りする程の体毛の持ち主もいるし、雰囲気は温かいし。ホッとできます。沖縄旅行気分で来て下さい!今回は「オジーオズ お盆~ん!」という作品で、沖縄における「お盆」の文化を笑いながらも学んで頂けます。ツアーゲストの平川美香さんは歌がとても上手いのに芸人みたいに、すぐ顔に変なメイクするし、全身網タイツで踊り狂う変な子です。でもやっぱり歌が上手い!という逸材。ぜひ、楽しんで頂きたいです!

 

ぜひ劇場に足を運んでみてくださいね!

公演概要

日時・会場:
【東京公演】 10月17日(木)19:00開場/19:30開演
会場:ルミネtheよしもと
【大阪公演】 10月18日(金)18:30開場/19:00開演
会場:なんばグランド花月
【那覇公演】 11月6日(水)・7日(木)各18:30開場/19:00開演
会場:琉球新報ホール
【宮古公演】 11月28日(木)18:30開場/19:00開演
会場:マティダ市民劇場
出演者:
ガレッジセール、普久原明、玉城敦子、田仲メリアン、宝眞榮日也美
ありんくりん、カシスオレンジ、A16、宮川たま子

ゲスト: 平川美香

チケット料金
■東京・大阪:前売4000円/当日4500円
お問い合わせ:チケットよしもと 0570-550-100(全日10:00~19:00)

■那覇・宮古:前売3500円/当日3900円
中学生以下 前売3000円/当日3400円
※宮古公演のみ自由席
お問い合わせ:ピーエムエージェンシー 098-898-1331(平日10:00~18:00)

●お問い合わせ:
【東京・大阪】 チケットよしもと(0570-550-100)
【那覇・石垣】 ピーエムエージェンシ―(098-898-1331)

●主催: 吉本興業株式会社/株式会社よしもとエンタテインメント沖縄