7月29日(月)、東京・赤坂ガーデンシティにて『8/1は水の日「い・ろ・は・す 天然水」10周年記念イベント』が開催されました。

ミネラルウォーターブランド『い・ろ・は・す』は今年で10周年。今年新たに阿蘇(熊本)が追加され、採水地は全国7か所となりました。イベントでは、渡辺直美と黄色のセクシードレスに身を包んだ女優・土屋太鳳が同ブランドのCMソングを歌いながら登場。10周年イベントに華を添えました。

直美&土屋、各採水地の味を堪能!

今回は、日本や海外のミネラルウォーターに精通しているアクアソムリエマイスター・鶴田雅人氏を招いて、『い・ろ・は・す』の飲み比べをすることに。中でも特徴的な富山県の「砺波(となみ)」と、新たに追加された熊本県「阿蘇」をピックアップしました。

「砺波」は、7つの採水地の中でも高度が低くミネラルが少ないのが特徴で、すっきりとクリアな味わいを楽しめるとのこと。実際に口にした直美は「本当にさっぱりしている」と驚きます。

一方「阿蘇」は一番高度が高く、ミネラルが豊富。味わいやうまみを堪能でき、良い意味で重たさを感じるのだとか。土屋は「しっかり味わいがあって、コクを感じました」と感想を述べました。

CMソングを一緒に歌って7つの採水地を覚えよう!

「砺波」の『い・ろ・は・す』は料理用にもおすすめということで、富山県で出会った印象的な食べ物について質問が投げかけられます。直美は間髪入れず「いっぱい食べました……」とポツリ。彼女らしい発言に土屋も笑いをこらえきれない様子でした。続けて直美は、白エビや素麺などを堪能したと言い「富山県の皆さんに優しくしていただいた」と振り返りました。

また、CMソングについて話が及ぶと土屋は「歌にある7つの採水地を覚えていただけたら嬉しいです」とコメント。直美が「一緒に歌って覚えてもらいたいですし、結構頭に残るよね」と語ると、土屋も同調していました。

『い・ろ・は・す 天然水』は全国で発売中。直美らが出演するコマーシャルも注目してご覧ください!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】