7月27日(土)、千葉県・イオンモール幕張新都心にて『千葉にオリンピック・パラリンピックがやってくる!』オープニングセレモニーが開催されました。

イベントには、南海キャンディーズ・山里亮太、霜降り明星(粗品、せいや)、レスリング競技オリンピック金メダリスト・吉田沙保里、 ゴールボール日本代表候補・辻村真貴選手、千葉県の森田健作知事らが登壇しました。

千葉県民は、笑顔で「お・も・て・な・し」を!

2020年の東京オリンピック・パラリンピックにおいて8つの競技が千葉県で開催されることを記念して行なわれた今回のイベントでは、千葉県出身の山里がMCを務めました。大歓声で迎えられた山里は「何かと話題の吉本興業からやって参りました!」と挨拶して早速会場を和ませます。

主催者の挨拶では、森田知事が県民に向けて「(来日する外国人を)最高の笑顔でお迎えしようではありませんか!」と訴えかけます。観光客に笑顔で接すると笑顔が返ってくると言い、より一層日本のファンが増えてくれると語りかけました。

続けてゲストの吉田は、選手時代を振り返り「今まで応援ありがとうございました」と感謝を述べます。レスリングが千葉で行なわれるということで「(レスリングを)まだ生で観たことがない人や応援したい人が会場に来ていただけたら、選手たちの力になると思います。ぜひ応援のほどよろしくお願いします!」と挨拶しました。

粗品はサーファー気質あり?

ここで注目の競技についてトークに。せいやは「まずは開会式ですよね。どんな開会式になるのか?誰が歌うのか?」と期待を寄せ、「サザンオールスターズさんとか?」と言いつつモノマネで歌を披露。あまりメジャーではない曲のチョイスに、粗品が「似てるけどその曲知らん!」とお馴染みのツッコミを入れて、会場を笑いに包んでいました。

一方、粗品は千葉県でも開催される「サーフィン」に注目しているとのこと。「僕もサーファー気質があるんで」と言うと、せいやが「どこがや!体がサーフボードっぽいだけやろ」と切り捨てていました。

また、パラリンピック・ゴールボール代表候補の辻村選手に手ごたえを聞くと「悪くない状態です」と一言。ゴールボールは通常1.25キロのボールを使うのですが、辻村選手は5キロのボールを使って特訓しているとのこと! 同スポーツを観たことがあるという山里は「信じられない。なんであんなことができるのか!」と魅力を熱っぽく語り、会場を沸かせました。

いよいよ迫る、東京オリンピック・パラリンピック。千葉県で行なわれる8競技をはじめ、注目の競技をぜひ皆で応援しましょう!

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の概要

フェンシング、テコンドー、レスリングのオリンピック、サーフィンのオリンピック4競技とゴールボール、シッティングバレーボール、テコンドー、車いすフェンシングのパラリンピック4競技が千葉県にて開催。

千葉県公式サイト:https://www.pref.chiba.lg.jp/oripara/pre-camps/athletic-events-to-be-held-in-chiba.html

【関連記事】
ピース又吉原作『劇場』が山﨑賢人×松岡茉優×行定勲のタッグで映画化!
池乃めだか、未知やすえは「慣習をぶち破った存在」吉本新喜劇の歴史秘話明かす
新喜劇が大阪城公園に出張!? 和牛、衹園も注目のサマーフェアが7/20(土)~開催
新婚・山里にユースケ「どうなるか分からない」辛辣コメントに指原もタジタジ
占い師Love Me Do、国民的アニメ「ドラえもん」と“風水”の関係を話す