7月16日(火)、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて3Dアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ワールドプレミアが開催され、ケンドーコバヤシ、佐藤健、有村架純、波瑠、坂口健太郎、山田孝之、安田顕、井浦新、賀来千香子、吉田鋼太郎、山崎貴監督が登壇しました。

1992年に発売され大ヒットしたスーパーファミコン用ソフト『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』のストーリーを原案に、巨匠・山崎貴が総監督・脚本を手がけた本作。コバヤシは、パパス(山田孝之)に仕えるサンチョ役を演じます。

「立てなくなるほどの感動作」!

「もはやゲームとともに育ってきたと言っても過言ではない」という主人公・リュカ役の佐藤は、一足早く作品を観たことを明かし、「感動しすぎて、立てなくなりました」とコメント。子どもの頃から思っていた“ゲームには素敵なものが詰まっている”という考えを、同映画が代弁してくれていると力説します。

一方、フローラを演じた波留は、ゲームをプレイしていなくとも作品の偉大さは感じていたと言い「(世界観を)壊してしまわないか不安があった」と本音を吐露。「温かく指導をされながら、素敵な時間が過ごせました」と回顧しました。

コバヤシは「サンチョは育ててれば育てるほど役に立つ男」と自ら演じたキャラクターを紹介。「今日も朝にオンラインプレイをしてきた」と、“ドラクエ愛”に詰まったコメントを残しました。

初期のドラクエトークで昔話に花が咲く!

トークは「復活の呪文」の話題に。ランダムに文字が並んだパスワードが、次回続きをプレイするコンティニュー変わりとなるシステム(通称:復活の呪文)だった初期のドラクエを懐かしみます。スマホやデジタルカメラもない当時の少年&大人たちは、パスワードを一文字でも間違えるとプレイできないため、四苦八苦していたという話になり盛り上がります。

吉田や井浦が「理不尽なシステムだった」とツッコミを入れていると、コバヤシは「“め”と“ぬ”が鬼門と言われていましたね」とコメント。佐藤も「いまほど(液晶ディスプレイの)ドットが鮮明じゃなかった」との昔話トークに花が咲きました。

続けて、当時のファミコンは、セーブが消えやすかった(※ドラクエⅢからセーブ機能が導入)ということもあり、コバヤシが「ものすごく怖い曲とともに、“お気の毒ですが、冒険の書は消えてしまいました”っていう人生の終わりのようなメッセージが流れてきた」と回顧すると、男性メンバーは同調するように大きく首を縦に振って笑いを誘いました。

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」は、8月2日(金)に全国ロードショーです!

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

監督:山崎貴
声の出演:佐藤健、有村架純、波瑠、坂口健太郎、山田孝之、安田顕、井浦新、賀来千香子、吉田鋼太郎、ケンドーコバヤシほか
公式サイト:https://dq-movie.com/

【関連記事】
打倒アキナ牛シュタイン!? 「もっともっとマンゲキ」新MCによる「青っ鼻香る」開催!
元暴走族のバッドボーイズ佐田らが“立ち直り”を支援「悪いことをするには…」
ノンスタ石田が井上の“婚活事情”を暴露!「ここ1年で3人に…」
今年の夏はEXITとコラボでチャラ度∞のサマーFes! 盛り上がること間違いナイトプール!
【情報更新】カラテカ矢部が感無量「大家さんに伝えてたものが出せた…」累計78万部「大家さんと僕」の続編発売決定!