トニー賞を3度受賞し、ブロードウェイの伝説と称されるダンサーであるヒントン・バトルと吉本興業による、日本最高峰のダンサー養成機関『ヒントン・バトル ダンスアカデミー(HBDA)』が、2月12日(火)、2019年4月入学の3期生募集をスタートしました!

日本最高峰のブロードウェイダンサー養成機関「HBDA」

『ヒントン・バトル ダンスアカデミー(HBDA)』は、ブロードウェイの伝説 ヒントン・バトルがプロデュースする日本最高峰のブロードウェイダンサー養成機関として、2017年4月に開校しました。

世界で通用するダンサーの育成を目指し、4つの育成方針のもと最大3年間のプログラムを用意。ブロードウェイ、ツアー、カンパニー、バックダンサー、振付師など、幅広いキャリアの実現を本気でサポートします!

1.ブロードウェイや世界を目指すために不可欠な4ジャンルのダンスの習得とレベルアップを目指し、それぞれのレベルに合わせたカリキュラムを用意しています。

2.ダンスを通した「感情表現」、ダンスに対する「愛」、ダンスの歴史や楽曲の歌詞を理解する「知識と教養」など、一般的に日本人が苦手とする表現力・個性を磨きます。

3.ヒントン・バトルおよびヒントン・バトル自らが選出した、国内外で活躍するトップクラスの講師によるレッスンが展開され、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨できる環境です。ニューヨークでもなかなか得られない貴重な体験が、ここ日本で提供されます。

4.ヒントン・バトルと吉本興業の強力なタッグにより、本場アメリカのブロードウェイ公演やダンスショーの制作を計画。学びだけでなく、具体的なキャリアまでサポートします。

トニー賞3度受賞の「ブロードウェイの伝説」ヒントン・バトルとは

ダンサー・振付家・シンガー。西ドイツ生まれ。ワシントンDC、ニューヨーク育ち。9歳よりバレエを学ぶ。1975年、『ザ・ウィズ』の案山子役でブロードウェイ・デビュー。

『ソフィスティケイテッド・レディ』(1981)、『タップ・ダンス・キッド』(1984)、『ミス・サイゴン』(1991)でトニー賞助演男優賞受賞。アフリカ系アメリカ人として初の、トニー賞3度受賞を誇る。

映画『アイドルワイルド』(2006)の振付や、ジャズシンガーとして『Something New』、『Hinton Battle meets Count Basie Orchestra』をリリースするなど、ダンサー以外での活躍も目覚ましい。

1987年にmなんばグランド花月の杮落しのショー『アメリカン・バラエティ・バン!』で主演を務め、2013年『ヒントン・バトルのアメリカン・バラエティ・バン!』として26年ぶりに再演された際は、振付・演出・脚本・主演を務めた。

 

応募受付期間は、2月12日(火)~3月10日(日)まで。1次審査は3月16日(土)、2次審査は3月23日(土)に新宿で開催されます。遠方にお住まいなどで、1次審査への参加が難しい方向けに、LINE@による映像1次審査も開催しています。(詳しくはこちら

HBDA3期生から、未来のブロードウェイ・ダンサーが誕生することも期待されます。詳細は、下記または公式サイト(http://hbda.jp/audition/3rd.html)でチェック!

 

ヒントン・バトル ダンスアカデミー 3期生オーディション

オーディション日程:1次審査3月16日(土) / 2次審査3月23日(土)
オーディション会場:新宿村スタジオ(新宿区北新宿2-1-2)

■審査方法
4ジャンル:バレエ・モダン・HIPHOP・リズムタップの振り写し、パフォーマンス

■応募資格
・2019年3月中学校卒業見込以上の方(未成年の方は、保護者の同意書が必要です)
・プロ・アマ、所属事務所の有無は問いません。所属がある方は、所属事務所の同意が必要です。
・2019年4月より、原則東京都内にて月曜~土曜まで毎日行われるアカデミーのプログラムに参加ができる方。

■持ち物
4ジャンルに合わせたシューズをご持参下さい。
※バレエシューズ、タップシューズ必須

■服装
審査において、体のラインが分かる格好をご準備下さい。長髪の方は、髪を結んでいただきます。

男性:白Tシャツ、ハーフパンツ(スパッツ可)
女性:レオタード、またはキャミソール、短パン(スカートなし)

■ご注意事項
・4ジャンル=バレエ / モダン / HIPHOP / リズムタップのダンスを踊っていただきます。(それぞれのダンスジャンルの経験は問いません)
・会場までの交通費・宿泊等は各自ご負担となります。

■LINE@による映像第1次審査も行います。
公式WEBサイト

【お問い合わせ】
ヒントン・バトル ダンスアカデミー 3期生オーディション事務局 info@hbda.jp