7月9日(火)、南海キャンディーズ・山里亮太が都内で開催された劇場版アニメ『ONE PIECE STAMPEDE(ワンピース スタンピード)』公開アフレコイベントに、指原莉乃、ユースケ・サンタマリアらと出席しました。

アニメ『ONE PIECE(ワンピース)」放送開始20周年の節目であり、原作の尾田栄一郎氏が監修を務める本作。今回は「祭り屋」と呼ばれる万博の主催者から招待状を受け取った主人公・ルフィが、お宝争奪戦に巻き込まれる内容で、山里は海賊万博の司会ドナルド・モデラートを演じます。

夢の「ワンピース」出演で感慨

公開アフレコでは、『ワンピース』が大好きな3人が本番さながらにキャラクターへ声を吹きこみます。終盤では、ユースケからアドリブが飛び出し「そんなセリフありましたっけ!?」と山里。会場は笑いに包まれました。

質疑応答でもユースケの“テキトーキャラ”は止まらず……。山里に対して「山ちゃんはね、この役をやるために海水を飲んで喉をつぶしたんだって」と言うと、山里が「(記者の)ペンが動いてないよ!」とツッコミ。コンビネーションの良さも見せてくれました。

本作でゲスト声優に抜擢された心境について、山里は「ルフィたちに会うっていうのは『ワンピース』が始まった時からの夢だったので、その夢が叶う嬉しさと、この作品を邪魔したくない葛藤で(話を受けるか)悩みました」と本音を吐露。収録前日に寝つけなかったことを語ると、指原もこれに同調します。

そんな指原はユースケと同郷で中学校も同じだったことを告白。「こんなにいっぱい出演者がいるなかで、大分王子中学校が2人いるってすごくないですか?」と大喜び。故郷でも盛り上がってほしいと語ります。

結婚生活は何が起きるか分からない?

先日、女優・蒼井優との結婚を発表した山里。結婚をしたことで「声にツヤが出たのでは?」という鋭い質問に、山里は「ありがとうございます」と感謝しつつ「“これからは1人じゃないんだぞ”っていう決意が出ていたのかもしれませんね」と話します。

ユースケは作品中に出てくる山里の声を聞き「“だからこんなにいい声が出せてんだ”って思いました」とコメント。「確かにツヤっぽかったから、“あ、山ちゃん喉にポリープできたな”って思ってたんだけど」と笑わせます。

一方、指原が「3か月前に“次出会うのは女優じゃなきゃダメ”って言っていたので、記者会見を見ていて悔しかったですね」と言うも、まだその頃には結婚が決まっていなかったことが判明! そんなやりとりにユースケは、まだこの先どうなるか分からない毒を吐き、記者達を笑わせます。ユースケから「先を見据えることも必要」と言われた山里は「(人生の)先輩ですから分かりますけど、今のところは大丈夫ですから!」と笑顔で返しました。

映画『ONE PIECE STAMPEDE』は8月9日(金)全国公開予定です。ゲスト声優3人の登場シーンにぜひ注目してみてくださいね!

『ONE PIECE STAMPEDE(ワンピース スタンピード)』

原作・監修:尾田栄一郎
公開日:8月9日(金)
出演:田中真弓、中井和哉、ユースケ・サンタマリア、指原莉乃、山里亮太ほか
公式サイト:http://www.onepiece-movie.jp/

【関連記事】
打倒アキナ牛シュタイン!? 「もっともっとマンゲキ」新MCによる「青っ鼻香る」開催!
元暴走族のバッドボーイズ佐田らが“立ち直り”を支援「悪いことをするには…」
ノンスタ石田が井上の“婚活事情”を暴露!「ここ1年で3人に…」
今年の夏はEXITとコラボでチャラ度∞のサマーFes! 盛り上がること間違いナイトプール!
【情報更新】カラテカ矢部が感無量「大家さんに伝えてたものが出せた…」累計78万部「大家さんと僕」の続編発売決定!