7月7日(日)からCOOL JAPAN PARK OSAKA SSホールでスタートした、超新感覚ライブエンタテインメント『NO BORDER』。3Dスキャナーで作られる来場者のアバターたちがキレのあるダンスを披露するという、年齢、性別、国籍も越えるまさに新感覚のエンタテインメントとなっています。

関連記事:寛平「誰でもDA PUMP並に踊れる」と太鼓判!新感覚エンタメ「NO BORDER」7/7(日)開幕!

 

7月8日(月)には、7/6(土)に神戸の音楽フェスに参加した台湾の人気バンド・宇宙人(Cosmos People)のメンバーが来場し、『NO BORDER』を体感。インタビューにも応えてくれました。

宇宙人の3人が『NO BORDER』を体感

宇宙人の3人も会場へ姿を現し、『NO BORDER』がスタート。が〜まるちょばが最初にスキャンする観客数人を指名していきます。そして、指名された観客たちが、次々と3Dスキャナーへ。宇宙人の方Q(ファンキュー)、阿奎(アークェ)の2人もスタッフからスキャン時のポーズをレクチャーされ、スキャナーに入りました。

続いてはステージ上のスクリーンに、スキャンが終了した観客のアバターが登場。表情、服装ともリアルすぎるアバターがユニークな動きを見せると、あちこちから再び笑いと歓声が起こります。小玉(シャオユー)のアバターも映し出され、自身のアバターとハイタッチ、体を叩きあったりして楽しんでいました。

エンディングのダンスシーンでは、自分たちのダンス姿に宇宙人の3人も笑顔を見せ、スマートフォンでしっかりと撮影していました。会場にはほかにも海外からの観客が多数来場。年齢、性別はもちろん国境も超える、まさに“NO BORDER”な体験に大盛り上がりでした。

宇宙人にインタビュー!日本のタピオカ人気に驚き…!?

公演後には宇宙人のメンバーのインタビューが行なわれました。

——『NO BORDER』を観た感想は?

方Q(ファンキュー)「最初はどんなショーなのか全然わかってなくて。出演者がオーディエンスと交流しながら、最後にはみんながアバターになって踊るのがすごく楽しかった。ビックリするところとか、ワーッと盛り上がるところがたくさんあるショーでしたね」

小玉(シャオユー)「すごく新しいテクノロジーを駆使しているショーですね。テクノロジーというとちょっと冷たい感じもありますが、実際にショーを観たらみなさんの顔をアバターに使ったりして、温かく作られていました。まさに“NO BORDER”というタイトルにふさわしいショーになっていたと思います」

阿奎(アークェ)「最後のダンスの映像を見たんですが、まさか自分がこんなに踊れるとは思わなかった(笑)。テクノロジーが素晴らしいので、これを使って普段自分ができないこと、例えばスポーツ選手とかになってみたいなと思いました」

——3Dスキャナーに入った印象は?

小玉「もうちょっと時間がかかると思ったんですけど、(スキャンが)すごく速かったです。スキャナーの中に入るときには、スペースシップに入るような感覚がありました」

——自分のアバターを携帯にダウンロードできることについては?

阿奎「1人で踊ってるのが寂しいな(笑)。やっぱりショーのなかで、観客の皆さんといっしょに踊ったのがすばらしかったですね」

方Q「もし、自分そっくりのアバターが実際にいたらちょっと怖い(笑)。そのアバターと自分が何かやったりするのはちょっと想像できませんね」

——まだ『NO BORDER』を体験していない人へのメッセージを

方Q「まさに“NO BORDER”という言葉を感じられるショーだと思います。日本語がしゃべれなくても、いろんな国の人といっしょに楽しめるショーです。皆さん、ぜひ来てください!」

小玉「このショーは言葉を使わないんですが、オーディエンスの一体感がある。言葉がなくても笑顔やジェスチャーで通じ会えることをすごく感じました。台湾の皆さんも機会があればぜひ来てほしいですね」

阿奎「日本で芸人という職業があることを昔から知っていたんですけど、生で見たのは初めて。すごくプロフェッショナルだと感じました。そういうショーを見てみたい人はすごく楽しめると思います。スキャンしたアバターが踊るところも楽しいですよ」

——7月6日(土)の神戸でのライブの手応えは?

小玉「天気にも恵まれて気持ちよかったですね。野外の音楽フェスに参加するのが初めてだったんですが、雰囲気がよくて楽しめました。終わったあとのBBQも楽しかった(笑)。来てくれた人たちは宇宙人のことをほとんど知らない人たちばかりだと思うんですが、ちゃんとノッてくれてすごくうれしかったです」

——8月の福岡、10月の仙台で行なわれるライブの見どころは?

方Q「今回のツアーは宇宙人結成10周年のライブ。普段はやらない曲もたくさん入れています。中国や台湾でもライブをやっていますが、日本は他のところと違ったセットリストになっているので、そこもぜひ注目してください」

阿奎「福岡と仙台での、宇宙人としてのライブは初めてですし、自分も行ったことがないので、すごく楽しみにしています。仙台はツアーの最終なので、これを見逃したら、もう来年しかありません(笑)。ぜひ見に来てください!」

——ファンの方へのメッセージをお願いします。

小玉「名古屋では手羽先の正しい食べ方を勉強しました。福岡と仙台でも、現地のファンのみなさんに、現地の名物の正しい食べ方を教えてもらえたらうれしいです(笑)」

方Q「今回、日本に来てタピオカミルクティーのお店がすごい行列だったんです。タピオカミルクティーは元々台湾から来たものですが、まだ日本で飲んでないので、台湾と日本の違いがわからなくて。福岡、仙台で飲んでみて、また皆さんに感想をお伝えします(笑)」

 

『NO BORDER』は9月16日(月・祝)まで絶賛公演中。これまでに見たことのない超新感覚エンタテインメントをぜひ体験してみてください!

『NO BORDER』

■日程:2019年7月7日(日)~9月16日(月・祝)

■公演時間:平日13:30開演/16:00開演  土日祝11:30開演/14:30開演/17:30開演 各公演60分予定

■会場:クールジャパンパーク大阪SSホール(大阪府大阪市中央区大阪城3-6)

■イベント:8月10日(土)MAMA&BABY、9月16日(月・祝)Around80も開催!

■料金:大人¥3,500/こども¥2,000(整理番号付き自由席)  スキャン確約チケット 大人¥4,500/こども¥3,000(毎公演8枚限定)

アバターダンス動画ダウンロード 公演チケット有 1動画¥800/4動画セット¥3,000 公演チケット無 1動画¥1,000/4動画セット¥500

■HP:https://noborder-earth.com

 

宇宙人(Cosmos People)2019年ツアースケジュール

7月7日(土)神戸 ROKKO SUN MUSIC2019

7月7日(日)名古屋 アポロベイス

7月13日(土)高雄 LIVE WAREHOUSE

7月19日(金)台北 Legacy

7月21日(日)台中 Legacy

8月9日(金)廣州 MAO

8月10日(土)深圳 HOU

8月11日(日)廈門 Real Live

8月15日(木)武漢 L7

8月16日(金)成都 Nu Space

8月17日(土)北京 MAO

8月18日(日)杭州 MAO

8月25日(日)福岡 DRUM SON

8月30日(金)南京 歐拉

8月31日(土)蘇州 山丘

9月1日(日)上海 VAS

10月6日(日)香港 (coming soon)

10月13日(日)仙台 Space Zero

オフィシャルサイト:https://cosmospeople.jimdo.com/

【関連記事】
打倒アキナ牛シュタイン!? 「もっともっとマンゲキ」新MCによる「青っ鼻香る」開催!
元暴走族のバッドボーイズ佐田らが“立ち直り”を支援「悪いことをするには…」
ノンスタ石田が井上の“婚活事情”を暴露!「ここ1年で3人に…」
今年の夏はEXITとコラボでチャラ度∞のサマーFes! 盛り上がること間違いナイトプール!
【情報更新】カラテカ矢部が感無量「大家さんに伝えてたものが出せた…」累計78万部「大家さんと僕」の続編発売決定!