累計78万部の大ヒットとなったカラテカ・矢部太郎の漫画デビュー作『大家さんと僕』。その続編『大家さんと僕 これから』が2019年7月25日(木)に刊行されますが、それに先立って、6月26日(水)、番外編本『「大家さんと僕」と僕』が発売されました!

『大家さんと僕』がもっと好きになる番外編本!

『「大家さんと僕」と僕』には、カラー描き下ろし漫画のほか、これまで矢部太郎が発表してきた漫画作品を多数収録。
さらに、ちばてつや、里中満智子、秋本治、ヤマザキマリ、板垣巴留、糸井重里、平愛梨、三浦しをん、村田沙耶香、燃え殻、矢作兼ら豪華執筆陣による応援イラストやメッセージが!

やべみつのり、手塚るみ子、土屋敏男との対談、作品に登場する後輩芸人「のちゃーん」のインタビューなども掲載されており、『大家さんと僕』の世界をたっぷり楽しめる、盛りだくさんの112ページとなっています。

本書の刊行にあたり、ラフマガ編集部は矢部太郎と担当編集者さんを直撃!思いの丈を語ってもらいました。

矢部太郎に聞いてみた!

――本書「『大家さんと僕』と僕」には、ご自身が描かれた漫画が多数収録されています。特に印象深いのはどの作品ですか?
矢部:『大家さんと僕とゴロウ・デラックス』です。
番組に出演させて頂いた時に書き下ろした漫画で、読むとその時の楽しい思い出も蘇ります。大好きな番組だったので、終了してしまったのはとても寂しいですが、この本に収録させて頂けてとても嬉しいです。

――本書にはたくさんの著名人の方がメッセージや漫画を寄稿されています。それらを読まれて、どんな感想をもたれましたか?

矢部:こんな機会二度とないだろうと思って、夢のような依頼をさせて頂いたら、なんと皆様引き受けて頂けて…。こんな、とんでもない豪華な皆様にご寄稿頂いてしまい…光栄すぎます。

――読者のみなさんへのメッセージを一言お願いします。

矢部:カラーで『大家さんと僕』を描いたり、この本を作るのはとても楽しかったです。ぜひ皆様にも楽しんで頂けたら嬉しいです!

なかなか聞けない担当編集者さんの声も聞いてみました。
――本書「『大家さんと僕』と僕」を企画した理由をお聞かせください。
編集者:一番の理由は、矢部さんとお仕事をご一緒させていただく中で徐々に、「漫画家・矢部太郎」にスポットを当てた一冊を作りたくなりました。
普段の芸人の矢部さんとはまた違った魅力――『大家さんと僕』は単なるラッキーや偶然で描けたものではないといったことを伝えられたらと企画しました。

――本書の見どころは?
編集者:たくさんありますが、本書限定の描き下ろし番外編でしょうか。しかもカラーなんです! 色付けされた大家さんはますますチャーミングでした。
また、読者のみなさんにも大人気、後輩芸人「のちゃーん」さんのインタビューも掲載しています。名言炸裂、かなり必見です!

――製作中に、印象に残ったエピソードはありますか?
編集者:カバーを飾った大家さんと矢部さんのフィギュアは世界にひとつだけ、このカバーのためだけに作ったものです。
漫画からそのまま飛び出してきたかのような再現性の高さと可愛らしさに、矢部さんともども大喜び。
いつか何かのイベントで読者のみなさんにもお見せできたらと思っています。

今回のムック本では、新たな試みとして、作者の矢部太郎が、『大家さんと僕』を自ら解説するというコーナーも!
漫画に込めた思いや、コマ割りの意図などが語られており、じわじわ矢部太郎ワールドにハマること間違いなしです。
(『「大家さんと僕」と僕』より抜粋)
たくさんの人の思いが詰まった『「大家さんと僕」と僕』。7月に刊行される続編『大家さんと僕 これから』を手に取る前に、この本で予習をしてみてはいかがでしょうか?

『「大家さんと僕」と僕』
著者:矢部太郎
発売日:2019年6月26日
定価:1000円+税
出版元:新潮社

Amazon ストアはこちら

まだ読んだことない!という方は、こちらから、世界観が伝わるアニメーションも見てみてくださいね!