6月22日(土)、東京・丸の内ピカデリーにて映画『ザ・ファブル』公開記念舞台挨拶が行なわれ、主演の岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、宮川大輔、佐藤浩市、江口カン監督が出席しました。

単行本累計発行部数400万部を突破した大ヒット漫画の実写化である本作。ボス(佐藤)の命令により1年間休業し、一般人として暮らすことを命じられたファブルと呼ばれる謎の殺し屋(岡田)が、ある過去を持つミサキ(山本)という女性に出会う……といった物語。宮川はファブルが大好きな芸人・ジャッカル富岡を演じます。

岡田の次回作はジャッキー映画のリメイク!?

本作が、“普通じゃない”個性豊かなキャラクターが登場することから、いまだから言える“普通じゃない共演者”をそれぞれ発表することに。岡田は佐藤の名前を挙げ「僕のことを“准一”って呼んでくださる大先輩なんですけど、いつも僕のことを気にかけてくれる」と回顧。モノマネをしつつ「今日も“准一……お客さん入ってるみたいだな。良かったな”って」と声をかけられたと言います。

そんな岡田について、安田はアクションが出来て笑いもとれる俳優がそうそういないため、本作の主人公については「岡田さんじゃなきゃ出来ない」と語ります。アクション&コメディー要素の強い俳優としてジャッキー・チェンの名前を出して、彼のリメイク映画に出演してほしいと言うと会場には頷く人の姿もたくさん。

そんな中、岡田のアクションについては、柳楽も困ったことがあると吐露。スタントを使わないで危険なシーンに取り組んだため「准一さんがやらないでもらえたら、僕もやらないで済むのになって……本当に怖くて!」と本音を明かしました。一方、柳楽の優しさに驚いたというのは山本。「(あるシーンで)カーディガンを脱がせたあと、すごく優しい」と言うと、岡田が「(そこだけ切り取ると)すごいエロいコメントみたいになる!」とツッコんで会場を笑いに包んでいました。

岡田が宮川にギャグを無茶ブリ!

ここで、本作にも登場する巨大ショートケーキが登場。このケーキは、宮川演じるジャッカルのギャグに関連するものなのですが、ここで岡田は宮川に「本人がいらっしゃる」と無茶ぶりします。「この空気大丈夫ですか?」と宮川が躊躇すると、岡田は「じゃあやらなくていいです」とバッサリ。思わず宮川は「やらせてー?今日、これしに来たようなもんやから」と本音を漏らし、場内は笑いに包まれました。

ギャグを披露すると、会場は盛り上がるも何故か岡田は苦笑い。宮川は「岡田くんは笑っといてよ!」とツッコミを入れて会場は大盛り上がり!

映画『ザ・ファブル』は全国ロードショー中です。ぜひ劇場でご覧ください!

映画『ザ・ファブル』

出演:岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、宮川大輔、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、佐藤浩市
監督:江口カン
公式サイト:http://the-fable-movie.jp/

【関連記事】
まさかのどしゃ降りロケ! 福岡人志、が2時間SPで帰ってくる!
「お金がないんでやっちゃった」パンサー尾形が吉本坂を裏切り…
ブサイク殿堂入り・山里の電撃婚に衝撃!ほんこんら“歴代レジェンド”たちの反応は…?【ラフマガ独占】
和牛・水田、“10年越しの片思い”を激白!? 全国ツアーに込めた想いとは…
ガンバレ・まひるが”テレビでは話せないこと”を暴露!? 3度目の単独ライブは…