世界中の幅広い年代から今も愛され続ける誰もが知っている人気のコメディーアニメ 『トムとジェリー』。

1940年にアニメが公開され、2020年で生誕80周年を迎えます。これを記念して、『トムとジェリー』の世界初となる舞台作品が決定!
2019年8月3日(土)の名古屋公演を皮切りに、9月に東京、10月に大阪の3都市で上演すると発表され各方面からの注目を集めています。

気になる出演者も一挙発表!

今回主演のトムを演じるのは、バラエティ番組やドラマなど幅広く活躍するココリコ・遠藤章造と、お笑い芸人でありながら卓越した運動神経を持つバッファロー吾郎・竹若元博。

ジェリー役には、ジャニーズから、舞台などでますます活躍の場を広げる松本幸大(宇宙Six/ジャニーズJr.)が名古屋公演、山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)が東京公演、松崎祐介(ふぉ~ゆ~)が大阪公演に出演。
他にも増田惠子、佐藤正宏(ワハハ本舗)、MADE/ジャニーズJrから稲葉 光と秋山大河が、ジャニーズJr.からは寺西拓人、渡辺大輝、岸本慎太郎の3人、おばたのお兄さん、もう中学生、湖月わたる、緒月遠麻、山下リオ、中島早貴らも出演するという、なんとも豪華なラインナップとなっています!

豪華なのはキャストだけじゃない!

劇中の音楽を手掛けるのは、数々のヒット曲を手掛けるメロディーメーカー・松任谷正隆。そして、榛葉昌寛、安藤ゆかり、薮田瑞穂、村田孝高、パク・ドンイルらのオペラ歌手も出演し、音楽劇により一層の深みを加えると発表されました。
こんなに豪華なキャストとスタッフで紡がれる「音楽劇」、いったいどんな作品なのでしょうか?

『トムとジェリー』の物語は…

『トムとジェリー』の短編アニメ集・第1期の最後の作品であり、本公演の副題にもなっている「夢よもう一度」。
こちらをベースに、オッフェンバックにによるオペラの名作「天国と地獄」の要素を取り込み、コメディアニメとオペラを融合したドラマティックなストーリー展開します。
アニメでお馴染みの笑いや追いかけっこを彷彿させる楽しいダンス、音楽劇ならではの歌唱はもちろん、甘酸っぱい恋愛シーンも取り入れるなど、さまざまな仕掛けが用意されているようです!

そんな豪華な舞台のW主演となる2人から編集部にコメントが届いています!

遠藤章造から皆さんへ

舞台作品に出演経験が全くないのですが、トム役として、お声がけいただき、大変光栄に思っております。
周りの出演者の方と一緒に楽しい舞台を作っていきたいです!
また、トムの表現力の豊かさがとてもユニークで好きです。
トムとジェリーは、いつも些細なことでケンカをするが最終的に仲直りするところは、大人になった今でも自然に笑顔になれる作品だと思っております。

竹若元博から皆さんへ

台詞もほとんど無い愉快なだまし合いを、子供の頃から兄妹でドタバタと真似っこして遊んでおりました。魅力的な動きや表情や音の演出に夢中になったものです!
初の舞台化そしてトムを演じるにあたり、無限に感じた様々な表現方法をキャスト・スタッフの皆様と一緒に体当たりで具現化し、最高の大暴れをお見せできればと思います。
紙の様にペラペラになれる体作りもがんばります!

公演概要

音楽劇『トムとジェリー ~夢よもう一度~』

8月3日(土)~8月11日(日)御園座(名古屋)
9月12日(木)~9月16日(月・祝):Bunkamuraオーチャードホール(東京)
10月17日(木)~10月20日(日)クールジャパンパーク大阪WWホール(大阪)

チケット情報などの最新情報は、公式WEBサイトにて随時公開予定です。

【公式WEBサイト】 https://www.musical-tomandjerry.jp/
【公式twitter】 @musical_TandJ