6月12日(水)、東京・千代田区立内幸町ホールにて、ヒントン・バトル ダンスアカデミー(HBDA)によるダンスパフォーマンスイベント『HBDA PERFORMANCE』が開催されました。

「ヒントン・バトル ダンスアカデミー」は、“ブロードウェイの伝説”と称えられる世界的ダンサーのヒントン・バトルと吉本興業によるダンサー養成学校です。ダンス以外にも、ボーカル、演技、振り付けなど多岐にわたる授業内容に加え、ダンス業界の体験機会や留学プログラムなども充実しており、プロの表現者を目指す人が最大限のサポートを受けられるカリキュラムが注目されています。

1期生と2期生が集大成のパフォーマンスを披露!

イベントでは、2017年4月の開校からバレエ、モダン、タップ、ヒップホップの4ジャンルのダンスを学んできた1期生と2期生が、これまでの集大成を披露。学生服をまとったパフォーマーたちが見せるキレ味鋭いダンスから始まり、日本を代表するタップダンサー・HIDEBOHが手がけたタップダンスメインのステージなど、迫力のあるパフォーマンスを次々と披露しました。

パフォーマンスの幕間には、ヒントン・バトルからのメッセージ動画が。「才能溢れるダンサーたちと早く会いたいので、日本へ帰るのを楽しみにしています」と受講生へエールをおくりました。

ヒントンの愛弟子・Hazuki、受講生のダンスに感動

この日、MCを務めたのは、ヒントン・バトル ダンスアカデミーのYouTube公式チャンネルでナレーションを担当するどりあんず・平井。受講生たちのクオリティの高いパフォーマンスに感動したようで、特にバレエについては「僕、102キロあるから爪先で立ったら折れるよね?」と軽快なトークで、観客の笑いを誘います。

また、ヒントン・バトルの教え子であり、プログラムの1つで振り付けを担当したダンサーのHazuki&Kazukiも登壇。Hazukiは「頑張ってきた受講生のみんなが、私の振り付けを完璧に踊ってくれて泣きそうになりました」と感激をあらわにしました。

おーきな祭作品のスペシャルアレンジも

最後は、ヒントン・バトルが作ったパフォーマンスを披露。2018年の『島ぜんぶでおーきな祭―第10回沖縄国際映画祭―』で披露した作品にスペシャルアレンジが加えられ、より一層美しくなったパフォーマンスに、観客からは大きな拍手と声援がおくられました。

「ヒントン・バトル ダンスアカデミー」では現在、3期生を募集中。本アカデミーでの学びを通して、未来のブロードウェイ・スターになるチャンスをぜひとも掴んでください!

ヒントン・バトルダンスアカデミー公式サイト
http://hbda.jp/
トニー賞3度受賞・ブロードウェイの伝説”ヒントン・バトル”による世界的ダンサーの養成機関「ヒントン・バトル ダンスアカデミー」では、世界で活躍したいダンサーを随時募集しています。
受かれば最大3年間無料でレッスン!
詳細はオーディション特設ページからチェック!

【関連記事】
EXIT兼近が“チューしすぎ”で先輩芸人激怒?「芸歴重ねてもアカン」
南キャン山里の電撃結婚、お笑い界に衝撃!芸人仲間からも祝福の嵐
ゆにばーす、M-1決勝の“ネタ噛み事件”語る「あの日から川瀬は精神論に…(笑)」
脱非モテキャラ! 南キャン山里亮太、蒼井優さんと結婚! 「天の声」が生報告
南キャン山里&蒼井優が入籍報告、両親への挨拶はコント仕立て!? 「いくつかパターンを…」