6月16日(日)、PC用MOBAゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の夏季シーズン(Summer Split)が開幕しました!

春に行われたLJL 2019 Spring SplitではDetonation FocusMe(以下DFM)が優勝し、MSIにてあと一歩というところまで勝ち上がったのは記憶に新しい方も多いでしょう。
そこから数週間が過ぎ、ついに待ちに待った夏のSummer Splitがやってきたとあって、開幕戦のチケットは販売開始早々にソールドアウト。
先日、出場8チームのロースターも発表され、DFMを除く各チームが大きく様変わりを果たしたこともあり、大注目イベントとして、LJLファンのみならずe-Sportsファンの間でも開幕前から大きく話題になっていました。
なぜ今季は今まで以上に大きな注目を集めているのでしょうか…?

話題騒然!韓国からの大型移籍、Blank選手!

韓国SK Telecom 1(以下SKT)に所属し「Worlds」や「Mid Season Invitational」といった世界大会で次々と優勝を勝ち取った経験を持つ、「世界最高峰のジャングラー」と名高いBlank選手がSengoku Gamingに加入!
この情報は名実共にe-Sports業界に激震を与えました。
Blank選手を見ようと韓国からの女性ファンも会場に駆けつけていたほど、その期待値は最高潮に高まっています!

他の選手達にも動きが…移籍情報もアツい

前季Burning Coreのコーチを務めたYutorimoyashi選手がコーチから選手に電撃復帰して、なんとV3に加入!

AXIZは日本人選手のみだった昨シーズンから一転、新たに韓国出身の元Sengoku Gaming所属ジャングラー・Smile選手を獲得。

Rascal JesterはAllycat選手がサポートへ転向したうえ、Cogcog選手、Zerost選手、そして新たにNinja選手を獲得しています。
さらに合同トライアウト「スカウティング・グラウンズ」で見出されたSengoku GamingのDonShu選手など新人選手の加入もあり、前季を踏まえての結果予想がいい意味で全く役に立たない状況に!
一方でRascal JesterのYuki選手の引退や、家庭の事情によるUnsold Stuff Gaming apaMen選手の欠場など、主力級の選手を欠いたチームも見受けられました。こんな魅力満載の開幕戦8試合が行われた当日は、立ち見も出るほどの多くのファンが集まり好スタートを切りました!

ヨシモト∞ホールは本格的なe-Sports仕様に!

会場に入るとまずはLJLの大きなロゴがお出迎え。左右には各チームのかっこいい選手ポスターが掲示され、選手を知らなくてもここでラインナップを知ることができます。

Sengoku Gaming(以下SG)のセクションではもちろんBlank選手の写真が飾られており、女性ファンの皆さんはツーショット写真を撮ってSNSにアップするなど、大きな賑わいを見せていました。
会場ではSpring シーズン同様にゲーム内スキンのプレゼントキャンペーンが行われ、LINEでゲーム内スキンを受け取ることができるとあって開始前のホール内は既に熱気に包まれていました。

Springシーズンに引きつづき抽選会も。会場にて次回以降のチケットを見せるか、Twitterにて特定のタグをつけて投稿することによってくじをひくことができると聞いたファン達がこぞって挑戦していました。
気になる商品ですが、1等はTeemoのフィギュアなど豪華賞品が用意されています。SummerシーズンからはALIENWARE賞も増え、くまのプラッシュをゲットできるかも!

いよいよ試合開始!

オープニングセレモニーとなる各チームの入場パフォーマンスでは、各チームで用意したポーズが披露されました!特にBurning Coreのポーズでは歓声が上がり、会場には声援が飛び交いました。

 

気になる対戦速報は…

1試合目 AXIZ vs Sengoku Gaming

試合は中盤までは一進一退の攻防が繰り広げられましたが、最終的にAXIZを押し切り勝利したのはSengoku Gaming!
インタビューにはBlank選手が登場。インタビュー慣れしている彼がLJL、ひいてはe-Sportsのさらなる知名度アップに貢献してくれることは間違いありません!

2試合目 AXIZ vs Rascal Jester

前の試合でSengoku Gamingに互角に戦ったAXIZの勝利が期待されましたが、Rascal Jesterの見事な連携によりAXIZを圧倒。Rascal Jesterが勝利を収めました!

3試合目 V3 e-sports vs Rascal Jester

V3 e-sportsにはSpringシーズン終了後に引退宣言をしたYutorimoyashi選手が選手復帰を果たして加入。どのような動きを見せるか期待され、注目が集まりました。
Rascal JesterがTOPにパンテオンをピックするなど奇襲をかけましたが、V3 e-sportsの見事な連携により、勝利したのはV3 e-sportsとなりました。

4試合目 V3 e-sports vs Sengoku Gaming

図らずも大きくメンバーが変わったチーム同士の対決。
V3 e-sportsのTOP Paz選手、MID Ace選手の活躍により、Blank選手を抱えるSengoku Gamingを抑え、V3 e-sportsが勝利!

5試合目 Detonation Focus Me vs Burning Core

王者DFMがMSIでの経験からどのような試合を見せるのかに期待が集まった一戦。
期待に応えるように、MSIでの経験を活かすように序盤から全力で仕掛けていく試合展開を見せ、Burning Coreを圧倒しDFMが勝利しました。

6試合目 Unsold Stuff Gaming vs Burning Core

大きくメンバーが若手中心へと切り替わったBurning Coreの試合内容は開幕戦でとりわけ注目されました。
メンバーがほとんど変わっていないUnsold Stuff Gaming(以下USG)を相手にするのは厳しいと思われていましたが、BOTのYuhi選手をチーム全体でキャリーさせ、下馬評に反しゲームに勝利したのはBurning Coreとなりました!

7試合目 Unsold Stuff Gaming vs Crest Gaming Act

Springシーズンと違い、TOPのAtyamomo選手がSUPPに、SUPPのGrendel選手がTOPに起用されるという、大きくレーンの変更が行われたCrest Gaming Act(以下CGA)。SpringシーズンではSemi Finalで敗退してしまったUSGとの試合となりました。序盤でUSGの有利という展開でゲームは進んでいましたが、CGAが見事なチーム連携でゲームに勝利!

8試合目 Detonation Focus Me vs Crest Gaming Act

Week1のトリを飾る一戦。最後までどちらが勝つかわからない白熱とした試合展開となりましたが、最後のバロン前での集団戦でCGAが勝利し、そのままゲームにも勝利!

各チームの1日の試合後にはファンミーティングが会場のロビーで行われ、選手とファンの貴重な交流の場となりました。

USGがまさかの2連敗スタート、王者DFMがまさかのWeek1にて1敗。元世界王者を抱えるSGが1勝1敗、新生V3 e-sports2連勝と、なんとも波乱に満ちた展開から初日を迎えたLJL 2019 Summer Split。
ここからどのチームが上位に上がってくるのか今季はますます目が離せません!

LJLを観るには

観戦方法は2つ!
ファンミーティングなどもできるホールでの観戦の詳細はこちら! 【会場】 ヨシモト∞ホール(東京都渋谷区)
【観戦チケット購入サイト】http://yoshimoto.funity.jp/calendar/mugendai/
※座席数およそ220席
『LJL 2019 Summer Split』のWeek2は6/23(日)に開催。オンラインにてチケット発売中!

オンライン観戦派の方にはこちら! LJL公式Twitchチャンネル: https://www.twitch.tv/riotgamesjp

LJL公式情報

選手やゲームについて詳しく知りたい方は公式サイトをチェック!
https://jp.lolesports.com