渡辺直美が、6月15日(土)、東京・ベルサール渋谷ガーデンで開催された『Beautycon Tokyo』に出席。世界的スーパーモデルのウィニー・ハーロウと共にトークイベントを行ないました。

2014年にアメリカ・ロサンゼルスでスタートした、世界最大級の美容フェスティバルである「Beautycon」。世界のビューティートレンドに触れることができる参加型のイベントとして、日本で初開催となりました。

自分を愛することの大切さを力説

今回のトークイベントでは、彼女たちの生き方や仕事の取り組み方についてフィーチャー。「尋常性白斑」という疾患を持つウィニーに「自分を愛するようになったきっかけ」について質問が飛ぶと、「自分を知らないと先には進めない」と語ります。学校で大変な思いをしたが、自分にとってベストなものは何かを考えることが大切で、自分を知ることで自信も持てるようになったと回顧しました。

一方、直美は、ありのままの自分を愛することは「簡単そうで難しい」と吐露。自身の体型は気にしていないものの、10代の頃は傷ついていたと振り返ります。しかし、ネガティブなことを言ってくる人に合わせるような人生ではなく、「自分がやりたいと思ったことをやり続けることが大切」と説きました。

渡辺直美がニューヨークへ行った理由

ニューヨークと日本を行ったり来たりの生活をしている直美。忙しい生活をするなかで、「もっとたくさんの人を笑わせたい」という思いが生まれ、世界に目を向けたと言います。また、「一度立ち止まって、ゆっくり自分の人生を考えようと思って」と渡米した理由を述べました。ちなみに、アメリカの文化や人種について勉強しつつ、もちろん英語も習得中。「英語は中1レベルです。be動詞が難しい」とコメントし、会場を笑わせました。

現地ではピース・綾部祐二も活動していたり、キングコング・西野亮廣が個展をしたり、ゆりやんレトリィバァが人気テレビ番組に出演したりしているため、「よしもと芸人はアメリカ行きがち」と新たな説を提唱。いつか、よしもとメンバーでアメリカに挑めたら面白そうだと語っていました。

【芸人記事まとめ】

【関連記事】
まさかのどしゃ降りロケ! 福岡人志、が2時間SPで帰ってくる!
「お金がないんでやっちゃった」パンサー尾形が吉本坂を裏切り…
ブサイク殿堂入り・山里の電撃婚に衝撃!ほんこんら“歴代レジェンド”たちの反応は…?【ラフマガ独占】
和牛・水田、“10年越しの片思い”を激白!? 全国ツアーに込めた想いとは…
ガンバレ・まひるが”テレビでは話せないこと”を暴露!? 3度目の単独ライブは…