6月14日(金)、東京 シネ・リーブル池袋にて、映画『耳を腐らせるほどの愛』の初日舞台挨拶が開催され、NON STYLE(石田明・井上裕介)、森川葵、黒羽麻璃央、山谷花純、とろサーモン・村田秀亮、豊島圭介監督が登壇しました。

石田が脚本を手がけ、井上が初主演を果たした今作。無人島のリゾートホテルへサークルの合宿で訪れていた井上演じる鈴木鈴吉の死体が発見されたことを発端に、その場に偶然居合わせた探偵・真壁(屋島智人)が事件を解決すべく、宿泊客に事情聴取を行うというミステリーコメディ・ムービーです。

黙って寝ていればお給料が入るシステム!?

「新進気鋭の脚本家、石田です」と挨拶した石田ですが、井上から「ダサい!」とツッコまれると「脚本家に見られたくて、迷った結果、こういう服装になりました」と本音を吐露。も、腰に手を当ててゆったりとした動きを見せる井上には、「今日は大御所感がすごい! お前のバスローブ姿が見えるぞ!」とツッコみ返します。

ドッと大きな笑いが起きる中、「相方から『黙って寝ていれば、お給料が入るシステムを考えた』と言われていたので、台本をちゃんと見ずに現場へ行ったら、喋るとこあるやんって思った」と撮影について振り返った井上。

石田は「台本を読み込まれて、変なキャラを作られても嫌だった」とその真意を明かしつつ、「井上をなるべく喋らせずにできるかを考えるのが、いちばん難しくて。結果、オープニングから死んでいることになりました」と説明します。

また、印象的なタイトルについては「僕、井上の囁く声が超キライなんですよ!」とまさかの告白。
「台本に女の人に囁くセリフを書きはするんですけど、(実際の漫才で)わざわざマイクに近寄って言うから、それを聞くたびに耳が腐るなと思っていたというか。井上のせいで僕の耳は腐ってるよ、ということです!」と説明しつつも、「内容はそういう話ではないので。ノーガードで観ていただければ」と呼びかけました。

村田「仲がいい分頑張らないと」

出演者内でマイクを回しながら話すことの多い舞台挨拶ですが、井上は右隣にいる森川へ「俺からマイクを受け取ろうとしない。前の舞台挨拶のときも受け取らへんかった!」とクレーム。
「マイクを取っちゃったら失礼かなって……」と言い訳する森川ですが、井上が「俺のマイクで喋ってもらっていいよ」と改めて渡そうとすると「大丈夫です!」と笑顔できっぱりと断り、これには場内が笑いで包まれます。

石田と公私ともに仲がいいと話す村田は「仲がいい分、頑張らないといけないなと思いました」とコメント。「謎が多い男で急に変なことをしたり、急にブチ切れられたりする役なので、どういう気持ちでオファーをしたんやろうと思った」と投げかけられた石田は、「酒を呑んでいるときのイメージです。情緒が上下するというか、僕もそうなんで2人で呑むとえらいことになるんですよ」と返しました。

合言葉は「カメ止め」ならぬ「みみくさ」で!

最後に、石田は改めて「この映画を観た帰り道、空き缶が転がってたら絶対に蹴ると思います。とにかく気の抜けた作品で、見どころもたくさんあります。『カメ止め!』に対抗して『耳腐(みみくさ)』でいきますので、ツイートとかしていただければ」と、作品をアピール。

井上が「心の中で、森川葵と山谷花純とキスしたいなと思いながら演技してました」と胸の内を明かすと、石田は「まさかそこで?ってなるところで、井上のキスシーンと濡れ場がありますので観てください!」とニヤリとしながらフォローしました。

映画『耳を腐らせるほどの愛』は、6月14日(金)より公開。ぜひとも映画館でご覧ください!

作品詳細

映画『耳を腐らせるほどの愛』
脚本:石田明(NON STYLE)
監督:豊島圭介
出演:井上裕介(NON STYLE)、森川葵、黒羽麻璃央、山谷花純、信江勇、長井短、村田秀亮(とろサーモン)、菅原永二、石田明(NON STYLE)、小木茂光、MEGUMI、八嶋智人
公式サイト:http://mimiwokusaraseruhodonoai.official-movie.com/
配給:KATSU-do
Ⓒ2019『耳を腐らせるほどの愛』製作委員
絶賛公開中!