福岡・ヤフオクドーム敷地内に新設されるエンターテインメントコンテンツを展開する施設「E・ZO FUKUOKA」7Fに「福岡新劇場(仮称)」(キャパ約500席予定)が来夏オープン!

大阪「なんばグランド花月」、東京「ルミネtheよしもと」、京都「祇園花月」に次ぐ規模で、福岡に新たなエンタテイ ンメント発信基地として、2019年6月現在、よしもとの常設劇場としては全国で16館目の劇場となります。

公演開始は2020年夏から!

人気芸人による漫才、新喜劇などの寄席公演「九州花月(仮)」や九 州発のエンタテイメント「九州新喜劇公演」など、お馴染みのお笑い公演はもちろん、若手九州人気ユニットによる 新しいエンタテイメントショーや、音楽ライブが開催される予定です。

また、大阪城公園の「クールジャパンパーク大阪」で展開してい る外国人観光客の皆様にも楽しんで頂ける様々なジャンルのエンタテイメントも展開し、九州一円のお客様やアジアからのお客様に人気を博す福岡の新名所となるかも。
上演コンテンツは続報をお待ちくださいね!

 

施設概要

名称:E・ZO FUKUOKA(イーゾ フクオカ)
開業予定:2020年春以降順次(7F新劇場は夏オープン予定)
所在地:福岡市中央区地行浜2-2-2(ヤフオクドーム敷地内)
敷地面積:2,700m²
構造:鉄骨造(免震構造)
規模:地上7階、延床面積約20,000m²
事業主:福岡ソフトバンクホークス株式会社