6月13日(木)、東京ビッグサイトにて開催中の『東京おもちゃショー2019』のバンダイステージイベントにて『ダンボールコマンダー』の新商品発表会が行なわれ、品川庄司・庄司智春とひょっこりはんが登壇しました。

ダンボールコマンダーは、ダンボールから銃と弾を作って遊ぶクラフトホビー。自宅にある不要なダンボールで手軽に遊べる楽しいおもちゃです。

ジェネレーションギャップ?かみ合わない庄司とひょっこりはん

「ミキティー! ダンボール!」と叫びながら登場した庄司と、予想通りステージの端に積まれたダンボールの陰から「はい、ひょっこりはん」と登場したひょっこりはん。手渡されたハンドガンキットとダンボールを使って、さっそくステージ上で実演していきます。

男の子のお父さんである庄司は「子どもも一緒にできる工作っていいですよね」と笑顔。ひょっこりはんは、ネタの小道具をダンボールで作ることが多いらしく、「ダンボールを見たら宝の山だと思ってワクワクします」と言いながら“ひょっこり”ポーズ。

完成した銃を構え、背中合わせでかっこよくキメる2人。ひょっこりはんに「タカ!」と呼びかけ『あぶない刑事』ごっこをしたがる庄司でしたが、当のひょっこりはんはまったく気づかず……。ジェネレーションギャップにガックリしてしまう庄司でした。

お次は弾作りに挑戦。一生懸命手を進めるひょっこりはんの隣で、庄司はダンボールをくり抜いて“ひょっこり”し、「そっちがやれよ!」とひょっこりはんにツッコミ。「忘れてた!」と慌てて持ちネタを披露するひょっこりはんでした。

ネタ失敗のひょっこりはんにも優しい観客に調子づく庄司

ダンボールコマンダーの基本ルールを学んだあとは、制限時間内にいくつ弾を作れるかを競う「弾ひたすら作ります対決」へ。「ダンボール!」と叫びながら元気にダンボールをくり抜いていく庄司ですが、徐々に疲れてきた様子。最後はあえなくひょっこりはんに負けてしまいます。

続く「ひたすら射撃対決」では、遠くのペットボトルをどちらが早く撃って倒せるかを競争。こちらの対決でもあっけなくひょっこりはんが勝ってしまい、悔しがる庄司でした。

最後には、勝利のごほうびとしてひょっこりはんがネタを披露することに。体ごとダンボールをくぐって“ひょっこり”しようとしますが、「はい、ひょっこりはん」に間に合わず、メガネもずり落ちるという大失敗。それでも温かい拍手を送る観客に感心した庄司は、「何でもウケるんじゃない? こんなにあったかいんだから。俺もちょっとネタやらせてもらお」と、負けたにもかかわらず勝手にネタを始めます。

ダンボールを使ったパントマイムから、最後にはタンクトップを破り「ダンボールコマンダー!」と吠えると、場内には大きな拍手が起こり、「最近自信なくしてたからうれしい!」と満足げな笑みを見せていました。

「ダンボールコマンダー」は、8月10日(土)に発売されます。小さなお子さんでも安心して遊べるおもちゃなので、ぜひ一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

【関連記事】
EXIT兼近が“チューしすぎ”で先輩芸人激怒?「芸歴重ねてもアカン」
南キャン山里の電撃結婚、お笑い界に衝撃!芸人仲間からも祝福の嵐
ゆにばーす、M-1決勝の“ネタ噛み事件”語る「あの日から川瀬は精神論に…(笑)」
脱非モテキャラ! 南キャン山里亮太、蒼井優さんと結婚! 「天の声」が生報告
南キャン山里&蒼井優が入籍報告、両親への挨拶はコント仕立て!? 「いくつかパターンを…」