今年6月に惜しまれつつ終了した、M-1王者マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)の冠番組『マヂカルクリエイターズ』(テレビ東京)が、9月12日(日)にオンラインライブで帰ってきました。その名も、『オズワルドにこれ以上売れてほしくないよ~!』。いまノリに乗っているオズワルド(畠中悠、伊藤俊介)の人気に危機感を持ったマヂカルラブリーの2人が、番組の仲間たちと全力で足を引っ張るという“カオス”な内容で、MCの伊藤がみるみる疲弊していきました。

「M-1グランプリ」2年連続決勝進出、さらに7月のABCお笑いグランプリで優勝と快進撃が続くオズワルド。そんな2人を引きずり下ろすために召集されたのは、番組から生まれたママタルト、ダイヤモンド、真空ジェシカの3組による擬人化アイドルグループ。マヂカルラブリーとともに自由にボケまくりながら、MCのオズワルド・伊藤を翻弄し続けました。

不安顔のオズワルド・伊藤

ステージ上には、MCでありながら企画について一切聞かされず不安そうなオズワルド・伊藤と、進行アシスタントを務めるマヂラブ・村上。そして、相方の野田扮する擬人化アイドルの始祖・ゴール様がどっしりと構え、その隣には……なぜかオズワルド・畠中の姿が! 「なぜ、おまえがそこに座っているんだ!」という伊藤のツッコみにも動じず、「ゴール様を支えることだけを生きがいとする存在、ファイと申します」と謎の自己紹介をする畠中――。

擬人化アイドルがボケまくる…

そして、イベントの主役・擬人化アイドルたちが登場。ママタルト・大鶴肥満扮する“負け”の擬人化アイドル「大金星まけるちゃん」は、マネージャー役の相方・檜原洋平が大相撲の実況中継を流した後、絆創膏だらけの体で転がりながら入場して伊藤を戸惑わせます。

さらにダイヤモンド・野澤輸出扮する“毛”の擬人化アイドル「髪黒石萌毛(かみくろいしもげ)」は、毛むくじゃらの状態で「好きなカニは毛ガニ、好きな偉人は毛沢東、カットしないでね」と毛にちなんだ自己紹介を披露。マネージャー役の相方・小野竜輔が「前髪敦子やまゆゆげなどは脱毛(卒業)してしまいまして」とカブせると、「あまり長髪(挑発)するなよ」と野田。さらに畠中が「そんなにヒゲ(卑下)するな」と続けるなど、「毛」でうまいこと言う合戦となりました。

3組目は真空ジェシカ・川北茂澄扮する“間違い探し”の擬人化アイドル「間違え・マクリマ・クリスティ」。ところが、いざ間違った発言をしても「ボケだ」と言い張り、マネージャー役の相方・ガクに「アイドルがボケるな!」とブチ切れられていました。

渦中のあのスキャンダル有名人も餌食に

「時事ネタクイズ」のコーナーでは、なぜかアイドルたちが舞台袖で伊藤に“大事なところ”を見てもらう流れになったり、クイズという名の大喜利になったり……。芸能界のスキャンダルネタ、NGワードやきわどい下ネタも飛び交い、地上波復帰の望みが絶たれそうな自由過ぎる展開となりました。みんながノリにノリ過ぎて、なんと30分が経過した段階で、台本20ページ分のわずか2ページしか進んでいないことが発覚し、一同愕然とする始末です。

後半には特別ゲストも登場。最近、週刊誌やワイドショーを賑わせていた映画コメンテーター・有村昆が、まさかのビッグスモールンのメンバー・コンとして登場。このライブにかける意気込みが高く、NGなしでなんでも答えると言い切って、サービス精神旺盛で会場を沸かせます。

そのコン(有村)がメンバーたちにイジられまくったり、大人気ドラマの“刑事”が一夜限りの復活を遂げて登場するなど、嬉しいサプライズにチャットも大盛り上がり。もちろん、人気の野田ゲー企画もあり! 盛りだくさんの内容で見応えたっぷりのライブとなりました。

結局、無観客ならではのメンバーたちの暴走は、オズワルドの勢いを止めることができたのか――。『オズワルドにこれ以上売れてほしくないよ~』は9月19日(日)まで見逃し配信中です。

公演概要

『マヂカルクリエイターズ オズワルドにこれ以上売れてほしくないよ~!』
出演者:マヂカルラブリー、オズワルド、ママタルト、ダイヤモンド、真空ジェシカほか
チケット:配信1600円
※見逃し視聴は9月19日(日)23:59まで(チケット販売は同日12:00まで)
ライブ終了後のアフタートークも公開中!

FANYオンラインチケットはこちらから。
アフタートークはこちらから。


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」