9月12日(日)、東野幸治がMC、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されました。

「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というコンセプトのもと、豪華有名人・著名人を迎え、芸能ニュースから時事問題に切り込む同番組。今週はゲストに、神田愛花、武田鉄矢、見取り図・盛山晋太郎を迎えました。

見取り図・盛山が初登場!

番組冒頭、番組休止や夏休みなどを挟んで3週間ぶり登場の東野から「今日来てビックリしたんですけど、なぜか松本さんの隣に盛山くんが座っている」とイジられた番組初ゲストの盛山。

『M-1グランプリ』3年連続決勝進出もあって現在大ブレイク中の彼だが「僕、7年前まで(大阪)天王寺の歩道橋で漫才してたんですけど、いま松本さんと武田さんに挟まれてるんですか? ビフォーアフターがエグすぎる!」と驚き、笑いを起こします。

 出典: フジテレビ

そんな中、神田は、盛山が柄シャツを着ているイメージがあったため、黒の衣装を選んだと告白。しかし、今回盛山が着用してきたのはシックなスーツ。結果的に衣装の色がかぶってしまったと言います。

彼女の言葉に対して盛山が「ぐうの音もでないです」とこぼすと「もっと面白い返しをしてくださいよ!」と東野。「やめてくださいよ! 報道番組でしょ?」と返すも、松本からは「数えていたんですけど、今のところ(笑いが)ゼロです」との言葉が。スタジオは笑いに包まれます。

東野は、盛山と関西で3年ほどレギュラー番組を共にしており、面白いツッコミをする頼もしい存在だとフォロー。しかし、先輩からの愛あるイジりにショックが大きかったのか、盛山は「最悪や! ゼロなワケないですやん! 歩道橋の話とかありましたやん!」と嘆いていました。

松本との共通点発覚も束の間…

番組では、あるSNSで『(一個人の意見として)左利きがボールペンを使うと壊れやすい』との投稿を紹介。松本は左利きではあるものの、最後までボールペンを使った経験がなく、実感がないとのこと。その中で「英語を書くと手が汚れる」、「習字は右手で書いていた」など、左利きならではの苦労話を語りました。

ここで盛山も左利きであることが発覚。すると松本は「嫌やわー!」と反応して笑いを誘います。

 出典: フジテレビ

実生活で苦労していることとして、ドアノブが右回しで扱いにくい、改札は右側にICカード読み取り部分があるので手をクロスしていると盛山。そんな左手を主に使う彼に対し、松本は書くのは左手だが、投げるなどの行動は右手であると主張。「全然違うわ」と返すも、盛山は「ほぼ一緒みたいなもん。僕らニコイチです」と、途切れそうになった共通点をたぐりよせました。

最後に松本は、この左利きボールペン問題について「どうしても左利きはデリケートな人が多い。ボールペンじゃなくて、左利きは(心が)壊れやすい」とコメント。“心が繊細”トークで盛山と目を合わせて盛り上がっていました。

番組概要

『ワイドナショー』
毎週日曜10:00~
公式サイトはこちら



【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」