6月11日(火)、埼玉・メットライフドームにて開催された『2019年度 日本生命セ・パ交流戦 埼玉西武ライオンズ対読売ジャイアンツ』の始球式に、ファミリーマートのイメージキャラクター・ファミチキ先輩とコロコロチキチキペッパーズ(ナダル、西野)が参加しました。

2018年に同球場で行なわれた始球式では、120キロ投球チャレンジに挑戦するも、結果は116キロと惜しくも失敗してしまったファミチキ先輩。再挑戦となる今年は、チャレンジ成功のあかつきにファミリーマートの人気商品「ポケチキ」にちなんで、コロチキに「ポケポケチキチキペッパーズ(ポケチキ)」に改名するよう要求します。

ファミチキ先輩、コロチキへ改名を要求!?

まず、試合前のDJタイムに登場したファミチキ先輩とコロチキの2人。「始球式で120キロ出したあかつきには、“ポケポケチキチキペッパーズ”に改名してもらいますよ!」と言い切るファミチキ先輩は、「コンディションはバッチリ。頑張ります!」と気合い十分です。

「ポケチキ」をイメージした3つ子のキャラクター「ポケチキ3兄弟」にかけて、「コロチキさんも改名したら、“ポケチキ5兄弟”になりますね」とDJから話を振られたナダルは「ややこしい!」としかめっ面。ファミチキ先輩へ「もし達成できなかったら、“ポケチキ”を“ボケチキ”にしますよ!」と詰め寄りました。

ファミチキ先輩のチャレンジの結果は…?

いよいよ、改名をかけた始球式がスタート! 「絶対に達成して、改名してもらうぞ!」と強気なファミチキ先輩に、コロチキの2人は「120キロいったらほんまにヤバイ!」「頼む!119キロであってくれ!」と焦ります。

ファミチキ先輩が全身の力を込めて投げた第1球は、118キロで目標の120キロにわずかに届かず。これで終わりかと思いきや、まさかの2球目が! 1球目よりも大きな音を立ててボールがキャッチャーミットに収められると、観客からは大きなどよめきが起こりますが、惜しくも結果は119キロ。西野は「改名せんでいいんですね?」と確認しながら、ホッとした表情を浮かべました。

チャレンジ失敗に、「(終わった直後は)“やったー!”って言いましたけど、120キロ出せよ!って思いました」と言い切ったナダル。一方、ファミチキ先輩は「昨年から頑張ってきたのに……」とうなだれながらも、「来年もやります」と決意。ナダルは「いいですよ、やっていただいても!」と再チャレンジに応じる姿勢を見せました。

結果、コロチキは119個の「ポケチキ」をゲット! 西野は「めちゃくちゃおいしかった。僕はチーズが好き!」と喜び、ナダルは「120キロ達成していたらもらえなかったってことですよね? じゃあ、マックス(の個数が)もらえるんですね!」と満面の笑みを浮かべていました。

この日の試合では、西武ライオンズの公式パフォーマー『ブルーレジェンズ』とファミチキ先輩とともに、ライオンズのタオルを振りながらダンスも披露した2人。笑顔で楽しそうに踊る西野に対し、ちょっと動きがたどたどしいナダルでしたが、最後にはバッチリとポーズを決め、ファンから大きな声援をもらっていました。

【関連記事】
ジュニア、和牛水田、EXITも! 芸人による即興コントショー「THE EMPTY STAGE」が帰ってくる!
浅田美代子、樹木希林を想い涙「ギフトを与えてくださった」
教訓は「すべるときこそカメラ目線」!?千鳥が語るローカルスターの魅力とは
吉田「誘導してる」岡崎の質問に苦笑!一方トーレスは…?
キスマイ玉森、ハリセンボン春菜に「今日は幸楽お休みですか?」