昨年の12月に、

人類が絶滅したあとに、地球を支配するのはイカだ!

と、そこそことんでもないゴシップを、コチラのコラムに書かせていただきました。

↓まだ読んでいない方は是非↓
『学天即奥田のGossip Times』vol.2・人類絶滅後の地球
 

そしてまた、イカに関してとんでもないニュースが飛び込んできました!

イカは死の数日前まで記憶力が衰えないことが判明

なんということでしょう……。

40歳目前にして、昨日食べた晩ごはんさえ思い出せないときがある僕は、もはやイカ以下なのかもしれません。

……ダジャレではありません。これは事故です。

「昨日の晩ごはんに海鮮丼を食べた」

のような、「いつ、どこで、何をした」という出来事の記憶を『エピソード記憶』といいます。

「小学5年生の修学旅行で広島に行った」

とか、

「4歳のときのクリスマスプレゼントに甘エビをもらった」

なども、これにあたります。ちなみに、甘エビのエピソードは、相方の本当の話です。

『エピソード記憶』というものは、かつては人類だけが持っている能力とされていましたが、最近の研究で、様々な生物が『エピソード記憶らしきもの』を持っているとわかっています。

たとえば、

「カラスは、攻撃してきた人間の顔を覚えていて、次に遭遇した時、その人間に反撃してくる」

みたいな話を聞いたことがあるかもしれませんが、これもまさに『エピソード記憶らしきもの』です。

この、敢えて『らしきもの』と付けているのは、生物によって、脳内の『エピソード記憶を置いておく場所』が違うからです。

人間の場合、エピソード記憶は4歳頃から形成され始め、歳をとるにつれて段々と衰えていきます。人間の脳において、『エピソード記憶』に対して重要な役割をはたしているのは『海馬(かいば)』と呼ばれている部分です。なので、加齢によってその力が衰えていくのは、その『海馬』の劣化が原因と考えられています。

しかし、イカの脳には『海馬』がありません。イカの『エピソード記憶らしきもの』を司っているのが、学習と記憶を担う『垂直葉系』という独自の構造らしいです。

これによって目先のことだけでなく、『エピソード記憶らしきもの』から導きだした『経験』に基づいて、未来のことを想定して行動します。

「めっちゃ腹減った時、あっちの岩の方に行ってみたけど、餌なんて全然おらんかったから、今度はこっちに行ってみよ!」

とか考えちゃってるわけです。

人間の場合は、『海馬』が衰えると、記憶力も衰えていくわけですが、最近の研究で、

どうやら、イカの『垂直葉系』は、劣化しないのではないか?

と判明したのです。なので、死ぬ数日前まで、記憶力が衰えないということなんです。

すごいですよね。

このことが判明したので、研究は次のステージに入り、

「まさか、イカってさぁ、この世に生まれた直後からの出来事を、全部覚えてるってことはないよね? 」

が研究されているそうです。これが証明されたら、いよいよ『イカ最強説』が現実味を帯びてくることになります。

もしも、昔の彼女にめちゃくちゃ怒られたことを全部記憶できていれば、同じミスを繰り返さず、今頃、僕は結婚できていたかもしれません。
あぁ、イカになりたい……。


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」