愛する6歳の息子のゆうしくんに、“突然〇〇したらどんな反応を見せるか?”を撮影し、SNS に投稿する「息子に突然シリーズ」が、子育てに奮闘する幅広い世代のお父さん・お母さんの間で話題のパパ芸人、ホープマンズ・森川やるしかねぇ。
このたび、チャイルドコーチングマイスター資格とプロフェッショナルベビーシッター資格を取得し、
ますます親友(おやとも)関係構築に向けてパワーアップしました!
一体どうやったらこんなに仲良し親子になれるの?と気になる読者のために、
チャイルドコーチングやベビーシッターの資格も活かしつつ、

①親友に近い関係性を築く(これこそが“親友(おやとも)”!)
②育てるではなく共に成長する
③子供に負けないくらい楽しむ

というポリシーを掲げる彼の、笑いあふれる日々を4コマ写真と共にお届けします!
 

プラレールで楽しく職場体験!

今回はプラレールを使って、楽しく現場仕事体験をやってみました。

ヘルメットしたり、軍手したり、電動ねじ回しを使ったりして、本格感を演出します。

ここが1番の楽しみ! お昼休憩も入れました。

そして最後にはお給料もちゃんとあげて、楽しく働くことについて勉強できました!
 

働く=(イコール)楽しいこと

社会の「労働」について、早く教えていきたいというのが森川家の家訓です。

というのも、仕事というのは大人でも「大変」「つらい」「めんどくさい」と感じることがあると思います。

しかし、子どものうちから遊びの中で働くとはどういうことかを教えられれば、そんなことばかりではない、仕事は楽しいことだっていっぱいあるんだって思ってくれるんじゃないかなと考えているからです。

将来是非ゆうしくんには、自分が1番楽しめる仕事をして欲しいです!

ゆうしくんに感想を聞いたら「楽しかった!」と言ってくれたので、この感じでまずは「楽しい」を1番に考えて、プラスで色んなことを勉強させていけたらなと思っています!

 

そこにあることが当たり前ではない

誰かが働いたお陰で物が作られる、電車が走ってる、家が建っている。そして、働いたらお金が貰える。
このような社会の流れを教えてあげることで、人への感謝だったり、物を大事にすること、お金の有り難みが早くから芽生えるのでは思っています。

とても便利な世の中になったからこそ、大人の僕でも人や物への感謝を忘れてしまうことがあります。

そこに物があることが当たり前ではないんだという考え方は、幼い頃から知っておいて損することは絶対にないし、とてもいいことだと思うので、今後も色んな職業体験を通して楽しく学ばせてあげたいと思います。

P.S.
我が家ではその後、開通式までやってみたのですが、とても盛り上がりましたので、是非お試しいただけるときは開通式までやることをオススメします!
 

ホープマンズ 森川やるしかねぇ
1993年生まれ。2017年に相方の「樽見ありがてぇ」とお笑いコンビ“ホープマンズ”を結成。現在、「息子に突然シリーズ」など、息子のゆうしくんとのやり取りを記録した動画をSNSに投稿し始めたところ、Instagramのフォロワーが8ヵ月で10万人を突破するなど、幅広い世代のお父さんお母さんを中心に注目を浴びている(現在はSNSの総フォロワー数60万人を超える)

Instagramはこちらから

Twitterはこちらから

公式YouTubeチャンネルはこちらから

TikTokはこちらから


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」