8月31日(火)、渡辺直美がTwitterを更新。“顔文字”にハマっていることを告白したところ、ファンから様々な反響が寄せられています。

関連記事:チョコプラ松尾、実は渡辺直美に似ていた?2ショットに「兄妹みたい」の声

 

直美の”顔文字”にファンからツッコミ

8月末に入り、3年ぶりにTwitterの本格的な運用を再開した直美。連日投稿をしており、この日も顔文字を多用しつつ、「おはだね 今日も一日ぶち上がってこー 私は寝ます、おやすみなさい」と挨拶。

また「最近顔文字にハマってるんだよねw絵文字の色の組み合わせ考えなくて楽なのであるwそれでは皆様良い1日を」と顔文字にハマっていることを明かしています。

大量の顔文字が使用されたこの投稿に、ファンからは「顔文字に時代を感じます これはやったの10年くらい前な気がします」「めちゃくちゃ懐かしい顔文字w」と時代を感じるといった声や、「顔文字駆使してた世代としてはしっくりきますよね」と共感する声も寄せられました。

自己隔離中のNYで驚きの展開に…

以前には、ニューヨークでの自己隔離中に起きた珍事件を報告し、話題となった直美。

その際、直美は日本から『サトウのごはん』を持参していたそう。ホテル関係者に2つ渡すと、その数分後には見たこともない姿で戻ってきたと言い、なんと『サトウのごはん』をオーブンに入れてしまったとのこと。

この不測の事態に「店員さんのなんとかしてあげたいという気持ちが伝わり、とても温かい気持ちになりました」と感謝の気持ちを綴りつつ、「早速サトウのご飯を2個失いました」と胸中を明かした直美に、ファンからは「爆笑しました」「めちゃ面白い」と爆笑の声が寄せられました。

関連記事:渡辺直美、NY隔離先での“人情”に感動も…「しっかり失いました」

 

今回の投稿の後には、“最先端”の顔文字が何なのか、ファンに問いかけていた直美。そうして教わった顔文字を用いつつ、「みんな最先端の顔文字沢山教えてくれてありがとう!」とお礼を綴っていました。

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」