9月1日(水)〜13日(月)まで、六本木・国立新美術館で開催される第105回二科展の絵画部門において、エド・はるみが入選しました。
エドは前回104回の初出品ながら初入選に続き、2度目の入選となります。

『Life〜母から始まる物語〜』

喜びの言葉としてエドは、「100号サイズの絵を数点描くのは大変な作業で、今回は正直、諸事情で応募を諦めかけていたのですが、23回連続入選を果たしている工藤静香さんの『今年も二科展応募、ラストスパート頑張ります!』という記事を目にして、私も自分に負けちゃいかん!と発奮し、頑張って描きあげました。なので、勝手に密かに工藤静香さんに感謝しています!」とのことで、入選した絵のタイトルは『Life〜母から始まる物語〜』。

ついで、「すべての人は母からの影響を受けて人生を紡いでいくが、それらはたとえどんな人生であっても天から見ると美しい、ということを描きたかった」とのことです。

また、画を始めたきっかけ制作期間などについては「実は小学生の時に絵は習っていたのですが、ずっと離れていて。大人になっての再開は2017年です。ご縁があり今や超人気作家の田島先生に彫刻&絵を月に2回習えることになり作品を描くようになりました。今回は3点出品し、構想1年+創作は半年位です。」とのこと。

絵画の制作をはじめとする最近の活動を聞くと「早くも来年の二科展応募に向けて創作に取り掛かります。又、彫刻の方も10月(10/7〜10/13)に原宿デザインフェスタギャラリーEAST館101号室で展示会をやるのでぜひ!そのほか、慶応義塾大学大学院で修士号を修得したので、今は100歳までに博士号授与を目指して論文を執筆しながら博士課程への受験勉強にもチャレンジ中です。また、大学院での研究上の成果物としていまオリジナルのカードゲームを開発中で、年内の発売を目指しています。他にはマナー・コミュニケーションの講演会、YouTubeなどの活動を行っています。」と意欲的な活動が予定されています。

『Life~母から始まる物語~』は、9月1日(水)〜9月13日(月)に六本木・国立新美術館で開催される「第105回記念 二科展」にて展示されます。
毎年数千点の応募の中から数百点が選出され、100号以上の絵が並ぶ圧巻の国立新美術館へぜひ足をお運びください。

展覧会概要

第105回記念 二科展
日程:9月1日(水)〜9月13日(月)
※休館日:9月7日(火)
時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
※最終日は14:00終了(入場は13:00まで)
入場料(当日):一般1,000円 大学・高校生800円 中学生以下 無料
会場:六本木新国立美術館(東京都港区六本木7-22-2)


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」